おすすめのWebスクール

デイトラの評判・口コミや料金【2022年最新】

この記事を読んでわかること

デイトラの入学金・受講料やカリキュラム内容
デイトラを受講するメリット・デメリット
実際の受講者のリアルな口コミ・評判

デイトラは、フリーランスを目指すWebクリエイター(エンジニア・デザイナー・動画クリエイター・マーケター)向けのオンライン完結型スクールです。

この記事では、実際にデイトラを受講したユーザーの口コミや評判をもとに、デイトラを受講するメリットやデメリットをご紹介します。

デイトラは、無料で講座を視聴できる点が口コミでも好評です。
気になる方は『無料講座』を体験して、カリキュラム内容や講師の雰囲気を確認するのがおすすめ!

デイトラのコースやカリキュラム内容・料金

運営会社株式会社デイトラ
場所オンライン完結
コースWeb制作コース / Railsコース / Webデザインコース / ShopifyEC構築コース / 動画制作コース / Pythonコース / Webマーケティングコース / ドローンコース
価格(税込)49,800円〜99,800円
講座ボリューム90日
カリキュラム閲覧期限なし
メンターサポート期間購入より1年

デイトラ』は「日本初、SNSから生まれたオンラインプログラミングスクール」で、元々はTwitterでの学習企画から始まり、現在は有料のオンラインスクールに姿を変えています。

上記の表の通り、学べるコースは8種類あり、特に「Web制作コース」「Webデザインコース」「Webマーケティングコース」「動画制作コース」が人気のコースとなっています。どのコースも「低価格で楽しく学べる」をコンセプトに運営されています。

また、デイトラの最大の特徴は、業界最安級の受講料とコスパの良さにあります。例えば、Web制作コースを受講する場合、現役で活躍しているエンジニアによる一年間のサポート付きで99,800円です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
有料オプションにはなりますが、「フリーランス独立サポート」や「転職サポート」など、学習後のキャリアサポートも充実しており、未経験から転職・独立したい方にもおすすめできるWebスクールです。

・開講2年で受講生数1万人突破

・完全オンライン&専用コミュニティ

・業界最安級の料金を実現

・メンターによる学習サポート

\業界最安級のオンラインスクール/

デイトラ人気のコース

この章では、デイトラでも特に人気がある以下の4つのコースについて、それぞれのカリキュラムの特徴をご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう。

Web制作コース

Web制作コース』の初級編では、HTML/CSSの基礎とBootstrapを使ったスピードサイト制作、副業で月5万円稼ぐためのサイト納品テクニックやサーバー契約、サイト公開までの手順を幅広く学習します。

あわせて、Web制作を学習する際の心構えやコードを書くために必要な環境構築の仕方についても学ぶことができます。

中級編では、実際に制作会社とコーダーとして仕事をするときと同様、デザインカンプからのコーディングに取り組みます。Webサイトに動きをつけるためのJavaScript・jQuery、制作現場でよく使われているCSSの機能を拡張したSassなどを学習します。

上級編では、Web制作の中でも特に求人需要が高い、WordPressのオリジナルテーマ制作を行います。制作に必要となるPHPの基礎を最初に学び、HTMLとCSS、JavaScriptで作られたサイトをWordPressに組みこんでいく課題に挑戦します。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
実案件の流れに沿った卒業課題や、最近話題のブロックエディタを使ったWordPressの制作講座もあります。

Webデザインコース

Webデザインコース』の初級編では、Figmaの操作方法とLPデザインを学習し、月5万円稼げるようになるためのデザインスキルを身に付けます。プロの現役デザイナーから、実務レベルのレビューを受けるとができ、実際にクライアントに提案できるレベルのデザインスキルが身に付きます。

中級編では、中規模サイトのデザインと実際にクライアントへ営業する方法を学習し、20万円/月稼げるWebデザイナーを目指します。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
デザイン案件でLPに次いで求人需要が高いのが、企業サイトのデザインです。トレースやデザイン課題を始め、要件定義のやり方など、実践においても希少性が高いスキルを身につけることができます。

上級編では、UIデザインの基礎とLPの改善を学習し月収30万円を目指します。UIデザインは単価が高く、特にECは需要が高まっている分野です。また、デザインはマーケティングと親和性が高く、LPの改善方法を学ぶことで単価アップにつながります。

動画制作コース

動画制作コース』の基礎編では、一緒に動画を1本編集していきながら、Premiere Proの基本的な操作方法を学んでいきます。初心者に寄り添った丁寧な解説動画で、インプットとアウトプットを交互に行いながら学習を行います。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
基礎編終了後には課題があり、実際に動画を1本編集します。分からないところはメンターに質問できるので安心です。

