フリーランス基礎知識

データベースエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

現在、データベースエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

最近では、フリーエンジニア専門エージェントが保有するデータベースエンジニア向けの案件数も増加してきており、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

この記事では、フリーのデータベースエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの仕事内容は、大きく「開発・設計」「管理」「運用」の3つに分けることができます。この章では、それぞれの業務内容についてご紹介します。

データベースの開発・設計

データベースエンジニアは、クライアントや事業部門からの要望を受けてデータベースの開発・設計を行います。なので、まずは依頼者がどんなデータをどのように管理したいのかをヒアリングし、最適なデータベースのデザインを設計します。

開発・設計にあたっては「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」「PostgreSQL」「MySQL」といったデータベースアプリケーションを利用します。依頼者とのコミュニケーションを綿密に行いながら、可能な限り要望を取り入れて設計していきます。

データベースの管理

ここでいう管理とは、データベースを正常に動作させるための業務を指します。

長期に渡って大量のデータを保存するためのストレージサーバーを最適化したり、データを取り出す処理を効率化させるチューニングを行います。

データベースの運用

データベースの運用業務には、稼動しているデータベースへのアクセス権限の管理やパフォーマンスの監視、データのバックアップなどが挙げられます。

加えて、稼働中のデータベースへの不正侵入、データの流出を防ぐためのセキュリティ設計を行うのも運用段階の業務内容です。

【2021年】プログラマー・エンジニアにおすすめの本当に役立つ資格8選!エンジニアになるために資格は必要ないですが、資格を取得しておけば転職で有利になったり、資格を取得する過程でスキルが身についたりと多くのメ...

データベースエンジニアの報酬・年収相場

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
データベースエンジニアの報酬・年収の相場を見てみましょう。

フリーランスのデータベースエンジニアにおける案件単価の相場は、週5日(8時間/日)の常駐案件を基準にすると約65万円/月です。フリーランスエージェントの案件を一括で検索できる『フリーランススタート』に掲載されている案件をのぞくと、最高単価は150万円、最低単価は30万円となっています。

フリーランスの場合は実務経験がかなり重要視されるポイントで、5年以上のエンジニア歴があるフリーランスであれば、年収1,000万円を超えるケースも珍しくありません。

【言語別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの年収
言語平均年収最高年収
PHP720万円960万円
VBA720万円890万円
JavaScript800万円1640万円
C#828万円1010万円
Unity840万円1020万円
Java852万円960万円
Swift900万円1680万円
Python924万円1380万円
Ruby960万円1290万円
SAP1080万円1500万円
【職種別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの平均年収
職種平均年収
セキュリティエンジニア600万円
インフラエンジニア720万円
ネットワークエンジニア750万円
wordpressエンジニア756万円
システムエンジニア860万円
フロントエンドエンジニア876万円
PMPMO900万円
AIエンジニア948万円
iosエンジニア936万円

データベースエンジニアの案件数・求人動向

フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』でデータベースエンジニア向けの案件を検索すると約560件、『ギークスジョブ』では約80件ほど見つかりました。最高で105万円/月の案件も見受けられました。

設計・開発を行うには「Oracle」「Microsoft SQL Server」「MySQL」といった既存のデータベースアプリを活用するのが一般的となっています。

意外に思われるかもしれませんが、データベースエンジニアはコミュニケーション能力が重要な職業です。データベースで管理する情報は多岐に及ぶため、クライアントや社内の関係者とコミュニケーションを取る機会が多いです。

エンジニアと言えども、コミュニケーション能力がかなり問われる職種といえます。

データベースエンジニアになる方法

この章では、未経験からフリーランスのデータベースエンジニアを目指す方法についてご紹介します。

会社で働いて実務経験を積む

未経験からデータベースエンジニアを目指すのであれば、まずは正社員として1年以上の実務経験を積むことをオススメします。

独学でスキルを身につけるよりも、会社に勤めた方が実務を通してデータベースエンジニアとしてのスキルが身につけられ、先輩社員からのフィードバックもあるので成長スピードが早いです。

転職に抵抗がない方は、『マイナビIT AGENT』などのIT業界に強い転職エージェントを活用し、実務経験を積んだ上で独立を目指しましょう。

【2021年】IT業界に強いおすすめ転職エージェントを厳選して10社ご紹介!この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のWebコンサルタントである私の所感をご紹介させていただいた後、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを10社ご紹介します。 記事の最後には、転職エージェントを選ぶポイントや利用手順について解説してますので、これからIT業界に転職される方はぜひ参考にしてみてください。...

