フリーランス基礎知識

フリーランス(個人事業主)が屋号をつけるメリットと決め方を解説!

フリーランスは、開業届を提出する際に屋号を設定することができます。僕の周りでは、屋号を適当に決めているフリーランスが多いですが、個人的にはかなりもったいないなと感じています。

そこでこの記事では、フリーランスが屋号を持つメリットや屋号の決め方について解説します。

屋号は必ず付けないといけないのか

フリーランスは、開業届や確定申告など様々なシーンで屋号を記載する機会があります。
そのため、屋号は必ずつけなくてはいけないものだと思ってしまいますが、必須ではありません。

Youtubeでの広告収入やアフリエイト収入など、クライアントワークを必要としないフリーランスは、必ずしも屋号は必要なく、個人名で充分という方もいます。

クライアントと複数契約しているフリーランスや、お店を経営したり事務所を開いている場合は、屋号があったほうが便利です。

フリーランスが屋号をつけるメリット

名刺や口座に屋号があると信用が得られやすい

フリーランスの場合、名刺に屋号を記載している方がほとんどだと思います。屋号が記載されていると、自分がどのような活動をしているかぱっと見で判断してもらえます。なので、どのような事業をしているか分かりやすい屋号にすることをおすすめします。

フリーランス(個人事業主)の名刺の必要性と作り方をご紹介!フリーランスになると、交流会やイベントに参加する機会が増えるので、名刺は自分の名前や特徴を覚えてもらうための重要な営業ツールになります。...

また、クライアントに請求書を発行する際も、屋号つき口座に振り込みができるとフリーランスとしての信頼が得やすいです。

また、屋号があると、屋号名と個人名で新しく口座を開設することができので、事業用口座とプライベート用口座を別に持つことができます。事業用口座を持っておけば、確定申告の際の帳簿の記入が楽になり、事業の財務状況がパッと見でわかるようになります。

フリーランス(個人事業主)が事業用口座を作る3つのメリットを解説!フリーランスは、プライベートと事業用の口座を分けておくことで様々なメリットがあります。この記事では、口座を分けるメリットと、事業用口座を...

お金の管理がしやすい

屋号があると、屋号名と個人名で新しく口座を開設することができので、事業用口座とプライベート用口座を別に持つことができます。

事業用口座を持っておけば、確定申告の際の帳簿の記入が楽になり、事業の財務状況がパッと見でわかるようになります。仕事の領収書も屋号で切ってもらうことが可能です。

フリーランス(個人事業主)が事業用口座を作る3つのメリットを解説!フリーランスは、プライベートと事業用の口座を分けておくことで様々なメリットがあります。この記事では、口座を分けるメリットと、事業用口座を...

法人名として引き継ぐと、実績が提示しやすい

フリーランスから法人化する場合、フリーランスとして使っていた屋号をそのまま法人名へと引き継ぐことで、過去の実績を提示しやすくなります。

エンジニアやデザイナーなどのWeb系のフリーランスは、実績がとても大事になるので、いずれフリーランスからの法人化を目指している方は、屋号は社名など思って慎重に検討しましょう。

フリーランス(個人事業主)が起業・法人化するベストなタイミングは?メリット・デメリットも解説!この記事をご覧の方は、フリーランスとして2〜3年ほど働き、売上や利益が増えてきたので法人化を検討し始めている方が多いと思います。 ...

屋号を決める上での注意点

どのような事業をしているか分かりやすい屋号にする

屋号は、「覚えやすくて、事業としてなにをしているかが分かりやすい」が理想です。屋号がわかりやすいと、名刺交換の際、自分がどのような活動をしているかすぐ判断してもらえるので、仕事につながりやすいです。

例えば、デザイナーなら「◯◯デザイン」、エンジニアなら「◯◯制作」、士業なら「◯◯事務所」がわかりやすいですね。

どうしてもしっくりくる屋号がなくても、暫定的に屋号をつけて後から変更することもできます。

覚えやすい屋号にする

結婚するなら「ゼクシィ」のように、〜するならあの人と思える純粋想起は、マーケティング上かなり重要です。「前会った人に頼もうと思ったけど、屋号を忘れてしまった」となれば、かなりの機会喪失です。

屋号は文字数に制限はないですが、純粋想起しやすいブランドは4文字のものが多いので、覚えやすく短いものにしましょう。初対面で屋号を伝えた際、何度も聞き直されたり、間違って記憶されたりするような屋号は、屋号として完全に失敗です。

商標権で守られた単語は使わない

商標権で守られた単語は、許可なく使用することを禁止されています。商標権で守られた単語とは、大手企業の社名やサービス名、人気アニメのキャラクター名などを指します。

これらの単語が屋号に入っていると、知らない人が大手企業などと関連していると勘違いしてしまい、ブランド毀損に繋がる恐れがあります。そういったことにならないよう、勝手に商標権で守られた単語を利用してはいけないルールになっています。

すでに登録されている屋号は使わない

すでに登記されている屋号・商号を同じ市内の他人が使うのは許可されないことがあるため、原則避ける必要があります。

例えば「大阪市 辻本デザイン」で検索したら、3つも4つも出てくると紛らわしいですよね。無用なトラブルを避けるために、屋号案が浮かんだら一度Googleで検索して同じ屋号がないか確認しておきましょう。

会社だと誤解される単語は使わない

「~会社」や「~Inc.」といった会社だと誤認させる単語の利用は禁止されています。

フリーランスより会社の方が社会的信用が高いので、「~会社」と名乗りたくなるのは分かりますが、法人化するまで我慢しましょう。

最後に

以上、フリーランスが屋号をつけるメリットと決め方ついてご紹介しました!この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

【2020年度】仕事・案件・求人が豊富なフリーランス専門エージェントを34サイト紹介! フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です...
フリーランス(個人事業主)のメリット・デメリットを現役フリーランスが徹底解説!近年、働き方改革やクラウドソーシングサービスの普及によって、フリーランスという働き方が注目されています。 この記事では、フリーラン...
ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINE@までお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号館」茅ヶ崎にオープン! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...
関連記事