フリーランス基礎知識

フリーランスのイラストレーターになるには?仕事内容・年収・学習方法を解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

現在、イラストレーターとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

最近では、クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントなどのインフラが整ってきているので、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

そこでこの記事では、フリーランスのイラストレーターになるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの主な仕事内容は、クライアントの要望に応じてイラストを制作し、納品することです。イラストの対象は、雑誌などの紙媒体やWebサイト、ソーシャルゲームやSNSなど様々なジャンルがあります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
また、専門分野のみ担当するイラストレーターもいます。例えば、工業製品のマニュアルに掲載するイラストを描く「テクニカルイラストレーター」や、医療関係に特化した「メディカルイラストレーター」などです。

このように、イラストレーターは携わる業界によって仕事内容が大きく異なります。

フリーランスのWebデザイナーになるには?仕事内容・年収・営業方法も解説! 現在、制作会社や事業会社でWebデザイナーとして働かれている方は、副業したり独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。...

イラストレーターの平均年収

フリーランスのイラストレーターの平均収入は約350万円です。男女別の平均年収は以下の通りです。

性別平均年収平均月収
男性374万円28万円
女性282万円21万円
フリーランスの平均年収は?年収1000万円を目指す方法を解説! 職業柄、これまでたくさんのフリーランスとお会いしてきましたが、多くのフリーランスの方が年収1,000万円を一つの目安にしています...

フリーのイラストレーターになる方法

イラストレーターは、その名の通りイラストを描く仕事です。企業のロゴや、ホームページや冊子などによく描かれるキャラクター、Youtubeのサムネイル画像、文章を分かりやすく解説した図解などもイラストレーターの仕事です。

デザインソフトである「illustrator」「photoshop」「XD」の知識は必ずと言っていいほど必要になります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスのイラストレーターは、多くの場合、代理店や制作会社の下請け・パートナーとして働くことが多く、会社員として働きながら経験を積むか、スクールで勉強した後独立する方が多いです。

会社で働いて経験を積む

大前提ですが、独学でスキルを身につけるより、イラストレーターとしてのスキルが身に付く会社に就職し、実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらう方が成長スピードは早いです。

ですので、「オフィスに出社するのが辛い…」などよっぽどの理由がない限り、Webクリエイター求人「Webist」などを活用して、イラストレーターとしての経験が積める企業で働きつつ、独立を目指すことをおすすめします。

フリーランス(個人事業主)から正社員に転職・再就職する方法を解説! 正社員から正社員に転職することに比べると、フリーランスから正社員に転職する事例やノウハウはかなり少ないように感じます。 私...

スクールで勉強する

独学でイラストを学ぶのは難しいと判断された方は、専門学校やイラストのスキルが学べるスクールに通うことをおすすめします。

直接講師から、イラストの描き方やデッサンの方法、各種デザインソフトの使い方などを丁寧に指導してもらえます。また、どのスクールにもカリキュラムがあるので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

【2020年】Webデザインを学びたい方におすすめのスクール・教室10選 スクールに通ってWebデザインを学びたいと思っているけど、何を基準にスクールを選べばいいか分からないと悩んでいる方は多いと思いま...

フリーのイラストレーターが案件を獲得する方法

クラウドソーシングを利用する

フリーのイラストレーターにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、クラウドソーシングサービスに登録することが最も有効です。

クラウドワークス」で「イラスト」と検索すると35,189件ヒットしたのでぜひ案件の詳細を覗いてみてください!

クラウドワークスで副業って実際どうなの?評判やメリット・デメリットを解説! クラウドソーシングサービスといえばどのサービスを思い浮かべますか?ほとんどの方がクラウドワークスかランサーズを思い浮かべると思い...

一方で、クラウドソーシングは単価が安い上に競合が多くなってきているので、ジリ貧になってしまう可能性も高いです。なので、以下で紹介する方法で、能動的に営業することもおすすめします。

見込み客に営業をする

企業に直接営業する場合、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、イラストを発注したいと考えている企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっているWeb制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

Wantedlyなどで、「地域名 + イラストレーター + 業務委託」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるのでぜひ覗いてみてください。

ブログ・SNSで仕事を獲得する

自分のブログやポートフォリオサイトが、SNSや検索流入で見込客の目にとまると、仕事を依頼してもらえることがあります。

例えばこのブログも、「フリーランス イラストレーター」「フリーランス Webデザイン」のようなイラストを発注したいと考えている、Web担当者が検索しそうなキーワードで上位表示されているので、月に数件仕事の相談をいただきます。ぜひ、参考にしてみてください。

フリーランスはブログ必須!仕事につながる活用術と始め方を解説! 私は、フリーランスになったと同時に当ブログを開設して3年になるのですが、ブログで月60万円以上のアフィリエイト収入を得ることがで...

最後に

以上、フリーランスのイラストレーターになる方法や仕事を獲得する方法ついてご紹介しました!この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

【2020年】これから需要が高まるフリーランスの仕事・職種10選! この記事では、フリーランスとして独立した際の仕事選びを間違えないために、これから需要が高まる職種・仕事を現役フリーランスである私...
ノマド代表
辻本
ノマド代表
辻本
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひLINEにてお気軽にご連絡ください!

※代表の辻本が24時間以内に必ずご連絡いたします。