フリーランス基礎知識

フリーランス(個人事業主)の名刺の必要性と作り方をご紹介!

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報をピックアップしてご紹介しています。

フリーランスになると、交流会やイベントに参加する機会が増えるので、名刺は自分の名前や特徴を覚えてもらうための重要な営業ツールになります。

この記事では、フリーランスにおける名刺の必要性や作り方についてご紹介します。

フリーランスにとって名刺は大事な営業ツール

フリーランスは基本的にクライアントありきの職業なので、他社との繋がりが非常に大切になります。多くのフリーランスが、独立当初は仕事につながる人脈を求めて交流会やイベントに積極的に参加しています。

しかし、一人一人とじっくり話す時間は限られているので、ほとんどの場合名刺交換しただけの関係で終わってしまいます。それでも、配った名刺にインパクトがあれば、SNSでフォローしてもらえたり、メールや電話をいただけることがあります。

さらに、クライアントへの営業やエージェントとの面談のシーンでは、名刺を持っていないだけで不信感をもたれることがあるので、フリーランスにとって名刺は必須の営業ツールであると言えます。

次の章で、フリーランスが名刺に記載すべき項目についてご紹介します。

名刺に必要な項目

上図の名刺は、現在私が使用しているものになります。表面に必要項目、裏面にはアピールしたいことを記載しています。

この章では、名刺を作成する上で最低限記載すべき項目をご紹介します。

名前(屋号)

フリーランスの場合、名刺に本名と屋号を記載している方がほとんどかと思います。

名刺は、自分がどのような活動をしているかぱっと見で判断できるようにすべきなので、どのような事業をしているか分かりやすい屋号にすることをおすすめします。

フリーランス(個人事業主)が屋号をつけるメリットと決め方を解説! フリーランスは、開業届を提出する際に屋号を設定することができます。僕の周りでは、屋号を適当に決めているフリーランスが多いですが、...

職種・肩書

名刺を受け取った際、多くの方が最初に名前や屋号ではなく職種や肩書きを見ていることが多いです。

いま目の前にいる人の名前より、この人はどんな仕事をしていてどのようなポジションにあり、どのようなお付き合いができるかの判断を優先したいためです。なので、職種や肩書きは名刺の見やすい場所に記載することをおすすめします。

また、単純に「Webライター」と記載するより、「SEO歴10年の老舗Webライター」のようなキャッチーな肩書きにするのもおすすめです。

住所

フリーランスの多くが自宅で仕事をしているため、名刺に住所を載せるべきかどうかは迷うところです。「住所が記載されていない名刺は信用力がない」とみなすビジネスパーソンが一定数いるため、自分は住所を記載しています。

どうしても自宅の住所を特定されたくないときは「バーチャルオフィス」を利用するのがおすすめです。バーチャルオフィスは実際に事務所を借りるのではなく、月々の利用料を支払って住所や電話番号だけをレンタルするシステムです。バーチャルオフィスを利用したい方は、Karigoがおすすめです。

電話番号

プライベートの電話番号を名刺に記載したくないときは、別の番号を新たに取得するか、事業専用の携帯電話を持つことをおすすめします。

メールアドレス

メールアドレスの記載は必須です。Gmailのようなフリーアドレスでも可能ですが、できれば独自ドメインをとった方が信頼性は高まります。

フリーランスは仕事用メールアドレスを準備すべき?現役フリーランスが解説! この記事をご覧の方は、クライアントと連絡するためのメールアドレスについて、不安を抱えているフリーランスの方が多いと思います。 ...

運営しているサイト

仕事に関連して運営しているサイトやブログがあれば、URLを記載しましょう。

しかしサイト上に住所など個人情報を載せる場合は、十分に気を付ける必要があります。あくまで業務内容や実績が分かる内容が好ましいです。

フリーランスはブログ必須!仕事につながる活用術と始め方を解説! 私は、フリーランスになったと同時に当ブログを開設して3年になるのですが、ブログで月80万円以上のアフィリエイト収入を得ることがで...

SNSアカウント

「名刺交換はしたものの、メールを送るのは堅苦しいな・・」と感じる方は多いと思います。その際、TwitterなどのSNSだと、気軽にフォローしてつながることができます。

仕事用のアカウントとして、しっかりSNSを運用されている方はSNSのアカウント名を記載することをおすすめします。

その他アピールしたいこと

フリーランスは実績や強みを相手に伝えることが大切です。例えば、イラストレーターであれば、実際に自分で描いたイラストを名刺に入れると相手に伝わりやすいです。

また、これまでの実績がわかるポートフォリオサイトをお持ちであれば、QRコードを名刺に記載することをおすすめします。

名刺を作成する方法

名刺は、デザインツールを活用して自分で作成するか、業者に依頼するかの2択です。個人的には、名刺のデザインを生業にしているフリーランスのデザイナーさんに依頼することをおすすめします。

業者に任せる

フリーランスとして、自分の魅力をアピールするために名刺を作ることはとてもやりがいのある作業ですが、すばやく作成し、その上クオリティーを担保したい人は名刺を制作してくれる会社やフリーランスに依頼するのがおすすめです。

Twitterで「名刺 デザイン」と検索すると、名刺を安く制作してくれるフリーランスをたくさん見つけることができます。私は、SNSで繋がったデザイナーさんに1万円ほどで作っていただきました。

自分で作る

自分で名刺を作る場合は、デザインツールのCanvaがおすすめです。

Canvaには、以下のような名刺のテンプレートがたくさんあるので、デザインが得意ではない方でも簡単に名刺を作成することができます。

最後に

以上、フリーランスの名刺の必要性と作り方ついてご紹介しました!

フリーランスになった後の必要な手続きや、仕事を円滑に進める上で最低限準備しておくべきことについて知りたい方は、以下の記事をステップ①から順に読まれることをオススメします。

フリーランスになった後やること

ステップ①:国民健康保険に加入 or 任意継続

ステップ②:国民年金への切り替え

ステップ③:再就職手当の申請

ステップ④:屋号を決めて、税務署に開業届を提出

ステップ⑤:名刺を作成する

ステップ⑥:ブログ・ポートフォリオサイトを立ち上げる

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINEにてお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家湘南」の物件詳細・コンセプトをご紹介! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年ほど働いていたのですが、会社員を辞めて独立を決意するには「同業の先輩フリーラ...