フリーランス基礎知識

【2020年】CodeShip(コードシップ)の評判は?リアルな口コミとメリットまとめ

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

CodeShip』は、株式会社ウィモーションが運営するプログラミングスクールです。この記事では、『CodeShip』を受講するメリットやデメリット、実際の受講者の評判や口コミについてご紹介します。

CodeShipとは?

受講区分通学制・オンライン
場所池袋
価格350,000円(税抜)〜
期間4ヶ月

CodeShip』は、未経験からWeb制作やSNS開発などの開発ができるエンジニアを目指すスクールです。池袋に教室があり、通学・オンラインの両方に対応しています。

社会人でも学習しやすいように、無償延長制度などのサポートがあり、転職支援は専属のキャリアアドバイザーが1,000件以上あるエンジニア求人の中から最適な求人を紹介してくれます。

CodeShip』のLPをのぞくと、以下3つの特徴がスクールの強みとして打ち出されています。

①イマドキな技術を体系的に学習
モダンな言語やフレームワークに触れることで、即戦力となる技術を実際にサービスを作りながら身につけることが可能。

②作る力が身につくまで学べる
無償延長制度や卒業制作制度など、プログラミングを知識ではなくスキルとして身につけるためのサポート体制が充実している。

③親身なキャリアサポート
専属のキャリアカウンセラーとのキャリア面談は希望に応じて何度でも受けられます。また、IT職を中心とした1000件以上の求人の中から転職をサポートいたします。

・マンツーマン指導に近い指導が受けられるので定着度が上がる

・転職一体型コースなら実質無料で学習できる

・無償延長制度により自分のペースで学習を進められる

CodeShipで学習するメリット

マンツーマン指導でサポートが充実している

CodeShip』の授業では、1人の講師につき1〜5人の少人数制で授業が行われています。マンツーマン指導によって、個別最適化された学習が可能となっています。

分からない部分はその場で質問ができるうえ、現役エンジニアの講師陣から現場で活かせる最新のノウハウも随時教えてもらうことができます。

転職できれば実質無料で受講できる

CodeShip』では「転職一体型コース」といって、転職成功までを一気通貫してサポートしてくれるコースがあります。

このコースでは、実際に転職先で就業を開始すると授業料が全額キャッシュバックされる制度があります。転職を保証するコースではありませんが、実際に転職に成功した受講生は500名以上います。

また、このコースを受講できる対象は新卒・第二新卒以降の受講生となっており、それ以外の方も受講はできますがキャッシュバックの対象にはなりません。

自分のペースで学習を進められる

CodeShip』には、無償で学習期間を延長してくれる無償延長制度があり、想定よりも学習に時間がかかってしまったという人でも最後までやりきることができます。

無償延長制度は一ヶ月ごとに申込み可能なので、延長期間が無駄になることもなく必要な期間だけ追加できます。以下に、各コースの期間や金額を掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コース名期間金額
ウェブメディア開発コース定期通学:4ヶ月
通い放題:6ヶ月
オンライン:4ヶ月
定期通学:350,000円
通い放題:600,000円
オンライン通学:350,000円
フロントエンド開発コース定期通学:4ヶ月
通い放題:6ヶ月
オンライン:4ヶ月
定期通学:350,000円
通い放題:600,000円
オンライン通学:350,000円
SNS開発コース定期通学:4ヶ月
通い放題:6ヶ月
オンライン:4ヶ月
定期通学:350,000円
通い放題:600,000円
オンライン通学:350,000円
ウェブアプリ&データ処理コース定期通学:4ヶ月
通い放題:6ヶ月
オンライン:4ヶ月
定期通学:350,000円
通い放題:600,000円
オンライン通学:350,000円
ゲーム開発コース定期通学:4ヶ月
通い放題:6ヶ月
オンライン:4ヶ月
定期通学:350,000円
通い放題:600,000円
オンライン通学:350,000円
先進ウェブサービス開発コース定期通学:4ヶ月
通い放題:6ヶ月
オンライン:4ヶ月
定期通学:350,000円
通い放題:600,000円
オンライン通学:350,000円

