フリーランスエージェント

ITプロパートナーズの評判・口コミや案件の特徴【2022年最新】

フリーランスが営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを活用することをおすすめします。

この記事では、実際にITプロパートナーズを利用したユーザーの口コミや評判をもとに、ITプロパートナーズを活用するメリットやデメリットをご紹介します。

ITプロパートナーズは、週2日~3日の稼働でOK、リモートワークOKなフリーランス案件をお探しのエンジニア・デザイナー・マーケターにおすすめ。
自分の市場価値(案件単価)を知りたい方や、条件にマッチした案件情報を流してほしいという方は、無料登録後にキャリアコンサルタントと面談しておくことをおすすめします。

ITプロパートナーズのサポート内容や案件の特徴

運営会社株式会社Hajimari
対象エンジニア / デザイナー / マーケター / ディレクター
最高単価176万円/月
サポート内容福利厚生 / 確定申告サポート / 賠償責任保証
取引企業数約3,000社(約7割がリモート案件)
支払いサイト35日
手数料非公開
対象エリア東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉

ITプロパートナーズは、株式会社Hajimariが運営するWeb系フリーランス専門のエージェントです。週2、3日から参画できる案件数は業界でもトップクラスで、さらにリモートや時間がフレキシブルな案件を数多く取り揃えています。

スタートアップやベンチャーの案件も豊富で、新しいトレンドの技術を取り入れている会社が多く、技術者として面白い案件が多いです。

週2〜3日稼働の案件やリモートワークできる案件は、どうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズはエンド直の案件がメインなので高単価案件が多いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
私がフリーランスとして独立した当初は、ITプロパートナーズで週3日稼働45万円/月の案件をライスワークとし、残りの週4日で自社サービスの立ち上げに注力していました。

・リモートワーク可能な案件数が業界最多

・週2〜3日の稼働でOKな案件数も豊富

・エンド直の案件がメインなので高単価

・スタートアップやベンチャー企業の求人が豊富

・週2〜3日から稼働できる案件が約1,500件(2022年9月時点)

登録して案件を探す!/

ITプロパートナーズを活用するメリット

ITプロパートナーズを活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

リモート案件・週2〜3日案件が豊富

前述の通り、ITプロパートナーズはリモート可能な案件や週2〜3日から参画できる案件が豊富にあり、比較的柔軟に働ける案件をたくさん保有しています。


出典:https://itpropartners.com/

「起業して自分の事業が軌道に乗るまで、受託で生計を立てたい」「土日、平日の夜に副業をして貯金とスキルを貯めたい」という方にもおすすめです。

エンド直請けの高単価案件が豊富

ITプロパートナーズが保有している案件は、ほとんどがエンド直なので中間マージンがなく高単価な案件が多いです。週3日の稼働でも、40万円〜50万円/月前後と生活するには十分な収入を得ることができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
実務経験やスキルによって収入額は変わるので、まずは一度自分の収入額がどれくらいになるか担当者に確認してみましょう。

週5日常駐でがっつり稼げる案件も探したい方は『レバテックフリーランス』と併用して活用することをおすすめします。

ブランク期間を空けないよう調整してくれる

ITプロパートナーズでは、契約期間満了前月の中旬に、現場継続か終了かの意思確認があります。

終了の場合は、即座に次の案件の提案をしてくれるので、ブランク期間を空けずに次の新しい案件に参画できます。

Twitter上の口コミを見ていても、ITプロパートナーズに登録しているフリーランスは、ブランク期間を空けずに働き続けている方が多い印象です。

サポートが充実している

エンジニア・デザイナー・マーケターなどの要望をヒアリングしてくれる専任のコンサルタントは、IT・Web業界の最新動向や、技術・専門知識に精通しており、希望者の条件にマッチした案件を紹介してくれます。

フリーランスで働くクリエイターの気持ちを理解できるスタッフが多く、技術的な話の食い違いでミスマッチが起こるという心配がありません

また、専任のコンサルタントにはメールや電話でいつでも相談できる環境が整っており、契約更新や条件面など、悩ましい部分の相談もしやすいです。

ITプロパートナーズを活用するデメリット

ITプロパートナーズを活用するデメリットは以下の2点です。

それでは、順に見ていきましょう。

他社と比べると福利厚生が手厚くない

ITプロパートナーズには、福利厚生システムがありません。大手のフリーランス専門エージェントであれば、レストラン・観光地・人間ドック・英会話スクールなどの割引サービス用意しているケースもありますが、ITプロパートナーズにはそれがありません。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
福利厚生を重視されている方は、案件が途切れてしまった際の給与保障制度があり、必要経費の支援など正社員並みの福利厚生がある『Midworks』と併用されることをおすすめします。 

実務経験が浅い方への案件紹介は難しい

ITプロパートナーズはリモート案件が魅力のひとつです。一方で、リモート案件を発注してもらうためには、高い技術力と実務経験が必要です。

エンジニア・デザイナー・マーケターとしての実務経験が1年未満の方は、ITプロパートナーズに登録はできても案件を紹介してもらうことは難しいです。実務経験が浅い方は、まずは会社員として1年以上の実務経験を積んだのち、独立を目指されることをおすすめします。

