おすすめのWebスクール

【2021年】DIVE INTO CODEの評判・口コミや料金

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、エンジニアの独立支援を生業としている私の目線で、プログラミング初学者の方に役立つ情報を厳選してご紹介します。

DIVE INTO CODEは、株式会社DIVE INTO CODEが運営するプログラミングスクールです。

この記事では、実際にDIVE INTO CODEを受講したユーザーの口コミや評判をもとに、DIVE INTO CODEを受講するメリットやデメリットをご紹介します。

DIVE INTO CODEとは?

受講区分通学制・オンライン
運営会社株式会社DIVE INTO CODE
場所渋谷駅徒歩5分
価格547,800円 + 入会金100,000円(税込) ※就業達成プログラム
期間4ヶ月 or 10ヶ月
習得スキルHTML/CSS・Git/GitHub・JavaScript・Ruby etc

DIVE INTO CODE』は、株式会社DIVE INTO CODEが運営するプログラミングスクールです。以下の3つのコース(カリキュラム)に分かれています。

・『Webエンジニアコース(就業達成プログラム)』・・未経験からエンジニアとして就職する事を目的とした基礎コース。

・『Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)』・・プログラミングの基礎習得からWebアプリの開発までを経験し、Webアプリ開発周辺の知識を網羅的に身につけるコース。

・『機械学習エンジニアコース』・・機械学習エンジニアコースは、今後も最も注目度の高いAI開発ができる機械学習エンジニアになる事を目的としたコース。

Webエンジニアコース(就業達成プログラム)

就業達成プログラムは、未経験からエンジニアとして就職・転職する事を目的とした基礎コースです。

カリキュラムの内容としては、HTML、CSS、JavaScriptといったホームページ制作を行うために必要なフロントエンド開発を中心に、Ruby on RailsやVue.js、サーバーサイドのAWS環境構築といった開発現場で求められるスキルも習得していきます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
現場で使える実践的なスキルを習得し、就職・転職活動に活かすことが目的です。

Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)

ベーシックプログラムは、アプリ開発ができるスキルを身につけて、自分のアイデアを元に事業化する事を目的としたコースになります。前述の就業達成プログラムは、就職・転職することが目的なので大きく異なります。

このコースは、就業達成プログラム同様Ruby on Railsを学ぶところまでは一緒ですが、その後はプレゼンスキルなども学び、卒業課題としてオリジナルのアプリ開発・リリースし、DEMODAYというDIVE INTO CODEのイベントで発表する事がゴールです。

機械学習エンジニアコース

機械学習エンジニアコース』は、最近最も注目度の高いAI開発ができる機械学習エンジニアになる事を目的としたコースになります。

Pythonや数学を事前学習しておき、Kaggle・API構築・DB・SQL・BigQuery・Webなどの機械学習の理解を深め、就職活動をして機械学習エンジニアとして就職・転職することを目指すコースです。

\教育訓練支援給付金の対象講座/

DIVE INTO CODEのメリットまとめ

DIVE INTO CODEを受講するメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

転職サポートが充実している

DIVE INTO CODEは人材紹介会社のレバレジーズと提携しているので、無事に卒業できれば推薦がもらえ、有利に転職活動を進めることができます。

出典:https://diveintocode.jp/

就職実績を見ると、楽天をはじめとした大手IT企業やベンチャー企業に就職されている方が多いです。

【2021年】IT業界・エンジニア求人に強いおすすめの転職エージェント10選 この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のIT/Webコンサルタントである私の所感をご紹介した後、IT業界・エンジ...

受講期間にゆとりがある

DIVE INTO CODEでもっともメジャーなコースの期間は6ヶ月です。

6ヶ月のコースは2週に1度、オンラインでの授業が2時間あります。残りは自分のペースで課題やテキストを進めることができるので、会社員と並行して学習することができます。

オンラインテキストの無制限閲覧

DIVE INTO CODEの卒業生は、教材として使ったオンラインテキストを無期限で閲覧することができます。これは、他のプログラミングスクールにはないメリットです。

また、校舎の利用やDEMODAY等のイベントにも継続的に参加することができます。 なので、卒業生同士のコミュニティが活発なのもDIVE INTO CODEの特徴です。

DIVE INTO CODEの評判・口コミ

実際に、DIVE INTO CODEを利用しているユーザーの、Twitterに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ご覧の通り、DIVE INTO CODEを活用しているユーザーの満足度はとても高いように思います。次の章で、口コミや自分の実体験をもとに、DIVE INTO CODEの活用をおすすめできる方の特徴をご紹介します。

DIVE INTO CODEはどんな人におすすめ?

未経験からWebエンジニアとして転職を目指している方に、『DIVE INTO CODE』はおすすめです。前述の通り、人材紹介会社のレバレジーズと提携しているので、無事に卒業できれば推薦がもらえ、有利に転職活動を進めることができます。

また、現役エンジニアによる講義や、現場で使える実践的なスキルが身に付くカリキュラムになっているので、独学では学べないことを数多く学べます。

入学するには事前試験がありますが、本気でエンジニアになりたいという強い気持ちがある方は、無料カウンセリングを利用することをおすすめします。

・カリキュラムは総学習時間720時間の大ボリューム

・同期とペアプログラミングできる

・年齢制限がない

・通学して学習するのがおすすめ

\教育訓練支援給付金の対象講座/

よくある質問

いつから学べますか?

年に4回開講しております。開講月:1月、4月、7月、10月現場で活躍できるエンジニアになっていただくために、また学びを最大化を図るためにペアプログラミングやチーム開発等を学習内で取り入れております。
そのため、受講期毎に受講生様を募っております。

開講の3ヶ月前から募集しており、入校手続き完了次第、学習を開始いただけます。また、オリエンテーションまでに事前課題がございますので、早めに入校手続きを完了させ、学習を開始ください。

年齢制限はありますか?学生でも受講はできますか?

