稼げるフリーランスの仕事

フルスタックエンジニアとは?必要なスキルや仕事内容、年収について解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、エンジニアの独立支援を生業とする私の目線で、エンジニアに役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事をご覧の方は、ひとりで何役ものエンジニア業務をこなすことができる「フルスタックエンジニア」を目指している方が多いと思います。

この記事では、フルスタックエンジニアの仕事内容や必要なスキル、年収相場について解説していきます。

フルスタックエンジニアとは?

フルスタックエンジニアとは、システム開発やWeb開発などのエンジニアリング業務において、設計から開発・運用まで全ての行程を担えるエンジニアを指します。

通常は、フロントエンドエンジニアやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアなどの専門スキルをもったエンジニアが、それぞれの持ち場を担当する形でプロジェクトを遂行するのですが、フルスタックエンジニアは全ての工程を一気通貫で担います。

ベンチャー企業やスタートアップなど資金が潤沢ではない企業では、多くのエンジニアを抱えることができないので、メンバーにフルスタックエンジニアが登用されているケースが多いです。

フルスタックエンジニアの仕事内容

幅広い範囲の業務を担うフルスタックエンジニアですが、この章では具体的な仕事内容についてご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう。

フロントエンド開発

ユーザーが直接見たり触れたりできる部分を開発するのがフロントエンド開発です。デザイナーが制作したワイヤーフレームやデザインカンプをもとに、エンジニアがコーディングして実装します。

フロントエンド開発にはHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使用するのが一般的で、サーバーサイドの知見も必要になってきます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フルスタックエンジニアがフロントエンド開発を行えると、会社としてはコーダーを採用する必要性がなくなりますね。
フロントエンドエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、フロントエンドエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリ...

バックエンド開発

ユーザーからは見えないサーバー側で動作する部分を開発するのがバックエンド開発です。

例えば、ECサイトで注文を行う際の決算処理や在庫連携、発送管理などが機能しているのは、バックエンドでシステムが処理しているからです。

一般的に、このバックエンド開発を行うのはバックエンドエンジニアで、JavaやPHP、Rubyといったプログラミング言語を使用して開発を進めます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フロントエンドもバックエンドも両方開発できるフルスタックエンジニアが在籍している場合、双方に担当のエンジニアがいるよりもスムーズに開発を進めることができます。
初心者がPHPを独学で学ぶのは難しい?資格の種類や勉強方法を解説! この記事をご覧の方は、「PHPって初心者が独学で学習できるものなのかな・・」とお悩みの方が多いかと思います。 結論、可能で...
初心者がRubyを独学で学ぶのは難しい?資格の種類や勉強方法を解説! この記事をご覧の方は、「Rubyって初心者が独学で学習できるものなのかな・・」とお悩みの方が多いかと思います。 結論、可能...

アプリ開発

iPhoneやAndroid、Webアプリなどスマホアプリの開発では使用する言語やツールが大きく異なります。Objective-C、Swift、Kotlin、Javaなど異なる言語ごとにエンジニアが分けられるのが一般的です。

iOSとAndroidとではそれぞれの端末の挙動が異なり、モバイル特有の技術や決まりごともあるので、全てのアプリ開発を1人でこなすのはかなり至難の技です。

一方で、全てのアプリ開発を一気通貫で担えるフルスタックエンジニアがいれば、より連動性の高い開発が可能になります。

iOSエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、iOSエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリーエンジ...

インフラ周り

ネットワークやサーバー関連のインフラ構築や保守運用、監視についても専門スキルを持ったエンジニアがそれぞれ担当するのが一般的です。

サーバーのセットアップや日々のバックアップなど、万が一のシステムダウン時に備えるのがインフラエンジニアの仕事です。

インフラ周りをフルスタックエンジニアが担当すると、もし仮にWebサイトがダウンしたとき、インフラエンジニアの対応をバックエンドエンドエンジニアがひたすら待って復旧させるといった手順が不要になります。

インフラエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、インフラエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリーエン...

フルスタックエンジニアの年収

残念ながら、フルスタックエンジニアの定義が曖昧であるため、フルスタックエンジニアに特化した年収のデータはありませんでした。経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果」によると、エンジニアの平均年収は592万円です。

もちろん、フルスタックといわれる以上は一般的なエンジニアの平均年収よりは高く、エンジニア数人分の仕事を1人でこなすので年収アップの交渉要素はかなり豊富にあります。

また、フルスタックエンジニアはフリーエンジニアとして独立することも容易で、フリーエンジニア専門エージェントをのぞくと、月70~100万円ほどの単価でフルスタックエンジニアを募集している企業を見つけることができました。

【職種別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの平均年収
職種平均年収
セキュリティエンジニア600万円
インフラエンジニア720万円
ネットワークエンジニア750万円
wordpressエンジニア756万円
データベースエンジニア780万円
システムエンジニア860万円
フロントエンドエンジニア876万円
PMPMO900万円
AIエンジニア948万円
iosエンジニア936万円
【言語別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの年収
言語平均年収最高年収
PHP720万円960万円
VBA720万円890万円
JavaScript800万円1640万円
C#828万円1010万円
Unity840万円1020万円
Java852万円960万円
Swift900万円1680万円
Python924万円1380万円
Ruby960万円1290万円
SAP1080万円1500万円

