フリーランス基礎知識

フリーランス(個人事業主)が事業用口座を作る3つのメリットを解説!

フリーランスは、プライベートと事業用の口座を分けておくことで様々なメリットがあります。この記事では、口座を分けるメリットと、事業用口座を開設する方法についてご紹介します。

フリーランスが事業用口座を作るメリットは2つ

帳簿付けがしやすくなる

事業用口座と生活用口座が同じだと、生活費の支出とビジネスの支出が混在してしまいます。

最近では、freeeのような口座同期型のクラウド型会計ソフトで帳簿をする方が増えてきていますが、そこに事業用口座を同期することで、口座に記帳された情報を上から順に帳簿するだけで良いので帳簿作成がかなり楽になります。

また、事業用口座を作ることで、事業の財務状況がパッと見でわかるようになることも大きなメリットの一つです。

税務調査対策になる

税務調査とは、毎年行われる確定申告に対し、申告内容が正しいかどうかを税務署が調査することです。事実と異なる申告が確認されれば、正しい税額を計算して確定し、追徴課税が発生するというしくみです。

税務調査で、フリーランスが特に注意しなければならないのは、交際費や消耗品費などの勘定科目で間違いやすい私的費用の経費計上です。

プライベート用口座と事業用口座を分けていないと、うっかり個人的な買い物を経費計上してしまい、指摘されるというリスクがあります。

プライベート用口座と事業用口座を分けていれば、こういったミスは防げますし、税務調査の捜査手法の一つである銀行調査(※調査対象の取引先銀行に預けている資産や出納から、申告内容を確認する捜査手法)もクリアしやすくなります。

口座を開設する際は「屋号付き口座」がおすすめ


クライアントに報酬の振込を依頼するとき、個人名より屋号名の入っている口座を指定する方が社会的な信頼は高まります。中には、個人との取引を嫌う会社もあるので、屋号名の口座を持っておくことはビジネスをする上で有効です。

通常、フリーランスは「屋号名+個人名」で口座を開設できます。以下に金融機関の種類ごとに特徴をまとめてみました。

メガバンク

メガバンクは知名度と信頼性が高いのが最大のメリットです。メガバンクの屋号名入り口座を持っていれば、それだけでクライアントからの信用度は高いです。取引相手も同じ銀行に口座を持っていると振込手数料も安くなります。

また、全国どこに行っても支店やATMがあり、利用しやすいというメリットもあります。高頻度で引っ越しをされる方は、メガバンクでの口座開設がおすすめです。一方で、審査は厳しく行われるケースが多いです。

ネットバンク

Web上で管理できること、振込やコンビニのATM利用手数料が無料の銀行が多いことがネットバンクの最大のメリットです。

一方で、ネットバンクは社会的な信頼が得られにくいこともあり、クライアントによっては取引を行う銀行として指定できないこともあります。口座開設の手続きは、開業届や本人確認書類などの郵送で行われます。

信用金庫

信用金庫は、地域の小規模事業者を対象としているため、フリーランスでも口座が開設しやすいのがメリットです。もともと信用金庫には、「地域で集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することにより、地域社会の発展に寄与する」という目的があるため、地域の小規模事業者に対して、積極的に支援を行ってくれます。

長く取引を続けて信頼を高めておくと、将来的に融資が必要になったときに相談をしやすくなります。

「屋号付き口座」を引落先にできるビジネスカード

フリーランスがビジネスカードを持つメリットは以下の4点です。

経理管理事業用のカードを持つことで、何に経費を使ったかを管理しやすくなる。個人用のカードで決済するとプライベートの出費と混同しがち。
年会費を経費計上できる個人用クレジットカードの年会費は経費として計上できないが、事業用クレジットカードの年会費は経費にできる。
資金繰り対策突発的に資金が必要になった際、クレジットカードで決済すれば支払いを1-2ヶ月遅らせることができる。資金繰り対策として有効。
限度額カードによっては、会計ソフトのデータを元に利用額を柔軟に変更できる。

ビジネスカードを作る際は、下記の項目をチェックしながら、ご自身に合ったカードを選びましょう。

・年会費
・限度額
・付帯サービス(空港ラウンジの利用や旅行保険)
・ポイント還元率
・割引サービスなど(飲食店など各種サービスの割引)

三井住友ビジネスカード for Owners


三井住友ビジネスカード for Ownersは、三井住友カードが発行しているビジネスカードで、フリーランスや中小企業代表者が申し込むことができます。

引き落としは個人名義口座、個人事業者(屋号)名口座、法人名義口座となり、実際に現金が引き落とされるのは約1~2ヶ月後なので、キャッシュフローの改善に役立てることができます。

個人的には、年会費1250円のクラシックカードがおすすめです。

freee MasterCardライト


freee MasterCard ライトはクラウド会計ソフトfreeeが発行しているビジネスカードで、年会費無料でフリーランスや中小企業代表者が申し込むことができます。

設立初年度の方や赤字決済の方でも発行できるのがfreee MasterCardライトの強みです。

また、カード申込と一緒に「クラウド会計ソフトfreee」の新規申込をしておくと、freee2000円分ディスカウントクーポンをもらうことができます。

フリーランス初心者が必ず登録すべきサイト・サービス10選でも書きましたが、freeeはフリーランスに必須の会計ソフトなので、この機会に合わせて検討することをおすすめします。

最後に

以上、フリーランスが事業用口座を作る3つのメリットをご紹介しました!この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

フリーランス(個人事業主)が支払う税金の種類 | 賢く節税する方法を解説!フリーランスは正社員とは違い、自分で税金を納める必要があります。 https://sojikun.com/final-tax-re...
フリーランス(個人事業主)のメリット・デメリットを現役フリーランスが徹底解説!近年、働き方改革やクラウドソーシングサービスの普及によって、フリーランスという働き方が注目されています。 この記事では、フリーラン...
ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINE@までお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号館」茅ヶ崎にオープン! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...
関連記事