CodeShipで学習するデメリット

転職できる保証はない

CodeShip』は転職一体型コースや各種サポート制度が揃っており、転職を考えている方にとって魅力的なスクールです。

一方で「転職を保証するもの」ではなく、あくまで自己責任であるということを頭に入れておきましょう。面接対策や求人紹介など、転職活動をスムーズに進めるためのサポートは充実しているので、一般的な転職エージェントを利用するよりは転職成功率は高くなるかと思います。

転職できなければ返金して欲しいという方は、『テックキャンプエンジニア転職』がおすすめです。

【2020年】テックキャンプエンジニア転職の評判は?リアルな口コミと特徴まとめ 『テックキャンプエンジニア転職』は、Youtuberとしても有名なまこなり社長が経営する株式会社divが運営するプログラミングス...

池袋にしか教室がない

CodeShip』の教室は池袋にしかないので、地方在住の方は教室での受講ができません。教室で受講するメリットとしては、一緒に勉強したり励ましあえる仲間ができるので、そういった意味では地方在住の方にとってはデメリットと言えるでしょう。

一方で、オンラインでの受講も可能なので、自宅でもくもくと一人で学習したい方にとってはそれほど大きなデメリットではありません。

CodeShipの評判・口コミまとめ

実際に、CodeShipを受講しているユーザーの、Twitterに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ご覧の通り、CodeShipを受講しているユーザーの満足度には個人差があります。次の章で、CodeShipの受講をおすすめできる方の特徴をご紹介します。

CodeShipはどんな人におすすめ?

CodeShip』は、「仕事が忙しく、プログラミング学習との両立ができないかもしれない・・」と不安を抱えている方におすすめです。

なぜなら、平日は17〜21時、土曜日は12〜20時に開講されるので、仕事終わりや休日の空き時間に学習することができるからです。また、少人数制の教室通学かオンライン学習のどちらかを選べるのですが、どちらもすぐに質問・相談ができる環境が整っているので、疑問を残したまま先に進むことはありません。

万が一期間内に学習を終えられなくても「無償延長制度」が適用されて、無償で延長できるシステムもあります。自分のペースで課題をひとつひとつクリアしながら学習を進めることができるので、無理なく仕事と学習を両立できます。

フリーランスエンジニアになるには?仕事内容・年収・案件獲得方法も解説! 現在、エンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、クラウドソーシング...

最後に

以上、CodeShipの評判や受講するメリット・デメリットについてご紹介しました。以下の表に、主要なプログラミングスクールの特徴や評判をまとめてみましたので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

名称詳細受講区分
テックキャンプ(エンジニア転職)評判を見る通学・オンライン
テックキャンプ(プログラミング教養)評判を見る通学・オンライン
tech boost評判を見る通学・オンライン
ポテパンキャンプ評判を見る通学・オンライン
DIVE INTO CODE評判を見る通学・オンライン
CodeShip評判を見る通学・オンライン
プログラマカレッジ評判を見る通学・オンライン
KENスクール評判を見る通学
CodeCamp評判を見るオンライン
TechAcademy評判を見るオンライン
DMM WEBCAMP評判を見るオンライン
侍エンジニア塾評判を見るオンライン
ギークジョブ評判を見るオンライン
RaiseTech評判を見るオンライン
ランテック評判を見るオンライン
Udemy評判を見る動画
SkillHacks評判を見る動画
【エリア別】おすすめのプログラミングスクール

この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

【2020年】本気で転職したい方におすすめのプログラミングスクール【通学・オンライン別】 この記事をご覧の方は、未経験からプログラミングのスキルを身につけて、エンジニアとして転職したいとお考えの方が多いと思います。一方...
ノマド代表
辻本
ノマド代表
辻本
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひLINEにてお気軽にご連絡ください!

※代表の辻本が24時間以内に必ずご連絡いたします。