フルスタックエンジニアを目指すメリット

転職を有利に進めることができる

前述の通り、フルスタックエンジニアはフロンドエンドからバックエンド、インフラ周りまで複数の工程を担うことができるので、経営者側からするとエンジニアの採用コストや育成コスト、月々の人権費を抑えることができます。

特にベンチャー企業やスタートアップは月々の固定費を安易に増やすことはできないので、複数のスキルや経験を持つフルスタックエンジニアを積極的に採用しています。

一方で、開発のあらゆる工程を1人でこなすのはまぎれもなく激務です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
開発には要件定義・設計・開発・テスト・稼働・運用といった工程があり、それぞれに担当のエンジニアがつきます。

しかし、フルスタックエンジニアはこれらの工程を1人で担当するので、仕事量が多くなることは間違いありません。

【2021年】IT業界に強いおすすめ転職エージェントを厳選して10社ご紹介!この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のWebコンサルタントである私の所感をご紹介させていただいた後、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを10社ご紹介します。 記事の最後には、転職エージェントを選ぶポイントや利用手順について解説してますので、これからIT業界に転職される方はぜひ参考にしてみてください。...

フリーランスとして独立を目指しやすい

先ほど、ベンチャー企業やスタートアップではフルスタックエンジニアの求人需要が高いことについて触れましたが、大手企業でもその価値は認められつつあり、フルスタックエンジニアの市場価値がかなり高まってきています。

一方で、優秀なフルスタックエンジニアは1つの会社に縛られることなく、複数企業のプロジェクトに参加したり、自分の事業を立ち上げたりしているので、正社員として雇用するのはかなり難しいです。

なので最近では、多くの企業がフリーエンジニア専門エージェントなどを活用して、業務委託という形でフルスタックエンジニアの求人を募集しています。

【2021年】フリーランスエンジニアになるには?仕事内容・年収・案件獲得方法を解説! 現在、会社員のエンジニアとして働かれている方は、副業や独立をするタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、ク...

未経験からフルスタックエンジニアとして独立するには?

この章では、エンジニアとしての実務経験がゼロの状態から、フリーランスを目指す方法について解説します。

現在会社員の方であれば、以下の3つのステップでプログラミングスキルを習得し、独立を目指されることをおすすめします。

それでは、順に見ていきましょう。

独学(Progate)でプログラミングの基礎を学ぶ

独学でプログラミングを学ぶなら、『Progate』がおすすめです。Progateは、ブラウザ上で実際にコードを書きながら、プログラミングを独学できるオンライン学習サービスです。

月々たった980円で、HTML・CSS・JQuery・PHP・SQL・Ruby・Python等の言語を学ぶことができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
プログラミングに関する参考書は相場で1500円以上するので、本1冊買うよりも安くプログラミングを学ぶことができますね。

Progateのカリキュラムは、図やイラストを多く使用したスライド形式となっており、初心者の方でも理解しやすいです。過去に参考書で独学して挫折してしまった経験がある方にもおすすめです。

未経験からプログラミングは独学可能?挫折しない独学方法を解説! 独学でプログラミングスキルを身に付けるには、知識を定着させるための正しいステップを理解する必要があります。 そこでこの記事...

転職保証付きスクールを受講して転職

前述のProgateでプログラミングの基礎を学んだ後は、未経験OKな求人を多く保有している転職保証付きのスクールを受講して、プログラマーとして転職を目指されることをおすすめします。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
プログラマーとしての実務経験がない方は、一般的な転職エージェントを活用するよりも、転職保証付きのスクールを経由した方が圧倒的に転職成功率が高いです。

転職保証付きのプログラミングスクールとしては、『テックキャンプ(エンジニア転職)』がおすすめです。

2021年7月時点で、テックキャンプの受講終了後に、転職支援を利用したユーザーの転職成功率は99%と高い実績を残しています。エンジニア転職に成功しなかった場合、受講料を全額返金する制度を採用しているので、初心者の方も安心です。

会社員(Web制作会社・事業会社)として働いて実務経験を積む

前述のプログラミングスクールで学習した後、いきなりフリーランスとして働きはじめる方を多く見かけますが、個人的にはオススメしません。

なぜなら、フリーランスとして働くより、Web制作会社や事業会社に転職し規模が大きい実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらいながら働く方が成長スピードが早いからです。

また、スキルが低い状態でフリーランスになると、クラウドソーシング等で低単価な案件は受注できるかもしれませんが、フリーランス専門エージェントが保有しているような高単価案件は受注できません。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
ですので、「フリーランスとして独立したもののジリ貧だな・・」と感じている方は、『マイナビIT AGENT』などのプログラマーの転職サポートに強いエージェントを活用し、転職先で実務経験を3年以上積んでから独立することをオススメします。
【2021年】IT業界に強いおすすめ転職エージェントを厳選して10社ご紹介!この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のWebコンサルタントである私の所感をご紹介させていただいた後、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを10社ご紹介します。 記事の最後には、転職エージェントを選ぶポイントや利用手順について解説してますので、これからIT業界に転職される方はぜひ参考にしてみてください。...

最後に

以上、フルスタックエンジニアになるために必要なスキルや仕事内容、年収についてご紹介しました。

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!