フリーランス向け豆知識

GMOオフィスサポートの評判・口コミや料金【2022年最新】

この記事を読んでわかること

GMOオフィスサポートの料金や拠点エリア、サービス内容
GMOオフィスサポートを活用するメリット・デメリット
実際の利用者のリアルな口コミ・評判

バーチャルオフィスは、事業用の住所を借りられるサービスです。会社の信用度を高めつつ、個人情報を守ることができます。

この記事では、フリーランスや起業家が、GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスを活用するメリットやデメリット、実際のユーザーのリアルな口コミについてご紹介します。

GMOオフィスサポートとは?

運営会社GMOオフィスサポート株式会社
場所渋谷 / 新宿 / 銀座 / 青山 / 名古屋
料金月額990円〜 ※住所利用のみ(郵便転送なし、法人登記不可)
オプション法人登記 / 速達・書留対応 / 郵便即日転送 / 郵便スマホ確認 / 不在票通知など

GMOオフィスサポート』は、フリーランスやスタートアップ経営者を対象に、法人登記可能な住所レンタルや郵便物転送などのサービスを提供するバーチャルオフィスです。

東証プライム上場グループが運営する信頼性が高いバーチャルオフィスサービスであり、渋谷、新宿、銀座の一等地の住所をオフィス住所として利用できます。

出典:https://www.gmo-office.com/

GMOオフィスサポートは、2021年12月7日にサービスを開始した比較的後発のバーチャルオフィスですが、今後は渋谷・新宿・銀座以外にも、名古屋・大阪・博多への拠点追加を予定しています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
GMOオフィスサポートでは、GMOあおぞらネット銀行と提携しており、法人設立間もない企業でもスムーズに法人口座を開設できます。

・業界最安水準のシンプルな料金体系

・東証プライム上場企業のグループ会社が運営するバーチャルオフィス

・法人口座をスムーズに開設できる

・郵便物等の到着・発送はLINEでお知らせ。Webからの転送依頼も可能

・2021年12月7日開始の比較的後発のバーチャルオフィス

\最大3ヶ月無料!/

GMOオフィスサポートを活用するメリット

GMOオフィスサポートを活用するメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

都心一等地の住所を利用可能

GMOオフィスサポートは、渋谷、新宿、銀座、青山の一等地の住所をオフィス住所として利用できます。

法人登記した住所は、会社の名刺やコーポレートサイトに記載できるので、クライアントからの信頼性を高めることができます。

今後は渋谷・新宿・銀座以外にも、名古屋・大阪・博多への拠点追加を予定しています。

業界最安水準のシンプルな料金体系

GMOオフィスサポートは、住所利用のみ(郵便転送なし、法人登記不可)のプランであれば、月額990円〜利用できます。

後発のバーチャルオフィスではあるものの、業界最安水準の料金設定となっています。

月1転送プランであれば月額1,650円(税込)、隔週転送プランであれば月額2,200円(税込)、週1転送プランであれば月額2,750円(税込)で利用できます。

法人口座の開設サポートがある

GMOオフィスサポートでは、GMOあおぞらネット銀行と提携しており、法人設立間もない企業でもスムーズに法人口座を開設できます。

GMOあおぞらネット銀行が発行するキャッシュカードは、Visaビジネスデビットカードの機能が自動付帯しているため、法人用のクレジットカードも作れて一石二鳥です。

加えて、10万円の融資枠を標準装備した「あんしん10万円」も提供しています。

GMOオフィスサポートを活用するデメリット

他の大手バーチャルオフィスに比べると拠点が少ない

2022年9月時点で、GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスは渋谷・新宿・銀座・青山・名古屋にしか拠点がない状況です。

ワンストップビジネスセンター』や『Karigo』などの老舗企業であれば、全国に50店舗を超えるバーチャルオフィスを構えているので、東京以外で登記したい方にとっては、GMOオフィスサポートは必然的に選択肢から外れてしまいます。

当サイトが最もおすすめするバーチャルオフィスについて知りたい方は、関連記事「おすすめのバーチャルオフィス10社を徹底比較」もご覧ください。

GMOオフィスサポートの評判・口コミ

実際に、GMOオフィスサポートを活用・検討しているユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ご覧の通り、GMOオフィスサポートを活用しているユーザーの満足度は非常に高いように思います。ネガティブな口コミはほとんど見受けられませんでした。次の章で、GMOオフィスサポートの活用をおすすめできる方の特徴をご紹介します。

GMOオフィスサポートはどんな人におすすめ?

