おすすめのWebスクール

【2021年】DIVE INTO CODEの評判は?リアルな口コミとメリットまとめ

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

この記事では、日々エンジニアの独立をサポートしている私の目線で、プログラミング初学者の方に本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

DIVE INTO CODEは、株式会社DIVE INTO CODEが運営するプログラミングスクールです。この記事では、DIVE INTO CODEを受講するメリットやデメリット、実際の受講者の評判や口コミについてご紹介します。

DIVE INTO CODEとは?

受講区分通学制・オンライン
運営会社株式会社DIVE INTO CODE
場所渋谷駅徒歩5分
価格547,800円 + 入会金100,000円(税込) ※就業達成プログラム
期間4ヶ月 or 10ヶ月
習得スキルHTML/CSS・Git/GitHub・JavaScript・Ruby etc

DIVE INTO CODE』は、株式会社DIVE INTO CODEが運営するプログラミングスクールです。以下の3つのコース(カリキュラム)に分かれています。

Webエンジニアコース(就業達成プログラム)・・未経験からエンジニアとして就職する事を目的とした基礎コース。

Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)・・プログラミングの基礎習得からWebアプリの開発までを経験し、Webアプリ開発周辺の知識を網羅的に身につけるコース。

機械学習エンジニアコース・・『機械学習エンジニアコース』は、今後も最も注目度の高いAI開発ができる機械学習エンジニアになる事を目的としたコース。

Webエンジニアコース(就業達成プログラム)

就業達成プログラムは、未経験からエンジニアとして就職・転職する事を目的とした基礎コースです。

カリキュラムの内容としては、HTML、CSS、JavaScriptといったホームページ制作を行うために必要なフロントエンド開発を中心に、Ruby on RailsやVue.js、サーバーサイドのAWS環境構築といった開発現場で求められるスキルも習得していきます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
現場で使える実践的なスキルを習得し、就職・転職活動に活かすことが目的です。

Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)

ベーシックプログラムは、アプリ開発ができるスキルを身につけて、自分のアイデアを元に事業化する事を目的としたコースになります。前述の就業達成プログラムは、就職・転職することが目的なので大きく異なります。

このコースは、就業達成プログラム同様Ruby on Railsを学ぶところまでは一緒ですが、その後はプレゼンスキルなども学び、卒業課題としてオリジナルのアプリ開発・リリースし、DEMODAYというDIVE INTO CODEのイベントで発表する事がゴールです。

機械学習エンジニアコース

機械学習エンジニアコース』は、最近最も注目度の高いAI開発ができる機械学習エンジニアになる事を目的としたコースになります。

Pythonや数学を事前学習しておき、Kaggle・API構築・DB・SQL・BigQuery・Webなどの機械学習の理解を深め、就職活動をして機械学習エンジニアとして就職・転職することを目指すコースです。

DIVE INTO CODEのメリットまとめ

DIVE INTO CODEを受講するメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

転職サポートが充実している

DIVE INTO CODEは人材紹介会社のレバレジーズと提携しているので、無事に卒業できれば推薦がもらえ、有利に転職活動を進めることができます。

出典:https://diveintocode.jp/

就職実績を見ると、楽天をはじめとした大手IT企業やベンチャー企業に就職されている方が多いです。

【2021年】IT業界に強いおすすめ転職エージェントを厳選して10社ご紹介!この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のWebコンサルタントである私の所感をご紹介させていただいた後、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを10社ご紹介します。 記事の最後には、転職エージェントを選ぶポイントや利用手順について解説してますので、これからIT業界に転職される方はぜひ参考にしてみてください。...

受講期間にゆとりがある

DIVE INTO CODEでもっともメジャーなコースの期間は6ヶ月です。

6ヶ月のコースは2週に1度、オンラインでの授業が2時間あります。残りは自分のペースで課題やテキストを進めることができるので、会社員と並行して学習することができます。

オンラインテキストの無制限閲覧

DIVE INTO CODEの卒業生は、教材として使ったオンラインテキストを無期限で閲覧することができます。これは、他のプログラミングスクールにはないメリットです。

また、校舎の利用やDEMODAY等のイベントにも継続的に参加することができます。 なので、卒業生同士のコミュニティが活発なのもDIVE INTO CODEの特徴です。

DIVE INTO CODEの評判・口コミ

実際に、DIVE INTO CODEを利用しているユーザーの、Twitterに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ご覧の通り、DIVE INTO CODEを活用しているユーザーの満足度はとても高いように思います。次の章で、口コミや自分の実体験をもとに、DIVE INTO CODEの活用をおすすめできる方の特徴をご紹介します。

DIVE INTO CODEはどんな人におすすめ?

