税金・社会保険の基礎知識

フリーランスの青色申告に必要な書類・手続き方法を解説

この記事を読んでわかること

フリーランスが知っておくべき確定申告の基礎知識
青色申告のメリットや白色申告の違い
青色申告をする上でクラウドおすすめの会計ソフト

フリーランスは会社員と違い、自分で確定申告を行い、所得税や住民税などの税金を納める必要があります。

この記事では、白色申告と青色申告の違いや、青色申告での確定申告の流れについてご紹介します。

フリーランスが知っておくべき確定申告の基礎知識

確定申告とは、「1月1日〜12月31日までの1年間、フリーランスとしての収入や支出、所得がこれだけあったので、所得税や住民税、社会保険料などの税金をこれだけ支払います」ということを、毎年2月15日〜3月15日の期間内に税務署に申告し、納税額を確定することを指します。

ここでいう収入・支出・所得は以下のことを指します。

収入・・事業の売上高
支出・・事業に必要な経費
所得・・売上から経費を差し引いた額

フリーランスは、1年間の所得の合計が38万円を超えると確定申告をする必要があります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
逆に、所得金額が38万円以下の場合は、基礎控除38万円と相殺されて、納める税金がないので確定申告は不要です。

確定申告(青色申告)の流れ

1月1日〜今年度の事業スタート
〜3月15日税務署に青色申告承認申請書を提出。新規に開業した方は、開業から2ヶ月以内
毎月月末にfreeeで帳簿付けを行う。領収書は綺麗に保管しておく
1月1日〜2月14日帳簿をもとに決算書を作成。決算書をもとに確定申告書を作成
2月15日〜3月15日税務書に確定申告書を提出
3月15日〜納税

確定申告の流れを時系列で並べると上記のようになります。余裕を持って確定申告するために、毎月1回は帳簿を行うことをおすすめします。

フリーランスは、経費を支払った際に領収書と請求書を保管しますが、年末年始にまとめて帳簿付けを行うと、保管している領収書が何の経費として使用したのか忘れてしまいます。それを思い出したり、修正したり・・に時間を取られてしまうと、記憶が新しいうちに帳簿するよりも倍近い時間がかかってしまいます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
自分の場合、『freee』で毎月月末に帳簿していて、1回の作業時間はだいたい約5分ほどです。年間で換算すると約1時間(5分×12ヶ月)で確定申告に必要な書類、損益計算書、貸借対照表を作成できています。

期限内に申告できないとどうなる?

2月15日〜3月15日に期限内の確定申告を行わず、期限後に申告した場合、以下のペナルティを受ける可能性があります。

無申告加算税

無申告加算税は、納めるべき税額のうち50万円までは15%50万円を超える部分は20%の割合を乗じた金額を支払う必要があります。

ただし、税務調査前に自主的に期限後申告を行った場合は軽減措置があり、納めるべき税額全体に対して5%の割合を乗じた金額となります。

青色申告控除65万円が受けられなくなる

期限後申告を行った場合、65万円の控除は受けられず10万円控除となります。控除が減るので、納めるべき税金が増えてしまいます。

2年連続の期限後申告は青色申告が取り消される

2年連続で期限後申告をすると、青色申告の承認が取り消されます。去年期限後申告をしてしまった方は、細心の注意を払いましょう。

参照:国税庁(確定申告を忘れたとき)

確定申告の方法は3通り

確定申告は、以下の3通りの方法があります。

・青色申告65万円控除・・最もおすすめ。フリーランスはこれ一択。
・青色申告10万円控除・・65万円控除の要件に適用できなければ仕方なくこの方法。
・白色申告控除なし・・税務署に青色申告承認申請書を出し忘れたら仕方なくこの方法。

控除の額を考えると、フリーランスは青色申告65万円控除の一択です。65万円控除を受ける条件は以下の通りです。

①税務署に青色申告承認申請書を提出している
②不動産所得か事業所得のいずれかがある
③日々の取引を複式簿記で記帳している
④確定申告時に貸借対照表と損益計算書を添付する
⑤申告期限内に提出する

