稼げるフリーランスの仕事

インフラエンジニアがフリーランスになるには?副業案件の獲得方法も解説

現在、インフラエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いと思います。

最近では、フリーエンジニア専門エージェントが保有するインフラエンジニア向けの案件数も増加してきており、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
この記事では、フリーランスのインフラエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、案件を獲得する方法について解説します。
【編集長おすすめのエージェント】

インフラエンジニアのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。
週3日〜5日常駐でがっつり稼げる案件や、リモートワークOK・週2〜3日の参画でOKな副業案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週3〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

フリーランスで働くインフラエンジニアの仕事内容

働き方常駐案件がメイン
平均年収720万円
必須スキルサーバー / ネットワーク / プログラミング / インフラ設計 / セキュリティ等
案件獲得方法フリーエンジニア専門エージェント
ポイント設計・開発だけでなく、運用(保守)も任されるケースが多いので、長期間の案件になりやすい

インフラエンジニアの仕事内容を大きく分けると、設計・ 構築・ 運用(保守)の3つに分けられます。この章では、それぞれの業務内容についてご紹介します。

設計

ITインフラの設計は要件定義から始まります。依頼者の要望を正確にヒアリングし、設計書に落とし込む作業が要件定義です。

設計書はドキュメントとして保存され、それを土台にして実作業が行われます。そのため、要件定義の設計作業ではプログラムをイメージしながら、動作フローやエラーハンドリングまで組み込んでおく必要があります。

構築

設計書が完成したら、それを基にハードウェア・ソフトウェアを揃えます。ハードウェアの運搬や組付け、設置も構築作業に含まれます。ハードウェアの設置と接続が終わったら、ソフトウェアのインストールと設定を行い、動作確認と負荷テストを行います。

運用

すべての構築とテストが終われば運用開始です。24時間365日動作させ続けるために動作を監視し、万が一のトラブルの際は即対応しなければなりません。

フリーランスで働くインフラエンジニアの単価・年収相場

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
インフラエンジニアの報酬・年収の相場を見てみましょう。

フリーランスのインフラエンジニアで、週に5日常駐する案件の月額単価は、25万円~165万円のレンジで、中央値は60万円ほどになります。

実務経験1年未満ですと25万円~30万円、3年で中央値付近の55万円~65万円、5年以上で80万円〜が相場となっています。年収1,000万円以上稼げるようになるには、単なるエンジニアでは難しく、マネジメント能力が要求されます。

年収1,000万円以上を目指すには、マネージャーやシニアエンジニア、シニアアナリストを目指しましょう。

【職種別】フリーランスエージェント利用者の平均年収
職種平均年収
セキュリティエンジニア600万円
Salesforceエンジニア 600万円
PMPMO613万円
WordPressエンジニア650万円
システムエンジニア(SE)720万円
ネットワークエンジニア750万円
AWSエンジニア750万円
データベースエンジニア780万円
フロントエンドエンジニア876万円
iOSエンジニア936万円
AI(機械学習)エンジニア948万円

インフラエンジニアの案件数・求人動向

フリーエンジニア専門エージェントである『レバテックフリーランス』でインフラエンジニア向けの案件を検索すると約2600件、『ITプロパートナーズ』では約130件ほど見つかりました。最高で80万円/月の案件も見受けられました。

インフラ系はサーバーやネットワークといった基幹システムに関わるため、客先常駐案件が多いです。

1つのプロジェクトに関わると、長期間の案件になりやすいのもインフラエンジニア案件の特徴です。インフラの設計や構築自体も長期間を要しますが、サービスの運用が開始したら保守や監視の仕事も任されることが多いです。

後任者に引き継ぐとしても、引継ぎまでの期間はかなりまとまった時間が必要になります。長期間のプロジェクトへの参加はフリーランスにとってはかなりありがたいですよね。

フリーランスエージェントおすすめ14選!職種別に徹底比較【2022年7月】この記事では、フリーランスの中でも特に人気の職種である、エンジニア・デザイナー・コンサルタント向けのフリーランス専門エージェントを厳選してご紹介します。...

フリーランスのインフラエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランスのインフラエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

後述しますが、週3〜5日常駐でがっつり稼ぎたい方は『レバテックフリーランス』、リモートワーク可能で週2〜3日から参画できる柔軟な案件をお探しの方は『ITプロパートナーズ』がおすすめ。空いたリソースに応じて、併用しながら活用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | 週3〜5日稼働の常駐案件がメイン

運営会社レバテック株式会社
対象エンジニア / デザイナー / ディレクター / PM
平均年収862万円
取引社数5,000社以上
サポート内容税理士紹介 / 確定申告セミナー / ヘルスケア(特別価格)
満足度92.6% ※契約更新率90%

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのインフラエンジニア向けの案件も多く取り扱っています。※2022年7月時点で約2,600件掲載。


出典:https://freelance.levtech.jp/

Webやインフラなど、スキル別に担当カウンセラーが分かれているので、マッチングの精度が高いと好評です。

また、契約期間満了前月の中旬には、現場継続か終了かの意思確認があり、終了の場合は、即座に次の案件の提案をしてくれるのでブランク期間をなくすことができます。

・フリーエンジニア専門エージェントとして知名度No1

・エンド直請け高単価案件、非公開案件を多数保有

・ユーザーの平均年収は862万円

・駆け出しフリーランスへのサポートが手厚い

\業界知名度No1のエージェント/

ITプロパートナーズ | 週2〜3日稼働のリモート案件がメイン

運営会社株式会社Hajimari
対象フリーエンジニア(PHP / Ruby / Python / JavaScript / C# / Java / swift / Unityなど)
最高単価176万円/月
福利厚生確定申告サポート / 賠償責任保証など
取引企業数約3,000社(約7割がリモート案件)
支払いサイト35日
対象エリア東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉

前述のレバテックフリーランスは週5常駐案件がメインですが、『ITプロパートナーズ』は週2、3日から参画できる案件数が業界でもトップクラスで、さらにリモートや時間がフレキシブルな案件を数多く取り揃えています。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「インフラエンジニア」と検索すると、127件の案件がヒットしました。単価としては、50万円〜80万円/月のレンジの案件が多かったです。

出典:https://itpropartners.com/

週2〜3日稼働の案件やリモートワークできる案件は、どうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズはエンド直の案件がメインなので高単価案件が多いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
週2日の稼働で30〜40万円/月の案件が豊富にあったので、受託をライスワークとしつつ、自社サービスの立ち上げに注力したい方にもおすすめです。

・リモートワーク可能な案件数が業界最多

・週2〜3日の稼働でOKな案件数も豊富

・エンド直の案件がメインなので高単価

・スタートアップやベンチャー企業の求人が豊富

\週2〜3日稼働の案件が約1,500件

以下の表に、代表的なフリーエンジニア専門エージェントの評判と最高単価をまとめてみました。エージェント選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

名称詳細最高単価
ITプロパートナーズ評判を見る100万円/月
midworks評判を見る160万円/月
フォスターフリーランス評判を見る230万円/月
ギークスジョブ評判を見る120万円/月
レバテックフリーランス評判を見る160万円/月
Pe-BANK評判を見る200万円/月

フリーランスのインフラエンジニアを目指す方法

実務経験がない状態から、フリーランスのインフラエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、インフラエンジニアのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような開発経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の求人はほとんどありません。

なので、未経験からインフラエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
実務経験が3年以上あれば、前述のフリーランス専門エージェントからたくさん求人を紹介してもらえますし、60万円〜100万円/月ほどの高単価案件に参画できる可能性も高まります。

インフラエンジニアとして「未経験募集」の正社員求人をお探しの方は、IT業界やエンジニア求人に特化している『マイナビIT AGENT』がおすすめです。IT転職エージェントとしては国内最大規模の求人数と実績を誇っており、ユーザーからの評判も高いです。

インフラエンジニアの将来性

AIやIotの台頭により、インフラエンジニアの求人需要は年々高まってきていますが、求められるスキルや経験も年々変化しています。

近年、クラウドサービスの急速な普及によってインフラエンジニアにもクラウドのスキルと知識が求められます。特に、サーバーに関してはAWSを始めとしたクラウドサービスを使用することが主流になってきています。

インフラエンジニアといえば、データセンターに出向いて大きなサーバーと格闘するイメージですが、クラウドサービスだとローコストで扱いやすいため、多くの企業がサーバーをクラウド上に設置するようになりました。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
クラウド化の流れは今後も加速していくので、インフラエンジニアとしての将来性を考えるのであればクラウドの知識は必ず身につけておきましょう。 
AWSエンジニアがフリーランスになるには?副業案件の獲得方法も解説この記事では、フリーランスのAWSエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、案件を獲得する方法について解説します。...

最後に

以上、フリーのインフラエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

・インフラエンジニア必須スキル(サーバ・ネットワーク/プログラミングスキル/インフラ設計/セキュリティ etc.)

・フリーのインフラエンジニアの平均年収は720万円

・フリーのインフラエンジニアが仕事を獲得する方法(フリーエンジニア専門エージェト/Indeed/Wantedly etc.)

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!