未経験からWebエンジニアとして転職を目指している方に、『DIVE INTO CODE』はおすすめです。前述の通り、人材紹介会社のレバレジーズと提携しているので、無事に卒業できれば推薦がもらえ、有利に転職活動を進めることができます。

また、現役エンジニアによる講義や、現場で使える実践的なスキルが身に付くカリキュラムになっているので、独学では学べないことを数多く学べます。

入学するには事前試験がありますが、本気でエンジニアになりたいという強い気持ちがある方は、無料カウンセリングを利用することをおすすめします。

他の大手スクールとの比較

この章では、受講生の満足度が高い大手プログラミングスクール2社とDIVE INTO CODEを比較した際の特徴についてご紹介します。

プログラミングスクールは各社独自の強みがあるので、無料の説明会や体験レッスンに参加して、自分の条件にマッチしたスクールを選ぶようにしましょう。

それでは、順に見ていきましょう。

テックキャンプ:転職成功率99%

おすすめ度
受講区分通学・オンライン
運営会社株式会社div
場所東京(渋谷)・大阪(難波)・名古屋(栄)・福岡
価格月々19,600円〜(税込) ※入学金不要
期間最短10週間
習得スキルHTML/CSS・JavaScript・Ruby on Rails・GitHub・SQL・ネットワーク・サーバー構築 etc

テックキャンプ(エンジニア転職)』は、プログラミング未経験からエンジニアとして転職したい方におすすめのスクールです。

テックキャンプの受講終了後に、転職支援を利用したユーザーの転職成功率は99%と高い実績を残しています。エンジニア転職に成功しなかった場合、受講料を全額返金する制度を採用しているので、講師のサポートがかなり手厚いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
受講期間中は専任の講師にいつでも質問し放題で、オンラインでの受講でも挫折しない学習環境が整っています。

・「短期集中 or 週末集中」「オンライン or 通学」など受講スタイルが選べる

・転職に成功しなかった場合は受講料を全額返金

・成功率99.0%・転職成功者2,000名以上

・年齢制限がなく30代の受講者も多い

TechAcademy Pro:オンラインスクール実績No1

おすすめ度
受講区分オンライン
運営会社キラメックス株式会社
価格327,800円(税込)
期間12週間
習得スキルHTML/CSS・Java etc

TechAcademy Pro』は、12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指すコースです。受講終了後に転職が決まらなかった場合、受講料を全額返金する返金保証付きです。

TechAcademyはオンライン完結型である点が最大の特徴で、週2回のマンツーマンメンタリング、毎日15時〜23時のチャットサポートがによりオンラインでも挫折しづらい学習環境が整っています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
キャリアカウンセラーによる自己分析のサポート、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、求人紹介等のサポートがあるので、転職活動自体が初めての方でも安心して受講することができます。

・オンライン完結型スクールとしては実績No1

・講師にいつでも質問可能

・万が一内定が出ない場合受講料全額返金

・キャリアカウンセラーによるサポートが手厚い

【2021年】おすすめの通学/オンライン型プログラミングスクールを徹底比較!この記事では、プログラミングスクールの選び方や、SNS上で評判が良いプログラミングスクールを厳選してご紹介します。各スクールの特徴を比較しつつ、SNS上のリアルな口コミも掲載してますので、ぜひ参考にしてみてください。...

最後に

以上、DIVE INTO CODEの特徴や評判についてご紹介しました。以下の表に、主要なプログラミングスクールの特徴や評判をまとめてみましたので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

名称詳細受講区分
テックキャンプ評判を見る通学・オンライン
tech boost評判を見る通学・オンライン
ポテパンキャンプ評判を見る通学・オンライン
DIVE INTO CODE評判を見る通学・オンライン
KENスクール評判を見る通学
CodeCamp評判を見るオンライン
TechAcademy評判を見るオンライン
DMM WEBCAMP評判を見るオンライン
侍エンジニア塾評判を見るオンライン
Udemy評判を見る動画
SkillHacks評判を見る動画
【エリア別】おすすめのプログラミングスクール

この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

【2021年】Webデザインを学びたい方におすすめのスクール・教室10選!この記事では、そもそもWebデザイナーになるためには何を学べばいいの?何を基準にスクールを選べばいいの?などの点に留意しながら、知名度や実績があるWebデザインスクールを厳選して10社ご紹介します。...
【2021年】プログラミングを学びたい方におすすめの本15選! この記事では、これからプログラマーを目指したいと考えている方向けに、「プログラミングの概要」「HTML/CSS(+JavaScr...
シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!