フリーランス向け記事

【脱サラを決意したら読む】退職するまでに準備すべきこと【10選】

そじ
そじ
こんにちは!フリーランス向けシェアハウス「ノマド家」管理人のそじ@soji_coachです。

フリーランスとして最高のスタートダッシュを切るためには、会社員時代の事前の準備が欠かせません。

僕の経験上、週休二日制(土日休み)のサラリーマンであれば、準備期間は最低でも2ヶ月は必要になってくると思います。

この記事では、フリーランスになってから慌てたり、後悔しないよう、フリーランスになる前に必要最低限準備しておくべき10のことをご紹介していきます!

信用を必要とする契約を済ませる


フリーランスになる準備として、一番最初に取りかかるべきが、このサラリーマンという信用があるうちに色々な契約を済ませることです。

フリーランスの社会的信用は、サラリーマンと比較するとかなり劣ります。それゆえ、クレジットカードが作れなかったり、マンションの契約が通らなかったりします。(通ったとしても膨大な書類を要求されます)

そじ
そじ
これらの契約は、サラリーマンであっても1~2週間を要するので、余裕を持って退職の1、2ヶ月前に取り掛かりましょう!

信用があるうちにクレジットカードを複数枚作っておく

クレジットカードはリスクヘッジのために複数枚作っておくことをオススメします。最低でも3枚、利用上限額は3枚合わせて100万円ほど確保しておきましょう。

またクレジットカードを作る際は、年会費が無料で審査が通りやすく、その他特典があるものがおすすめです。

そじ
そじ
僕のおすすめはリクルートカードです!

リクルートカードは、年会費無料で審査が通りやすく、溜まったポイントは、じゃらんやホットペッパービューティーのようなリクルートのサービスに活用することができます。

そじ
そじ
僕は、リクルートポイントのおかげで毎月の散髪代がほぼタダです!

信用があるうちにクレジットカードの利用可能額を引き上げておく

もうすでに3枚以上クレジットカードを持っている場合は、銀行からの信頼スコアが高いうちに利用可能額を引き上げておきましょう。

先ほどご紹介したリクルートカードは、手取り20万円、貯金50万円ほどの僕でも利用可能額を100万円まで上げることができたのでオススメです。

信用があるうちに部屋を借りておく

サラリーマンなら当たり前のようにできる賃貸契約も、フリーランスになると収入が不安定であると見なされ契約が難しくなることがあります。

フリーランスとして十分な収入があれば契約できますが、収入を証明するための住民税の課税証明書や、所得税の納税証明書などの書類が必要になってくるので、サラリーマンと比べると手続きが面倒です。

なので、サラリーマンのうちに次に住む家を契約しておきましょう。

信用があるうちにお金を借りておく

フリーランスになってから、貯金額を上回るの初期費用で事業を始める方は、サラリーマンという信用があるうちに、銀行や公庫に融資の相談をしておくことをオススメします。

やはり融資の際も、フリーランスよりサラリーマンの方が社会的信用があると見られるので融資が下りやすいです。

そじ
そじ
僕もフリーランスになる前、会社員という信用を活かして公庫から融資を受けましたが、僕のように初めて融資を受ける場合は、審査から実際に入金するされるまで1ヶ月弱かかるので早めの検討をおすすめします。

手続き関連書類の準備


退職したあと、すぐに済ませておきたい手続きとしては、健康保険と年金の切り替えがあげられます。どちらも退職してから14日以内に申請する必要があるので、退職前にきちんと情報収集して、何に切り替えるか決めておきましょう。

また個人事業主の開業届や、確定申告の方法なども退職前にきちんと情報収集しておきましょう。

健康保険の切り替え

サラリーマンだった人がフリーランスになるときは、退職後に国民健康保険に加入するか、これまで加入していた社会保険を「任意継続」するかのどちらかを選択することができます。