GMOオフィスサポート』のメリット・デメリットを踏まえ、GMOオフィスサポートの活用をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・都内で業界最安値のバーチャルオフィスを探している
・都心一等地の住所で法人登記を行いたい
・法人口座や事業用のクレジットカードを作成したい
・上場企業が運営する信頼性が高いバーチャルオフィスを利用したい
・郵便物転送サービスを利用したい

GMOオフィスサポートが気になった方は、ぜひ以下の公式ページよりサービス詳細やキャンペーン情報をご確認ください。

\最大3ヶ月無料!/

よくある質問

申込時に支払う料金はいくらですか?

申込み月の翌月1日から起算して、12ヶ月分の基本料金を前払いとなります。
日割り計算はありません。初期登録費用やデポジットはありません。

基本料金に含まれているサービスは何ですか?

商業登記できる住所の利用と、郵便物等の定期転送が含まれています。郵便物等の転送にかかる送料も込みとなります。
なお、郵便物等の重量およびオプションにより別途料金が発生することがございます。

契約期間を教えてください。

12ヶ月となります。

申し込みに必要な書類は何ですか?


【個人でお申込みの場合】
お申込み者様の本人確認書類として、下記のうちいずれか1つ。

・運転免許証
・マイナンバーカード
・在留カード
・運転経歴証明書
・住基台帳カード
・特別永住者証明書
・健康保険証

【法人でお申込みの場合】
代表者様の本人確認書類として、下記のうちいずれか1つ。

・運転免許証
・マイナンバーカード
・在留カード
・運転経歴証明書
・住基台帳カード
・特別永住者証明書
・健康保険証

退会はできますか?

可能です。ご希望の解約日の3ヶ月前までに、お問い合わせフォームからご連絡ください。解約日までに商業登記、ウェブページ、名刺、パンフレットその他の公開情報から、バーチャルオフィスサービスにより提供された住所の記載を全て削除いただきます。また、下記の書類のご提出が必要です。
・個人会員
上記の記載削除について合理的に確認できる書類

・法人会員
商業登記住所変更後の履歴事項全部証明書

引用:公式サイト

最後に

以上、GMOオフィスサポートを実際に活用したユーザーの口コミや活用するメリット・デメリットについてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

以下の表に、格安で利用できるおすすめのバーチャルオフィスをまとめてみましたので、複数のバーチャルオフィスの中から比較検討されたい方はぜひチェックしてみてください。

オフィス名場所特徴
GMOオフィスサポート渋谷/新宿/銀座月額990円〜利用可能。3ヶ月無料のキャンペーン実施中
DMMバーチャルオフィス渋谷/銀座/梅田/福岡渋谷・大阪・福岡の一等地住所を月額990円で利用可能。評判はこちら
NAWABARI目黒目黒区の住所を1,078円/月〜利用可能。評判はこちら
ワンストップビジネスセンター全国38拠点北は札幌、南は福岡まで全国38店舗展開。評判はこちら
Karigo全国56拠点地方で法人登記したい方におすすめ。料金は業界標準。評判はこちら
レゾナンス浜松町/銀座/渋谷/新宿都内で業界最安級(1,650円/月)のバーチャルオフィス。評判はこちら
ユナイテッドオフィス銀座/日本橋/表参道/青山/渋谷/新宿/池袋会社設立手続き・口座開設サポートが充実。評判はこちら
ナレッジソサエティ九段下法人口座の開設保証あり。料金はやや高め。評判はこちら
リージャス全国170拠点月数回オフィス利用したい方におすすめ。評判はこちら
和文化推進協会京都月額550円で京都市の住所をレンタル可能。評判はこちら