稼げるフリーランスの仕事

フリーランスのカメラマン・フォトグラファーになるには?仕事内容・年収・営業方法を解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事では、フリーランスのカメラマン・フォトグラファーとして独立するためのステップや、仕事を獲得する方法について解説します。

カメラマンとフォトグラファーの違い

写真撮影のプロとして仕事をしている方は、周囲から「カメラマン」と呼ばれることもあれば、自ら「フォトグラファー」と名乗っていることもあります。

この2つの言葉の使われ方は、厳密に分けられていないことが多いようですが、一般的に

「カメラマン」はプロ、アマチュアを問わずに、写真や動画を撮る人のこと、
「フォトグラファー」は写真を撮ることを職業としている人のことを指しているようです。

このブログでは、カメラマン・フォットグラファーは同義語として使用しています。

カメラマン・フォトグラファーの年収

フリーランスのカメラマンは、年収1000万をゆうに超える人もいれば、年収200万程の人もたくさんいます。年齢や経験年数は関係なく、完全に実力主義の世界です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
自分の知り合いのカメラマンは、Web制作会社や広告代理店と業務委託という形で働いていて、求人サイトやコーポレートサイトに掲載するオフィスや社員の風景を撮影する案件で30万円/月以上の収入があると話していました。

フリーランスのカメラマンとして案件を獲得するには、常に撮影ニーズがある企業や個人をリサーチしつつ、自分の専門分野や単価を見定めながら営業活動を行う必要があります。

カメラマン・フォトグラファーの専門分野

カメラマン・フォトグラファーの専門分野は以下の通りです。

それでは、順に見ていきましょう。

広告・出版カメラマン

カメラマンの中でも花形の職業であり、一般的に思い浮かべやすいのが、広告・出版カメラマンです。その名の通り、出版社や広告代理店とともに宣伝したい商品や食材などの被写体を撮影します。

最近は、撮影された写真をポスター・チラシ・雑誌・WEBなど、そのまま複数の媒体に流用することが多いので、どの媒体に掲載しても良い仕上がりになるような撮影技術が求められます。

報道カメラマン

事件が起こると、真っ先に事件現場やその背景にあるものを取材、撮影するのが報道カメラマンです。

戦地や途上国に特化した戦場カメラマン・途上国カメラマンも、報道カメラマンの一分野といえます。

スポーツカメラマン

オリンピックやワールドカップをはじめとした、様々なスポーツ会場に赴き、試合の展開や選手の表情などを撮影します。激しく動き回る選手の一瞬の表情や、感動の瞬間などを撮影する集中力と瞬発力が求められます。

スポーツカメラマンとしていい写真を取るためには、競技ごとに次の展開をある程度予測できる経験値と、それぞれの競技の歴史や背景などについて理解しておく必要があります。

水中カメラマン

水中に特化したカメラマンで、主に海の中の風景を撮影します。

水中での撮影技術のほか、ダイビングのライセンスや海や海洋生物に関する知識も必要です。

スタジオ・学校カメラマン

スタジオカメラマンは、七五三や結婚式などのお祝い事や家族写真を撮影します。

子供からお年寄りまですべての人の笑顔を撮る撮影スキルと、自然な笑顔を引き出すコミュニケーション能力が必要になります。

芸術家カメラマン

人物や風景、昆虫、花、ペット、星空など、人の心を動かすような芸術作品を撮影するのが芸術家カメラマンです。

写真集を出す、個展を開くなど、写真を販売することで報酬を得ます。撮影のスキルだけでなく、芸術的センス、その他写真の加工技術などが求められます。

フリーランスのWebデザイナーになるには?仕事内容・年収・営業方法も解説!現在、制作会社や事業会社でWebデザイナーとして働かれている方は、副業したり独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 そこでこの記事では、フリーランスのWebデザイナーになる方法や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介します。...

カメラマン・フォトグラファーになる方法

会社で働いて実務経験を積む

大前提ですが、独学でスキルを身につけるより、撮影スキルが身に付く会社に就職し、大きな予算がついている実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらう方が成長スピードは早いです。

ですので、「オフィスに出社するのが辛い…」などよっぽどの理由がない限り、『マイナビクリエイター』などを活用して、カメラマン・フォトグラファーとしての経験が積める企業で働きつつ、独立を目指すことをおすすめします。

【2021年】マイナビクリエイターの評判は?メリットやデメリットも解説!マイナビクリエイターは、株式会社マイナビワークスが運営するIT・Web業界専門の転職エージェントです。 この記事では、マイナビクリ...

スクール・独学でスキルを習得する

撮影の経験がない方が、企業に就職したりフリーランスとして独立することは難しいので、まずはスクールに通ったり独学することをおすすめします。

現在は、本やインターネットなどからカメラに関する知識はいくらでも得ることができます。一方で、カリキュラムが用意されているスクールの方が独学するより効率的に学習できますので、お金に余裕がある方はスクールに通うことをおすすめします。

【2021年】動画編集/映像制作を学びたい方におすすめのスクール・教室10選この記事では、そもそも動画クリエイターになるためには何を学べばいいの?何を基準にスクールを選べばいいの?などの点に留意しながら、知名度や実績がある動画編集スクールを厳選して10社ご紹介します。...

カメラマン・フォトグラファーの仕事獲得方法

クラウドソーシングを活用する

フリーランスのカメラマンにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、クラウドソーシングサービスに登録することが最も有効です。

クラウドワークス』で「撮影」と検索すると、61201件ヒットしたのでぜひ案件の詳細を覗いてみてください!

クラウドワークスで副業って実際どうなの?評判やメリット・デメリットを解説! クラウドソーシングサービスといえばどのサービスを思い浮かべますか?ほとんどの方がクラウドワークスかランサーズを思い浮かべると思い...

一方で、クラウドソーシングは単価が安い上に競合が多くなってきているので、ジリ貧になってしまう可能性も高いです。なので、以下で紹介する方法で、能動的に営業することをおすすめします。

見込み客に直営業する

企業に直接営業する場合、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、撮影を依頼したいと考えている企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっているWeb制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

Wantedly』などで、「地域名 + カメラマン」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるのでおすすめです。

最後に

以上、フリーランスのカメラマン・フォトグラファーになる方法や平均年収ついてご紹介しました!

現在サラリーマンの方で、これからフリーランスになるための準備を始められる方は、以下の記事をステップ①から順に実践されることをおすすめします。

フリーランスになるための準備
  1. フリーランスとしてのキャリアプランを立てる
  2. 書籍Webメディアサロンスクール等でスキルを習得する
  3. 実務経験(1年以上)を積める企業に転職する
  4. 副業で月10万円以上稼げる状態にしておく
  5. 信用を必要とする契約(賃貸クレジットカード)を済ませる
  6. 税金社会保険確定申告のルールを理解する
  7. 屋号や事業内容を固めて開業届を提出する
  8. 名刺ホームページ(ブログ)を作成する
  9. 必須のサービス(会計ソフトクラウドソーシングフリーランス専門エージェント等)に登録しておく
  10. 案件やスキルシェアできる仲間を作る(フリーランスチームコミュニティシェアハウス
フリーランスの動画編集者になるには?仕事内容・年収・営業方法も解説!最近ではYoutubeやtiktok、Instagramの影響で、動画編集の仕事の需要が高まってきており、独立するチャンスがかなり広がってきていると感じます。 この記事では、フリーランスの動画編集者になるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介します。...
シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!