おすすめファクタリング会社 PR

【2024年】ベストファクターの口コミ・評判や体験談を徹底調査

ベストファクターは、個人事業主やフリーランスから支持を集めているファクタリングサービスです。債権額に100万円程度の下限を設けるファクタリング会社が多い中、ベストファクターは下限30万円から利用できます。

ベストファクターの評判について、実際に利用したユーザーの口コミや独自アンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証していきます。

【編集長おすすめ3社】

当サイトが特におすすめするファクタリングサービスはペイトナーファクタリング・QuQuMo・ラボルの3社。
手続きはオンライン完結なので、振り込みまでのスピードが早く手数料も低いです。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
ペイトナーファクタリング
オンライン完結で面倒な手続き不要。手続きから最短10分で入金完了。取引手数料は10%固定。2社間取引を採用しており、取引先にバレる心配なし。
【第2位】
QuQuMo
オンライン完結で入金まで最短2時間。手数料率は1%〜14.8%と業界トップクラスの低水準。2社間契約なので取引先にはバレない。
【第3位】
ラボル
手続きはオンライン完結で、請求書のアップロードから最短60分で口座に入金。手数料は一律10%で1万円から調達可能。

ベストファクターの基本情報

運営会社 株式会社アレシア
入金スピード 最短1時間
対応エリア 全国
手数料率 2%〜20%
平均買取率 92.2%

ベストファクター』は、個人事業主やフリーランスから支持を集めているファクタリングサービスです。債権額に100万円程度の下限を設けるファクタリング会社が多い中、ベストファクターは下限30万円から利用できます。

法人・個人を問わず、「ちょっとだけ資金が足りない」「フリーランスである事を理由に他社に断られてしまった」といったケースでもマッチします。もちろん担保や保証人は不要です。


出典:https://bestfactor.jp/

ファクタリングサービスのみならず、経営に関するコンサルティングから資産運用、他業種・異業者間の仲介や橋渡し役まで、幅広いサポートを行っています。

・最短1時間で資金化可能

・フリーランスや個人事業主でも利用可能

・業績が赤字、借入があっても利用可能

・審査に通りやすい(審査通過率92%)

審査落ちが多い?ベストファクターの評判・口コミ

実際に、ベストファクターを活用したユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

ベストファクターのポジティブな評判で多かったのは「個人事業主でも快く対応してくれた」「他社よりも手数料が安くなった」「入金スピードが早かった」という口コミです。

ベストファクターは個人事業主にも対応して頂けるところが私にとってメリットでした。
長野では個人事業主に対して門前払いのファクタリング会社も多くある中、手数料も安く快く応対して頂き感謝しております。

(引用:ノマド家調査)

メールを差し上げたのが月の上旬で、月末までに何とかして欲しいと伝えたところ、翌日から対応いただき、余裕を持ったスケジューリングで取引を完了できました。

担当者のレスポンスも何かと親身で、ゴールをしっかりと共有できたと感じています。ヒアリングでは必要な調達額など、資金需要を的確に汲みとって頂けとても安心でした。

(引用:ノマド家調査)

私は個人事業主ですが、ベストファクターに乗り換えたおかげで他社に比べ20%以上も手数料が安くなりました。資金調達スピードも速く非常に助かりました。

(引用:ノマド家調査)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「審査落ちした」「最初は面談が必須」といったネガティブな口コミも見受けられました。

問い合わせしたところ過去に断ったので今回も無理とのことでした。審査落ちの明確な理由を説明してほしかったです。

(引用:ノマド家調査)

最初は面談が必須であるため、大阪までの出張が面倒で、そこにはコストがかかります。郵送やWEB面談は対応していないので、こちらから出向くか向こうからこちらに来てもらうかしなければなりません。

(引用:ノマド家調査)