年齢制限は設けておりません。意欲のある方であれば不問です。

受講期間内に卒業ができない場合は、どうなりますか?

受講期間内に卒業できなかった場合、コースを終了するか、受講期間をご延長いただくかをご選択いただけます。
ご延長となる場合、別途ご延長のお申込みと延長分のご受講料のお支払いが必要となります。詳しくは、DIVE INTO CODE事務局までお問い合わせください。

どのくらいの学習時間が必要ですか?

フルタイムは毎日8時間から12時間の学習が必要です。この時間数は、未経験から学習を始めた方が卒業するまでにかかる学習の平均時間です。
語学や他のスキル修得と同様に、より知識を深く身につけるためには、それ相応の学習時間が必要となります。詳しくは、各コースのカリキュラムをご覧ください。

就職サポートとはどのようなものでしょうか?

弊社では下記のような就職サポートをしております。
・企業説明会の開催
・履歴書 / 職歴書レビュー
・求人紹介 / 面接対策
・就職活動サポート講演

引用:DIVE INTO CODE公式サイト

他の大手スクールとの比較

この章では、受講生の満足度が高く実績豊富なオンライン完結型のスクールと、通学制のスクールをそれぞれ1社ずつご紹介します。

・CodeCamp:オンライン完結型のスクールとしては業界No.1の実績

・tech boost:コスパ良くRuby・PHPが学べる

プログラミングスクールは各社独自の強みがあるので、無料説明会や体験レッスンに参加して、自分の条件にマッチしたスクールを選ぶようにしましょう。

CodeCamp | オンライン完結型のスクールとしては業界No.1の実績

おすすめ度
受講区分オンライン
運営会社コードキャンプ株式会社
コースプレミアムコース・Webマスター・デザインマスターコース等
価格148,000円(税込)〜 ※業界最安
期間コースにより異なる(2ヶ月・4ヶ月・6ヶ月)
習得スキルHTML/CSS・JavaScript・Swift・PHP・MySQL・Ruby・Java etc

CodeCamp』は、オンライン型のプログラミングスクールの中では最も人気・実績のあるスクールです。毎日7時〜24時の間でレッスンを受講することができるので、会社員の方でも平日の朝晩や土日を活用して受講することができます。

レッスンのクオリティを担保するために、実践的なカリキュラムに基づいたマンツーマンレッスンにこだわっています。


出典:https://codecamp.jp/

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
大手IT企業で勤務経験があるフリーエンジニアを中心とした講師を採用することで、質の高い講義を実現しています。

・オンライン完結型のスクールとしては業界No.1の実績

・低価格(業界最安)のマンツーマンレッスンが特徴

・早朝7時から夜24時まで講義を受けられる

現役エンジニアが徹底サポート/

tech boost | コスパ良くRuby・PHPが学べる

おすすめ度
受講区分通学・オンライン
運営会社株式会社Branding Engineer
住所tech boost渋谷教室(東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル6F)
価格スタンダード:入学金 126,500円 月額料金 32,780円
ブースト:入学金 219,780円 月額料金 32,780円
※価格はすべて税込
期間3ヵ月・6ヶ月・12ヶ月
習得スキルHTML/CSS・Ruby/Ruby on Rails etc

tech boost』を運営する株式会社Branding Engineerは、エンジニア専門のキャリアサービスを得意とし、エンジニアの人材事業でかなり実績がある会社です。

一般的に、他の大手スクールに通うとなると60万円近い受講料がかかってしまいますが、tech boostならその半額の30万円程度で受講可能です。


出典:https://tech-boost.jp/

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
tech boostでは、チャットやビデオ通話などを使って経験豊富な現役エンジニアのメンターにいつでも質問できます。

プログラミング初学者の割合が96%となっていることから、特に未経験者からの支持を得ていることがわかります。

・大手プログラミングスクールよりコスパが良い

・通学(渋谷教室のみ)・オンラインの2種類のプランがある

・メインのRuby・PHPの2コースだけでなく、ブロックチェーン・AI・IoTなどの最新技術のサブカリキュラムが受講期間中は学び放題

・未経験からの学習でも挫折しないサポート体制

\通学・オンラインどちらもOK/

【2021年】フリーランスを目指す方におすすめのプログラミングスクール リモートワーク可能で求人が豊富なエンジニアの仕事は、副業収入を得たいサラリーマンやフリーランスに人気の職業となっています。 ...

最後に

以上、DIVE INTO CODEの特徴や評判についてご紹介しました。以下の表に、主要なプログラミングスクールの特徴や評判をまとめてみましたので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

おすすめのオンラインスクール
名称詳細オススメ度
CodeCamp評判を見る
RaiseTech評判を見る
ランテック評判を見る
侍エンジニア塾評判を見る
DMM WEBCAMP評判を見る
TechAcademy評判を見る
ポテパンキャンプ評判を見る
おすすめの通学制スクール
名称詳細オススメ度
tech boost評判を見る
テックキャンプ評判を見る
テックアイエス評判を見る
DIVE INTO CODE評判を見る
KENスクール評判を見る
無料で学べるプログラミングスクール
名称詳細オススメ度
0円スクール評判を見る
ギークジョブ評判を見る
プログラマカレッジ評判を見る
ネットビジョンアカデミー評判を見る
AIや機械学習が学べるスクール
名称詳細オススメ度
Aidemy評判を見る
ikus.ai評判を見る
データミックス評判を見る

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!