おすすめフランチャイズ本部 PR

【2024年】フィットネスジムでおすすめのフランチャイズ5選

この記事では、数あるフィットネスジムフランチャイズ本部を徹底比較し、おすすめのフランチャイズ本部のみを厳選して5社ご紹介します。

比較検証は以下の4項目について行いました。

初期費用・ランニングコスト
予想収益・投資利回り
本部によるサポートの手厚さ
フランチャイジーの口コミ良好度

各社、無料で説明会や個別相談会を実施しているので、必ず参加して開業資金や運営資金の目安、予想収益を確認して、納得行くまでキャッシュフローシミュレーションを行うようにしましょう。

【編集長おすすめサービス】

フィットネスジムのフランチャイズ本部を比較検討しつつ、資料請求したり加盟説明会に参加したい方は、FC比較サイトであるアントレnet・フランチャイズの窓口への登録がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
アントレnet
運営実績10年以上の日本最大級FC比較サイト。掲載されているフランチャイズ本部数は業界最多。業種・エリア・フリーキーワードでFC本部を検索可能。
【第2位】
フランチャイズの窓口
1万名を超えるフランチャイズ開業の支援実績あり。「副業におすすめ」「夫婦で開業」など、独自の切り口でFC本部を掲載。専任のアドバイザーが希望にマッチした本部を紹介。

フィットネスジムのフランチャイズ開業に必要な資金

フィットネスジムを開業するために、必要な初期費用は約500~3,000万円ほどです。店舗サイズにより物件取得費や内装費、備品取得費が大きく変動します。

加盟金に関しては、100~400万円ほどが相場で、ロイヤリティは10万円前後で設定されていることが多いです。

開業後のランニングコストについては、家賃や人件費、水道光熱費、広告費、ロイヤリティなどが挙げられます。毎月50万円〜100万円前後のランニングコストがかかるケースが多いです。

もし、ジムにシャワーや銭湯、サウナを設ける場合は、水道光熱費がさらに高くなるでしょう。ジムのランニングコストはジムの形態によって変動するため注意が必要です。

2024年最新!フィットネスジムおすすめフランチャイズ5選

この章では、フィットネスジムでおすすめのフランチャイズ本部を厳選して5社ご紹介します。各社、初期費用やロイヤリティ、売上目安について掲載しているので、ぜひ比較検討してみてださい。

それでは、順に見ていきましょう。

ハコジム | 初期投資は一般的なジムの1/10

総合評価
募集エリア 全国
店舗面積 20坪前後
加盟金 150万円
初期費用 約650万円

ハコジム』は24時間完全無人のジムです。スタッフが店舗に常駐する必要がないので、副業での経営も可能です。

初期投資は一般的なジムの1/10。フランチャイズ加盟金も低額に抑えられています。 毎月の人件費はパーソナルトレーナーへの委託費と清掃代のみです。
※パーソナルトレーナーへの委託費は指導実施時のみ発生。

必要な面積は20坪前後で、2階以上でも開業です。立地だけに頼らない集客力で、築年数の古い物件や雑居ビルの高層階での運営実績もあります。

LifeFit | 3年以内の投資回収を目指せる無人ジム

総合評価
募集エリア 全国
契約期間 6年間
ロイヤリティ 売上の15%
加盟金 250万円
初期費用 1,000万円〜3,000万円(サイズで変動)

LifeFit』は、月額2,980円(税別)で通い放題×専用アプリで手続きが完結する次世代のフィットネスジムです。

独自の機材仕入れルートとシステムを提供しており、従来の24h型ジムの約1/8のコストで出店できる仕組みを実現しました。

一般的なフィットネスジムにおいては、投資回収期間が約7〜8年と言われていますが、LifeFitでは3年以内の投資回収を目指せます。

アシスト24 | 初期費用2,000万円前後で最短14ヶ月回収

総合評価
募集エリア 全国
加盟金 250万円
初期費用 要問合せ

アシスト24』は、24時間営業のフィットネスジムを展開しており、有酸素運動マシンやウェイトマシンを設置しています。

プールやスタジオを持たないので、固定費や修繕費などを抑えて運営できます。

アシスト24の加盟金は250万円であり、物件取得費やマシンの購入費を含めると2,000万円前後の初期費用がかかります。本部による物件選定や資金調達のサポート、5日間の初期研修を提供しているので、フィットネス未経験者でもすぐに開業できます。

ファストジム24 | 最も利用頻度の高いマシンに特化したジム

総合評価
募集エリア 全国
加盟金 要問合せ
初期費用 要問合せ

ファストジム24』は、前述のアシスト24と同じく24時間営業のフィットネスジムを展開しており、有酸素運動マシンやウェイトマシンを設置しています。プールやスタジオを持たず、最も利用頻度の高いジムに特化しています。

本部によるサポートが手厚く、店舗運営に精通した直営店のマネージャーが運営指導・店舗のサポートを行なってくれます。

ストック型の売上・利益構造であるため、長期安定型のフランチャイズ経営が期待できます。

エニタイムフィットネス | 初期費用8,000万~1億円必要

総合評価
募集エリア 全国
売上目安 600万円/月
初期費用 8,000万~1億円
ロイヤルティ 7.5万円/月

エニタイムフィットネス』を開業するには、8,000万~1億円の初期費用が必要です。主な内訳は以下の通りです。

・マシンの設備代:2,000万円
・内装工事費:3,500~4,000万円(100坪の場合)
・フランチャイズ加盟金:500万円
・仲介手数料/保証料/物件取得費:1,500~3,500万円

エニタイムフィットネスでは最新のマシンを導入しているため、ほかのフィットネスジムよりマシンの設備代がかなり高めです。

1店舗あたりの売上目安は600万円/月、営業利益は200万円/月です。毎月のランニングコストは400万円/月ほどかかります。

まとめ

以上、フィットネスジムでおすすめのフランチャイズ本部を厳選して5社ご紹介しました。

各社、無料で説明会や個別相談会を実施しているので、必ず参加して開業資金や運営資金の目安、予想収益を確認して、納得行くまでキャッシュフローシミュレーションを行うようにしましょう。

当記事で紹介したフランチャイズ本部以外にも、複数の本部を比較検討したい方はFC比較サイトへの登録がおすすめです。

【編集長おすすめサービス】

フィットネスジムのフランチャイズ本部を比較検討しつつ、資料請求したり加盟説明会に参加したい方は、FC比較サイトであるアントレnet・フランチャイズの窓口への登録がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
アントレnet
運営実績10年以上の日本最大級FC比較サイト。掲載されているフランチャイズ本部数は業界最多。業種・エリア・フリーキーワードでFC本部を検索可能。
【第2位】
フランチャイズの窓口
1万名を超えるフランチャイズ開業の支援実績あり。「副業におすすめ」「夫婦で開業」など、独自の切り口でFC本部を掲載。専任のアドバイザーが希望にマッチした本部を紹介。