参照:国税庁(青色申告制度)

一見難しそうに見えますが、『freee』のようなクラウド会計ソフトで帳簿すると、簿記の知識がなくても65万円の控除を簡単に受けることができます。『MFクラウド会計』や『やよいの青色申告』も使い勝手が良くおすすめです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
自分の知り合いを見ていると、フリーランス1年目に、①の青色申告で確定申告を行う事業年度の3月15日までに、青色申告承認申請書を提出する必要があることを知らず、泣く泣く白色申告するケースをよく見かけます。

このようなうっかりミスさえしなければ、誰でも簡単に65万円の控除を受けることができるので、必ず青色申告65万円控除で確定申告をしましょう。

【2022年】税金や確定申告の勉強におすすめの本11選この記事では、税金や確定申告の勉強におすすめの本をランキング形式で11冊ご紹介します。...

自分で青色申告するならクラウド会計ソフトfreeeがおすすめ

運営会社freee株式会社
料金(個人)スターター980円/月〜 / スタンダード1,980円/月〜 / プレミアム3,316円/月
料金(法人)ミニマム1,980円/月〜 / ベーシック3,980円/月〜 / プロフェッショナル39,800円/月〜
主な機能確定申告書類の作成 / 申告書類の提出 / 見積・請求書・納品書作成 / レシート写真の読み取り / 入金・支払管理レポート / チャット・メールサポート

freee』は簿記の知識がなくても、簡単に帳簿付けができる確定申告ツールです。

自分もfreeeを利用していますが、銀行口座やクレジットカードと同期しておくと、データが同期され勘定科目や金額を入力する手間が省けてとても便利でした。


出典:https://www.freee.co.jp

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
自分の場合、フリーランス1年目は確定申告を一人で完結させるのが不安だったので、freee専門の税理士に帳簿の修正をお願いしました。

1回5万円以下の料金で、帳簿の修正はもちろんのこと、freeeの使い方や確定申告について丁寧に教えてくださったので、問題なく確定申告を終えることができました。

プランが3つあって迷いますが、基本的に売上が1,000万円に満たないフリーランスの方は、スタータープランがおすすめです。

・簿記の知識がなくても帳簿できる

・領収書を画像で読み込んで帳簿できる

・入出金明細を読み込み自動仕分け

・経理作業を行えば記帳が自動化される

・POSや電子マネーと連携できる

・慣れるまでは時間がかかる

スマホひとつで確定申告/

当サイトが最もおすすめするクラウド会計ソフトについて知りたい方は、関連記事「フリーランスにおすすめの会計ソフト3社を徹底比較」をご覧ください。

最後に

以上、フリーランスが必ず頭に入れておくべき、確定申告の基礎知識をご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

・確定申告は、毎年2月15日〜3月15日の期間内に税務署に申告し、納税額を確定することを指す

・フリーランスは、1年間の所得の合計が38万円を超えると確定申告をする必要がある

・期限内に申告しなかった際のデメリット(税率が高くなる/青色申告控除65万円が受けられない/2年連続の期限後申告は青色申告が取り消される)

・フリーランスは青色申告65万円控除の一択

・青色申告を簡単に終わらせるならfreeeがおすすめ

自分がフリーランス1年目の頃は、仕事のことで頭がいっぱいで、税金について深く考えることができませんでした。なので、これからフリーランスに挑戦しようと考えられている方は、余裕がある会社員のうちに、税金についての理解を深めておくことをおすすめします。

フリーランスが必ず知っておくべき税金のルールについて知りたい方は、以下の記事をステップ①から順に読まれることをオススメします。

フリーランスが知っておくべき税金の知識
  1. フリーランスが支払うべき税金の種類
  2. 正しく節税する方法
  3. 確定申告(青色申告)の方法
  4. フリーランスに人気の会計ソフト
  5. 請求書源泉徴収領収書のルールについて
  6. インボイス制度(消費税)の概要
  7. 節税に有効な法人化のタイミング