動画コンテンツで独学する

就職する前にデータベースエンジニアとしてのスキルを磨きたい方は、独学で学習することになるかと思います。最近では、動画で学べる学習コンテンツが増えてきていて、自宅にいながら動画で学びたいという方はUdemyの講座がオススメです。

Udemyは様々な動画講座を販売しているマーケットプレイスで、データベースエンジニア向けの学習コンテンツが豊富にあります。

Udemy(データベースエンジニア)』には、実績豊富な講師による講座がたくさんにあるので、自分に合った学習コースを選べるかと思います。

【2021年】Udemyの評判は?プログラミングやWebデザインを学びたい方必見! 『Udemy』は、米国法人Udemy,Inc.が運営するオンライン型教育プラットフォームで、主にプログラミングやWebデザイン、...

フリーのデータベースエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランスのデータベースエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

エージェントに登録すると、ブランク期間を空けないように仕事を紹介してくれるので、自分で営業をかけるという労力や精神的な不安を軽減できます。

この章では、データベースエンジニアにおすすめのフリーランス専用エージェントを2社ご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』は、IT Web系エンジニアの専門エージェントです。 フリーエンジニアに特化した求人情報が多数掲載されており、データベースエンジニア向けの案件も多く取り扱っています。※2021年1月時点で約80件掲載。

レバテックフリーランスの利用者は、2人に1人がフリーランス未経験者ですが、業界に詳しいコーディネーターがしっかりと希望をヒアリングしてくれるので、安心して求人を探せます。


出典:https://freelance.levtech.jp/

また、フリーランスに対するフォローも手厚く、税理士も紹介してくれるので、通常より安く確定申告の代行をしてくれます。初めてフリーランスになる方で、エージェントを探す場合はレバテックフリーランスがおすすめです。

ギークスジョブ

ギークスジョブ』は、 ギークス株式会社というIT系の人材会社が運営しており、15年以上の実績がある老舗のフリーエンジニア専門エージェントです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
2021年1月時点で、データベースエンジニア向けの案件は60件以上掲載されています。単価としては、50万円/月〜90万円/月のレンジの案件が多いです。

ギークスジョブはレバテックフリーランスと違い、2年以上経験のある開発者向けのエージェントになっています。

経験者向けのエージェントではありますが、サポート体制はしっかりしており、営業・カウンセリング・サポートの各分野の専任者がフォローしてくれる体制が整っています。また、フリーランス向けの福利厚生もあるので、仕事が決まった後も安心です。


出典:https://geechs-job.com/

データベースエンジニアとしての実務経験が豊富な方は、ギークスジョブがおすすめです。

データベースエンジニアの将来性

近年では、ソフトウェア導入時に最適化されたDBがパッケージングされているというケースが増えてきています。

IT化が進むにつれて、データベースを用意する必要自体は増えていますが、データベースエンジニアという肩書きでの求人数は減少傾向にあります。ただ、求人が減少傾向にあるとはいえ、データベースエンジニアの需要が無くなった訳ではありません。

AIやIoTなどビッグデータと関連性の深い案件については、データを保管するデータ基盤の構築や企業内に分散して保管されたデータを統合するなどの必要があり、業界によってはデータベースエンジニアの需要が高まっています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
これからデータベースエンジニアを目指される方は、求人需要が高まっているビッグデータを取り扱う業界に身をおくことをオススメします。
【2021年】フリーランスエンジニアになるには?仕事内容・年収・案件獲得方法を解説! 現在、会社員のエンジニアとして働かれている方は、副業や独立をするタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、ク...

最後に

以上、フリーのデータベースエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介しました。この記事をご覧の方は、以下の記事もオススメです。

【2021年】これから需要が高まるフリーランスの仕事・職種20選!この記事では、フリーランスとして独立した際の仕事選びを間違えないために、これから需要が高まる職種・仕事を現役のフリーランスである私が厳選してご紹介します。 フリーランスの平均年収は?年収1,000万円を目指す方法でもご紹介しましたが、努力の方法さえ間違えなければ、どの職種も年収1,000万円を目指せます。...

以下の表に、代表的なフリーエンジニア専門エージェントの評判と最高単価をまとめてみました。エージェント選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

フリーエンジニアにおすすめのエージェント10選
名称詳細最高単価
フォスターフリーランス評判を見る230万円/月
ギークスジョブ評判を見る100万円/月
レバテックフリーランス評判を見る160万円/月
Pe-BANK評判を見る200万円/月
ポテパンフリーランス評判を見る100万円/月
tech tree評判を見る120万円/月
クラウドテック評判を見る120万円/月
midworks評判を見る160万円/月
DYMテック評判を見る120万円/月
エンジニアルート評判を見る190万円/月
シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・ライター・動画クリエイターなど、主にWeb系フリーランスが入居しています。

フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひお気軽にご連絡ください!