口コミ・評判から分かるベストファクターのメリット

ベストファクターを活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

手数料2%~と業界最安水準

一般的なファクタリングサービスでは、10%〜20%ほどの手数料を取られるケースがほとんどですが、ベストファクターの手数料は2%~とかなり安めに設定されています。

なお、手数料率は売掛債権の額や売掛債権の信用力によって大きく異なり、最大で20%の手数料率になることもあります。

実際の手数料率が知りたい方は、まずは無料で見積もり依頼されることをおすすめします。

最短即日で入金可能

ベストファクターでは、電話やWeb、出張訪問でファクタリングの申請を行うことが可能で、申請した当日に売掛債権を買い取って入金してもらえます。

審査から入金まで最短1時間で対応してもらえるので、いますぐ資金を捻出したい事業者におすすめです。

個人事業主・フリーランスでも利用可能

ファクタリング会社の中には、法人のみ問い合わせを受け付けており、フリーランスや個人事業主は受け付けていないケースが多いです。

フリーランスや個人事業主は、法人に比べると少額の取引しか行っておらず、売掛金の額が小さく利益が少ししか出ないからです。

一方で、ベストファクターでは少額(30万円〜)でもファクタリングを利用することができ、他社に断られてしまった個人事業主やフリーランスの方でも利用しやすいです。

2社間ファクタリングで売掛先にバレずに利用可能

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類あります。

2社間ファクタリングではファクタリング会社とファクタリング利用会社間でのみ取引が行われ、売掛先に資金難がバレることはありません。

ベストファクターでは2社間ファクタリングを扱っているので安心して利用できます。

口コミ・評判から分かるベストファクターのデメリット

3社間ファクタリングは利用できない

3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうというデメリットがありますが、2社間ファクタリングよりも手数料率を抑えることができます。

3社間ファクタリングを利用したい方は、オルタ以外の選択肢を検討する必要があります。

3社間ファクタリングが可能なファクタリング会社としては、手数料率が業界最安である『ビートレーディング』がおすすめです。

手数料率の上限が高い

ベストファクターの手数料率は2%〜20%です。ファクタリング会社の中には、手数料率の上限を10%に設定しているところもあるので、手数料率の上限が高いと言えます。

もし、手数料率の上限が低いファクタリング会社をお探しの方は、手数料率を一律10%で固定している『ペイトナーファクタリング』がおすすめです。申請から入金まで最短10分で完了します。

買取可能額に上限(1億円)がある

ベストファクターでは、1億円を超える大型債権の買取りは行なっていません。

もし、1億円を超える大型債権をファクタリングしたい方は、7億円の買取実績がある『ビートレーディング』がおすすめです。

当サイトが最もおすすめするファクタリング会社について知りたい方は、関連記事「フリーランスにおすすめのファクタリング10社を徹底比較」をご覧ください。

ベストファクターはどんな人におすすめ?

ベストファクター』のメリット・デメリットを踏まえ、ベストファクターの活用をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・資金繰りに困っているフリーランスや法人
・少額の売掛債権を現金化したい
・できるだけ低い手数料でファクタリングを利用したい
・支払いまでの時間が長い売掛債権を現金化したい
・即日での振り込みを希望している
・赤字経営が続いていて銀行から借入ができない

ベストファクターでは、申し込みされる方の属性によって手数料や入金までのスピードが異なるので、まずは公式サイトから見積もり依頼(無料)されることをおすすめします。

申し込みから入金までの流れ

この章では、ベストファクターのファクタリングを利用した際の流れについて解説します。申し込みから入金までの流れは以下の3ステップです。

無料相談

ベストファクターの『公式サイト』にアクセスして「無料相談する」から申込を行います。

希望調達額、法人名/屋号名、お名前、メールアドレス、電話番号などの必要項目を入力して送信しましょう。

事前審査・本審査

本審査の前に、サービスの利用可否について無料のスピード審査が行われます。希望調達額や調達日をもと、おおよその見積もり金額が提示されます。

事前審査を通過したら本審査に進みます。本審査には、以下の必要書類を提出する必要があります。

・本人確認書類(免許証やパスポート)
・請求書、見積書
・入出金通帳

契約

本審査を通過し、提示された買取債権額や手数料に納得したら契約に移ります。

契約が完了したら、最短当日のうちに手数料を引いた売掛金が入金されます。