フリーランス基礎知識

クラウドテックの評判は?現役フリーランスがメリット・デメリットを解説!

フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自分で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを活用することをおすすめします。

この記事では、クラウドテックを活用するメリット・デメリットや口コミをご紹介します。

クラウドテックとは?

クラウドテックとは、クラウドソーシングサービスの業界最大手であるクラウドワークスが運営するフリーランス専門エージェントです。

クラウドワークスは、全てリモートの案件でライター向けの案件が多いです。一方、クラウドテックには常駐とリモートの案件があり、エンジニア・Webデザイナー・Webディレクターという順番で案件が多いです。

また、クラウドテックは専門のキャリアサポーターが付いて、事前に参画したい仕事の要望を伝えるので、複数の案件の中から自分にマッチする案件を紹介してくれます。

▼クラウドテック公式サイト

クラウドテックを活用するメリット

案件数・提携企業数が業界トップクラス

クラウドテックの提携企業数は14万社にもなり、上場企業や今勢いのあるベンチャー企業、スタートアップや官公庁など幅広い業種・業態の企業の案件があります。

これは、クラウドソーシング業界のリーディングカンパニーとして取引した実績が大きく影響しています。案件数については、全体の90%が非公開案件で、公開案件も含めると常時4万〜5万件の案件があります。

リモート可能な案件が豊富にある

クラウドワークスは元々、リモートワークできる仕事を紹介するクラウドソーシングから始まった企業です。

そのため、リモート可、リモート移行も相談可能、フルリモートOKなど、様々なスタイルのリモートワーク案件があります。リモートワーク可能な案件の割合は全体の25%で業界トップです。

子育てや介護で在宅でしか仕事ができない主婦の方や、地方在住のフリーランスの方には必ずおすすめしているエージェントです。

クラウドテックを活用するデメリット

他のエージェントに比べると報酬が低い

他のフリーランスエージェントと比べると、自由な働き方を求めるワーカーさんが多いため、どうしても報酬額は低くなってしまいます。

一方で、週5日常駐の案件もあるため、案件次第ではしっかり高単価も目指すことができます。

Webコンサルやディレクターなど上流工程の案件が少ない

元々、クラウドワークスでライター・エンジニア・デザイナーがメインの案件を扱っているので、クラウドテックも上流工程の案件が少ないという特徴があります。

そのため、もし上流工程の案件をお探しの方は、レバテックフリーランスギークスジョブがおすすめです。

登録するとたくさん営業電話がかかってくる

これは、他のエージェントでもあることですが、エージェントに登録すると担当者からたくさん案件紹介の電話がかかってきます。

クラウドテックでは、参画している案件が終了すると、「お仕事状況はいかがですか?
こんな常駐案件があるのですがいかがですか?」と連絡が入ってきます。

もちろん、そのようなサポートが嬉しいという方は良いと思いますが、クラウドテックは担当者の入れ替わりが激しいためか、営業電話が多くかかってくる印象があります。

クラウドテックの評判・口コミまとめ

それではクラウドテックの評判を見ていきましょう。まずは良い評判から。

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
SNS上ではいい評判だけでなく、悪い評判もちらほら見受けられたのでそちらも見ていきます。

ご覧の通り、クラウドテックの満足度には個人差があるので、気になる点は必ず担当者に質問をして解決しておきましょう。

▼クラウドテック公式サイト

クラウドテックはどんな人におすすめ?

リモートワークしたい方

前述の通り、クラウドテックではリモートワーク可能な案件が豊富なので、子育てや介護で在宅でしか仕事ができない主婦の方や、地方在住のフリーランスの方におすすめです。

また、時間や場所にとらわれずに働きたいと考えてるノマドワーカー気質な方にもおすすめのエージェントです。

他のエージェントの併用したい方

フリーランスはエージェントに複数登録するのが一般的です。なぜなら、案件の条件やサポート内容、マージン率を比較検討することができるからです。

クラウドテックは良くも悪くも、案件紹介の電話がたくさんかかってくるので、万が一仕事がなくなった時に、仕事を紹介してもらえる確率が高まります。

最後に

以上、クラウドテックの特徴や評判についてご紹介しました。以下の表に、クラウドテックも含め主要なフリーエンジニア向けのエージェントをまとめてみましたので、エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい!

名称詳細最高単価
レバテックフリーランス評判を見る160万円/月
ギークスジョブ評判を見る100万円/月
フォスターフリーランス評判を見る230万円/月
Pe-BANK評判を見る200万円/月
ポテパンフリーランス評判を見る100万円/月
tech tree評判を見る120万円/月
クラウドテック評判を見る120万円/月
midworks評判を見る160万円/月

 

この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

【2020年度】仕事・案件・求人が豊富なフリーランス専門エージェントを34サイト紹介! フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です...
フリーランス(個人事業主)のメリット・デメリットを現役フリーランスが徹底解説!近年、働き方改革やクラウドソーシングサービスの普及によって、フリーランスという働き方が注目されています。 この記事では、フリーラン...
ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINE@までお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号館」茅ヶ崎にオープン! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...
関連記事