フリーランス向け記事

freeeを使えば超簡単!確定申告に向けて準備すべきことまとめ

そじ
そじ
こんにちは!フリーランス向けシェアハウス「ノマド家」管理人のそじ@soji_coachです。

毎年、2月16日から3月15日の期間にフリーランスを悩ましているのがこの確定申告です。

確定申告とは、1月1日から12月31日の1年間に発生した所得や経費から所得税をを計算し、税務署へ申告する手続きのことをいいます。

この記事では、今年初めて確定申告するフリーランス向けに、その手順を丁寧に解説していきます。

そじ
そじ
一見面倒な確定申告ですが、きちんと行えば金銭的にかなり恩恵を受けることができるのでしっかり対策しておきましょう!

まずは青色申告、白色申告のどちらの方法で申告するかを考える

フリーランスが確定申告をする際は、まず「白色申告」と「青色申告」のどちらかを選ぶ必要があります。

そじ
そじ
青色申告の特徴は以下の通りです!
開業届の必要 あり
特別控除 ①10万円 or ②65万円
記帳義務 ①簡易簿記 or ②複式簿記
決算書作成 貸借対照表 & 損益計算書
赤字繰越 なし
そじ
そじ
一方、白色申告の特徴は以下の通りです!
開業届の必要 なし
特別控除 なし
記帳義務 なし(収入300万円から必要)
決算書作成 なし(収支内訳書を作成)
赤字繰越 翌年以降3年間あり

それぞれの違いを簡単にまとめると、青色申告は、複雑な簿記の知識が必要ですが、白色申告は記帳義務がないので知識0でも大丈夫です。一方で、青色申告は記帳が大変な分、控除が受けれたり、赤字を繰り越せたりするので節税できるというメリットがあります。

因みに、所得税額の計算方法は以下の通りです↓

(総収入金額 ー 必要経費 ー 青色申告特別控除額 ー 所得控除額) × 所得税速算表の税率 ー 所得税速算表の控除額 = 納税額

※所得税速算表↓

【ケーススタディ】
例えば、青色申告の承認を受けた事業を営む個人事業主で、事業収入500万円、必要経費200万円、青色申告特別控除10万円、所得控除の合計額126万円(基礎控除38万円、配偶者控除38万円、その他社会保険料控除等50万円)がある場合を考えてみましょう!

上記算式に事例を当てはめると、以下のように計算されます。

(500万円-200万円-10万円-126万円)×5%ー0円=82,000円

ご覧の通り、上記計算式さえ覚えてしまえば割と簡単に納税額を計算することができます。

そじ
そじ
以上、青色申告と白色申告の違いでした。次の章からは、申告に必要な書類について説明していきます!

申告に必要な書類を収集しておく

そじ
そじ
ここでいう書類とは、主に下記のようなものがあげられます。

・申告書(確定申告書Aまたは確定申告書B)
・青色申告決算書
・必要経費の領収書やレシート
・各種控除を受けるための証明書 (例:生命保険の控除証明書、寄付金の受領書等)
・源泉徴収票

この中で、準備が特に大変なのが必要経費の領収書やレシートだと思います。

そじ
そじ
僕は現在、無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」
を活用しているのですが、これがかなり便利です。

freeeを使うメリットは、大きく分けると以下の3つです。

①ネットバンクやクレジットカードをfreeeに連携すると、日付や金額、取引先などの利用明細を自動で取得し、データからAIを使って勘定科目などを推測してくれる。

②スマホアプリを利用すれば、レシート画像をAIが自動解析し、文字情報から自動で経費などを入力できる。

③取引先への請求書の発行ができ、請求書を発行すると内容を自動で帳簿づけすることができ、請求書の作成と帳簿づけを一括で終えられる。

僕はスタータープラン(月980円)で登録しているのですが、経理作業にかかる時間を大幅に削減できて、手入力によるミスがなくなったのでかなり重宝しています。

申告書を入手して作成する

次のステップは、申告書を入手して作成するです!

そじ
そじ
申告書の入手方法ですが、最寄りの税務署に行けば申告書は貰えますし、郵送を依頼することもできます。

または、先ほどご紹介した無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」
を使って申告書類を作成することができます。

僕も1度試したことがあるのですが、非常にUIが優れていて、ステップに沿って必要事項を記入して、プリントアウトするだけで確定申告書類が完成します。

このステップの中で、もし何かわからないことがあれば、電話やチャットでサポートしてもらえるのでスムーズに申告書を作成することが可能です。

管轄の税務署に申告書を提出する

ここまでの作業が完了したら、最後に管轄の税務署に申告書を提出しましょう!

提出方法には、e-Taxというすべてオンラインで提出する方法や郵送で行う方法もありますが、不慣れなうちは税務署に直接足を運んで、担当者と相談しながら確認もしてもらいつつ提出した方が安心です。

また、先ほどご紹介した無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」
を使えば、控除関係の抜け漏れや記入の不備を防ぐことができるができます。

郵送先の税務署の住所も自動で提示してくれるので郵送する際も便利です。
e-Taxとも連携しているので、自宅にいながら確定申告を完了させたい方にもおすすめです!

そじ
そじ
以上、フリーランスが確定申告に向けて準備すべきことまとめでした。最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterにて駆け出しのフリーランス向けに役立つ情報を発信しているので、この記事が役に立ったと思った方は是非フォローお願いします!