応用編では、アニメーションやマルチカメラ編集のやり方など、仕事で求められるレベルのスキルを学んでいきます。サムネイル編では、動画編集とセットで頼まれることの多いサムネイル作成をPhotoshopを使って学んでいきます。操作方法を学ぶだけでなく、文言、色、レイアウトなど、サムネイル作成のコツも学ぶことができます。

最後の実務編では、ポートフォリオ制作や価格の決め方、案件獲得から契約、編集、納品、請求書発行までの一連の業務を学びます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの動画クリエイターとして、クライアントワークをしながらYouTubeの動画制作に関わりたい方におすすめのコースです。

Webマーケティングコース

Webマーケティングコース』の基礎編では、Web集客・Web広告に関する考え方や重要用語の学習をします。広告運用は数あるWeb集客手段のひとつでしかなく、Web集客全体を俯瞰的に見た上で、それぞれのマーケティング手法を学んでいきます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
ターゲット分析、ペルソナ分析、競合分析など、実務を想定したワークに取り組むことで、広告戦略全般について学んでいきます。

広告出稿編では、Googleリスティング広告・Facebook広告の基礎と出稿方法について学びます。リスティング広告においては、キーワード選定や広告文といった肝の部分を重点的に学びます。また、分析に必須となるGoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーの設定も行います。

Facebook広告においては、効果が出るクリエイティブの制作方法や複雑な配信設定画面の見方、効果的な運用方法のコツまで解説しています。

分析・改善編では、GoogleアナリティクスやPtengine(ヒートマップツール)の利用法を学びます。広告は出稿がゴールではなく、そこからがスタートです。ページがどのくらい見られているか、コンバージョン率はどれくらいかを分析し、LPを改善していく実践的な手法を学んでいきます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
広告運用だけでなく、LINE公式アカウントやSEOなどのマーケティング手法も学べるので、対応力があるWebマーケターを目指せます。

デイトラを受講するメリット

この章では、デイトラを受講する上で、各コースで共通するメリットについてご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう。

業界最安級の受講料

前述のとおり、デイトラの受講料は49,800円(税込)〜99,800円(税込)と業界最安です。

例えば、一般的なプログラミングスクールに通うとなると、30万円〜60万円ほどの受講料がかかりますが、デイトラの『Web制作コース』であれば99,800円(税込)で受講することができます。

一般的なスクールに比べて、圧倒的に受講料が安い点がデイトラが人気である理由です。

買い切り型なので教材は無期限で閲覧できる

一般的なスクールであれば、受講期間中のみ教材を閲覧できるというケースが多いですが、デイトラの教材は一度購入すれば半永久的に閲覧することができます。また、教材はテキストではなく動画コンテンツなので、初心者でも理解しやすいです。

教材の内容がアップデートされた場合も、常に最新のバージョンのものを閲覧することができるので、復習に使えるだけでなく、業界の最新トレンドも追うことができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
例えば、Webデザインコースでは、リリース後にUIデザインの学習コンテンツや、フリーランス向けの営業に関する講座が追加されました。

1年間Slackでサポートしてもらえる

学習していてわからないことがあれば、デイトラ受講生専用のSlack「質問部屋」でいつでも質問できます。サポート期間は1年間と非常に長いです。

質問できる回数は無制限で、現役エンジニア・デザイナーが丁寧に回答してくれます。他の受講生の質問もアーカイブとして見れるので非常に参考になります。

その他、「もくもく部屋」「作品公開部屋」「レビュー依頼部屋」「雑談部屋」などのSlackスペースがあり、メンターや他の受講生と交流することもできます。

無料参加できるウェビナーが定期開催されている

デイトラでは、Webクリエイターのためのウェビナーも定期的に開催されていて、デイトラ受講生は無料で参加できます。例えば、過去に行われたウェビナーに以下のようなものがあります。

・EC業界最大手企業が教える!売れるECデザイン講座
・マーケのプロに聞くLP改善アドバイス会
・Webマーケティング会社代表に聞く!売上を伸ばすマーケティング力の鍛え方
・初案件獲得の極意!デザイナーのための営業術
・3名の転職成功者に聞こう!未経験からプログラマー転職を成功させるコツ
・Web制作 / Shopifyユーザーのための初めての案件の取り方

ポートフォリオを制作できる

転職、副業、フリーランスなど、Webスキルを学ぶ目的は人それぞれですが、どの道に進むにもポートフォリオが必須になります。実際に、私がフリーランスとして商談した際も、ポートフォリオを見ながら話を進めでいました。