国民健康保険に加入する場合、手続きは近くの市区町村役場でおこないます。手続きの際は、「社会保険の資格喪失証明書」「雇用保険の離職票」など退職日がわかるような書類を持参する必要があります。

任意継続する場合は、退職日の翌日から20日以内に、各都道府県の協会けんぽ支部や各健康保険組合で行わなければなりません。

そじ
そじ
任意継続に加入できるのは「2年間」という期限も設けられています。

また、その際の保険料は退職時の標準報酬月額に、各都道府県が定める保険料率をかけて算出します。

そじ
そじ
標準報酬月額は上限が28万円に設定されています。

そのため、前年度の所得で保険料の決まる国民健康保険が高額になってしまう人なら任意継続を検討しましょう。

年金の切り替え

年金については、会社員のときは会社の厚生年金(※公務員の人は共済年金)に加入していたと思いますが、これを国民年金に切り替える必要があります。

国民年金への加入は、住んでいる市区町村役場でおこなうことができます。手続きの際には「年金手帳」と、離職・退職証明書、社会保険の資格喪失書など「退職した日付がわかるもの」を持っていく必要があります。

健康保険についても年金についても、どちらも役所での手続きとなりますので、退職後は早めに役所へ向かうようにしましょう。

個人事業主の開業届け

国税庁のサイトには「事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出してください」とあるので、独立したら早めに提出する必要があります。

開業届を出すことによって、社会的信用を得られたり、節税効果の高い青色申告が行えるなど得られるメリットは大きいです。

開業手続きとして、近くの税務署に行き、「個人事業の開業・廃業等届出書」という書類を提出します。

そじ
そじ
この書類には「屋号」を書くスペースがあるので、自分のお気に入りの屋号を考えておきましょう!

確定申告の準備

フリーランスという働き方に対して、最も敬遠されるポイントがこの確定申告だと思います。

確定申告というのは、「1年間の収入や支出、利益はこうだったので、これだけ税金を払います」ということを、書類にして税務署に申告し、納税額を確定することです。

お金に余裕があって、税理士に頼む人は必要ないですが、自分でやる人はあらかじめその方法をしっかり頭に入れておく必要があります。

確定申告の方法(白色申告と青色申告)に関しては、当ブログでも書いているのでこちらからどうぞ↓

https://sojikun.com/2018/08/05/1693/

副業で稼げるようになっておく


当たり前のことですが、副業で稼げていない状態でフリーランスになるのは相当危険だと思います。

僕自身、貯金を切り崩して借金したり、バイトを掛け持ちするフリーランスをたくさん見てきたので、副業で生活費程度の額が稼げるようになってから独立すべきだと思います。

生活費は最低限稼げる状態に持っていく

おそらく、フリーランスになった時の1ヶ月の生活費は、

家賃 5万円
食費 3万円
年金 1.5万円
健康保険 1.5万円
水道光熱費 1万円
携帯 0.5万円

くらいで、トータル約10万円くらいになると思います。これにプラスαで所得税と住民税を支払いが発生します。

なので、目安として副業で10万円以上稼げていると、精神的にも安定しながらフリーランスの仕事に集中できるかなと思います。

頼れる仲間を作っておく

ここで言う頼れる仲間とは、仕事をギブ&テイクできるようなビジネスパートナーだったり、
直接お金のやり取りはないものの、お酒の席で同じ悩み相談しあったり、モチベーションを高めあえる仲間の事をさします。

そじ
そじ
この仲間を作る方法として、一番おすすめな方法がブログとツイッターでの発信活動です。

僕の場合、ブログに自分が作りたいシェアハウスのコンセプトを書いてツイッターで発信したところ、フォロワーさんが集客の手伝いをしてくれたり、大手IT企業から協賛を得ることができました。

そじ
そじ
以上、会社を辞める前に準備すべきことまとめでした。最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterにて駆け出しのフリーランス向けに役立つ情報を発信しているので、この記事が役に立ったと思った方は是非フォローお願いします!