まずは転職をして正社員として実務経験を積みたいという方は、別記事「IT業界に強いおすすめの転職エージェント11選」をご覧ください。実務未経験でも応募できる求人が豊富にあります。

ITプロパートナーズの評判・口コミ

それではITプロパートナーズ評判を見ていきましょう。まずは良い評判から。

良い評判・口コミ

ITプロパートナーズのポジティブな評判で多かったのは「週2〜3日で働けるフレキシブルな案件を紹介してもらえた」「担当者のレスが早い」という口コミです。

SNS上ではいい評判だけでなく、悪評もちらほら見受けられたのでそちらも見ていきます。

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「登録後の電話やメールがうざい」といったネガティブな口コミも見受けられました。

ご覧の通り、ITプロパートナーズの満足度には個人差があるので、気になる点は必ず担当者に質問して解決しておきましょう。

ITプロパートナーズはどんな人におすすめ?

週2〜稼働できる案件やリモート案件を探している方

週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKなど、柔軟な働き方がしたいと考えているフリーランスは『ITプロパートナーズの登録はマストと言えます。

一般的に、週5常駐の案件しか紹介してくれないフリーランスエージェントがほとんどなので、週2〜3日で参画できて、リモートワーク可能な案件を紹介してくれるエージェントはとても貴重です。

文系職のフリーランス案件を探している方

フリーランス専門エージェントというと、エンジニア向けの開発案件ばかりを取り扱っているイメージがあるかと思います。

実際に、フリーランス専門エージェントの9割以上が、エンジニアやデザイナーの求人に特化しています。

もちろん、『ITプロパートナーズ』もエンジニアやデザイナー向けの案件がメインになりますが、マーケターコンサルタント人事などの文系職向けの案件も豊富にあるので、ぜひチェックしてみてください。

当サイトが最もおすすめするフリーランスエージェントについて知りたい方は、関連記事「フリーランスエージェントおすすめ14選!職種別に徹底比較」もご覧ください。

登録から業務開始までの流れ

この章では、ITプロパートナーズに会員登録してから業務を開始するまでの流れを、4ステップで解説します。

会員登録

ITプロパートナーズを利用するには、まずは『公式サイト』から無料で会員登録する必要があります。

氏名やメールアドレス、生年月日、お住まいの都道府県、職種・スキルなどの基本情報を登録します。必要最低限の項目なので登録は1分ほどで完了します。

登録が完了すると、担当者から連絡がくるので、面談・カウンセリングに進みます。会員登録後、公開中の案件に関しては募集要項を確認できるのでチェックしておきましょう。

エージェントと面談

エージェントとの面談は、電話またはITプロパートナーズのオフィスにて対面で行われます。

面談では、これまでの経歴や今後のキャリアプランをヒアリングされるほか、希望の単価や働き方(リモートor常駐)、参画開始日、稼働日数をヒアリングされるので、事前に話す内容をまとめておきましょう。

案件紹介・企業と面接

面談時のヒアリング内容をもとに、自分の希望条件に合ったフリーランス案件を紹介してもらえます。

参画したい案件があれば、ITプロパートナーズの担当者から企業に推薦され、企業担当者との面談に進みます。面談日の日程調整は担当者が行なってくれます。

契約の締結・業務開始

面談後、内定がもらえた場合は業務委託の契約手続きに進みます。参画開始日や単価、働き方などの希望条件については、ITプロパートナーズ担当者が企業に交渉してくれます。

希望条件について企業と合意できれば業務委託契約を締結し、クライアント企業での業務が開始されます。

案件参画中も、ITプロパートナーズ担当者による定期的なフォローがあり、仕事内容や職場について気になる点はいつでも相談できます。

最後に

以上、ITプロパートナーズの特徴や評判についてご紹介しました。以下の表に、主要なフリーランス向けエージェントをまとめてみましたので、エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

フリーランスにおすすめのエージェント
名称詳細最高単価
ITプロパートナーズ評判を見る100万円/月
midworks評判を見る160万円/月
フォスターフリーランス評判を見る230万円/月
ギークスジョブ評判を見る120万円/月
レバテックフリーランス評判を見る160万円/月
Pe-BANK評判を見る200万円/月
ポテパンフリーランス評判を見る150万円/月
エンジニアルート評判を見る190万円/月
レバテッククリエイター評判を見る95万円/月
【言語別】フリーランスエージェント利用者の平均年収
言語平均年収特徴
PHP720万円Webシステム開発の現場でよく使用される言語
VBA720万円ExcelマクロやAccessマクロなど、作業の自動化を行う言語
JavaScript800万円フロントエンド開発の現場で人気の言語
C#828万円ソフトウェア開発の案件が豊富で常駐案件が多い
Unity840万円ネイティブアプリのゲーム開発案件が豊富
Java852万円規模が大きいシステム開発やAndroidアプリの開発案件が豊富
Swift900万円Apple製品向けのプログラミング言語
Python924万円統計処理やデータ分析、人工知能の開発現場で人気の言語
SAP950万円独自言語のABAPを使用してSAPシステムの開発・導入支援を行う
Ruby960万円Webシステム開発やサイト制作案件が豊富