デイトラでは、実際にWebサイトや動画コンテンツなどのクリエイティブを作りながら学習を進めていきます。

そのため、学習が進めば進むほど自分のポートフォリオが増えていきます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
制作物に関してはプロの現役クリエイターからフィードバックをもらえるので、より完成度の高いポートフォリオを制作することができます。

デイトラを受講するデメリット

対面でのサポートは行っていない

デイトラの学習サポートはSlackのみで、ビデオ通話を介した対面サポートはありません。そのため、受講生一人一人の状況に合わせた細やかなサポートを希望する人には向いていません。

また、メンターと対面でコミュニケーションすることで、モチベーションの維持向上に繋げることができますが、対面がないので自分一人でモチベーションを維持する必要があります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
もし、対面でのサポートを希望されている方は、オンライン完結型でかつ対面でのサポートも充実している『CodeCamp』がおすすめです。

転職サポートは有料(248,000円)

一般的なWebスクールでは、転職サポートが標準で付いているケースが多いですが、デイトラには転職サポートが付いていません。別途有料オプションで転職サポートを依頼する必要があります。

転職サポートの料金は248,000円(税込)です。

ただし、Web制作コースを完了した方が対象で、かつ審査に合格しないといけません。人数・時期も限られているので、必ずサポートを受けられるわけではありません。

デイトラの評判・口コミ

実際に、デイトラを受講しているユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ご覧の通り、デイトラを受講しているユーザーの満足度には個人差があります。

また、Googleで「デイトラ」と検索すると、「デイトラ 怪しい」「デイトラ 評判 悪い」「デイトラ 挫折」「デイトラ 炎上」といったネガティブな関連ワードがいくつか表示されるので、サービス内容に不満を感じている方は一定数いるようです。次の章で、デイトラの受講をおすすめできる方の特徴をご紹介します。

デイトラはどんな人におすすめ?

デイトラ』のメリット・デメリットを踏まえ、デイトラの受講をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・未経験からWebクリエイターとして独立・転職したい方
・転職/独立に活かせるポートフォリオを制作したい方
・受講料が一番安いスクールを探している
・必要最低限の知識はあり、対面でのサポートは不要
・オンライン完結型で自分のペースで学習したい
・Twitter上の受講者と切磋琢磨しながらスキルを磨きたい

デイトラが気になった方は、ぜひ以下の公式ページよりカリキュラム内容やキャンペーン情報をご確認ください。

\業界最安級のオンラインスクール/

【2022年5月】プログラミングスクールおすすめ14校を徹底比較この記事では、数あるプログラミングスクールを徹底的に比較し、おすすめのプログラミングスクールのみ厳選して14校ご紹介します。...

よくある質問

初心者だけど大丈夫ですか?

大丈夫です。基本的なパソコンの操作方法が分かっていれば問題ありません。分からないところはメンターによってサポートするのでやる気があれば大丈夫です。

Windowsでも受講できますか?

はい、可能です!※Webアプリ開発コースだけはMacのみが受講可能です。

学習時間はどれくらい必要ですか?

各コースの「よくある質問」をご参照ください。基本的に平日2時間・休日4時間の学習時間をイメージしています。仮にサポート期間内にカリキュラムを完了できなかったとしても、学習コンテンツ自体は利用できるのでご安心ください。

どういう方がメンターを教えていますか?

現役エンジニアやフリーランスを中心に、厳しいメンター審査をクリアした人のみが、各コースごとに指導を行っています。

年齢制限はありますか?

特にありません。

引用:公式サイト

最後に

以上、デイトラの評判・口コミや料金についてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

・業界最安級の受講料
・買い切り型なので教材は無期限で閲覧できる
・1年間Slackでサポートしてもらえる
・無料参加できるウェビナーが定期開催されている
・ポートフォリオを制作できる
・対面でのサポートは行っていない
・転職サポートは有料(248,000円)

この記事をご覧いただいた方は、以下の関連記事もおすすめです。

【2022年5月】おすすめの動画編集スクール・講座10校を徹底比較この記事では、数ある動画編集スクール・講座・学校を徹底的に比較し、おすすめのスクールのみを厳選して10校ご紹介します。受講料やカリキュラム内容、転職・独立サポートの詳細を紹介しているので、ぜひ比較検討してみてください。...
【2022年5月】おすすめのWebマーケティングスクール・講座10校を徹底比較リモートワーク可能で求人が豊富なWebマーケターの仕事は、副業収入を得たいサラリーマンやフリーランスに人気の職業となっています。 ...
【2022年5月】おすすめのWebデザインスクール12校を徹底比較この記事では、数あるWebデザインスクール・講座を徹底的に比較し、おすすめのスクールのみを厳選して12校ご紹介します。受講料やカリキュラム内容、転職・独立サポートの詳細を紹介しているので、ぜひ比較検討してみてください。...