人間関係・職場環境の悩み

退職代行jobsの評判は?口コミの傾向と注意点【2022年最新】

退職代行Jobs』の利用を検討する際、実際のユーザーの評判・口コミは事前に確認しておきたいポイントです。

依頼した当日に退職できるって本当?
上司に連絡しなくて大丈夫?電話はかかってこない?
法律的に安心して依頼できる?

退職代行業者選びで失敗しないためにも、このような疑問点は事前に解消しておくべきです。

この記事では、実際に退職代行jobsを利用したユーザーの口コミを元に、退職代行jobsを活用するメリットやデメリットをご紹介します。

退職代行jobsは、有休消化のサポートや退職金・残業代の請求、即日対応が強みの退職代行サービスです。
LINEやメールで何度でも『無料相談』できるので、退職実行までのスケジュールを知りたい方は一度ご相談されることをおすすめします。

退職代行jobsの料金やサービス内容

運営会社株式会社アレス
料金27,000円(税込)
支払方法口座振込 / クレジットカード / paidy
連絡方法電話 / メール / LINE
営業時間24時間(365日対応)
退職成功率100%
返金保証あり

退職代行Jobs』は、セラピストの資格を持った顧問弁護士が監修を務める退職代行サービスです。サービス利用者には、顧問弁護士がセラピストとして無料カウンセリングを行ってくれます。退職するタイミングや退職後のキャリアのことまで丁寧に相談に乗ってくれます。

代行費用は27,000円と他の退職代行サービスと比較するとかなり低価格です。それでいて、24時間365日対応、退職できない場合は全額返金、会社への出社・連絡の義務なし等たくさんのメリットを享受できます。

一方で、2019年から始まった比較的新しいサービスであるため、他社と比べると実績がまだ少なく、口コミの数もまだ多くありません。

無料の心理カウンセリング実施中/

退職代行jobsの口コミ・評判

実際に、退職代行jobsを利用しているユーザーの、ネット上に寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

退職代行jobsのポジティブな評判で多かったのは「カンタンなやり取りで退職できた」「本当に助かった」という口コミです。

ジョブズさんは退職の意思を伝えてくださるだけでなく、有給休暇の取得を希望していることもしっかり伝えてくださいました。法律のことも詳しく説明してくださり、交渉はできないけど、会社へ私の希望を伝えるだけなら問題ないとのことでした。

退職届兼有給申請のテンプレートは顧問の女性弁護士さん監修済みのもので安心して利用できました。有給を取得したことで、賞与支給日に在職していたことになり、ボーナスももらえました。在職期間が長くなったことでその分お給料も多くもらえて助かりました。

事前に、退職代行Jobsができる範囲を法律と併せて説明してくれました。交渉などはできないとのことで、勘違いすることもなく納得して依頼することができた。

退職完了後、会社から必要書類の一部が郵送されてきませんでした。退職代行Jobsに相談したところ、会社へ連絡をしていただき無事に入手できました。

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「総合的に考えるとおすすめできない」といったネガティブな口コミも見受けられました。

退職代行jobsの口コミを見てみると、親身な対応や顧問弁護士である西前先生の存在に安心感を抱いている方が多いようでした。

一方で、Googleで「退職代行jobs」と検索すると、「退職代行jobs 失敗」「退職代行jobs 違法」といったネガティブな関連ワードがいくつか表示されるので、サービス内容に不安を感じている方も一定数いるようです。

少しでも気になる点があれば、無料相談の際に担当者に確認しておきましょう。

退職代行jobsを活用するメリット

退職代行jobsを活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

24時間365日即日対応

退職代行jobsは、即日即時対応を行ってくれるので、今日明日にでも会社を辞めたいという方にとってはまさにうってつけのサービスです。

退職代行を利用する理由は人それぞれですが、上司や同僚から精神的に追い詰められ、止むに止まれぬ事情で退職を決意する方は非常に多いです。

にもかかわらず、退職代行に依頼したのに連絡がいつまでたっても返ってこない、手続きに手間取るなんてサービスは使いたくないですよね。退職代行jobsでは、24時間365日(am1:00~6:00は自動応答対応)で可能な限りで即時対応してくれます。

即日退職は違法?正社員・契約社員が合法的に退職する方法を解説やむを得ない事情がない限り、退職を伝えてから2週間後でなければ退職することはできません。一方で、合法的に即日退職できるケースもあります。この記事では、合法的に即日退職する方法や条件についてご紹介します。...

弁護士監修なので安心して利用できる

基本的に民間企業が運営する退職代行サービスは、給与の支払いや有休消化について会社側に交渉する権利がありません。

しかし、一部の退職代行サービスでは、勝手に会社と交渉してトラブルに巻き込まれるケースがあります。

退職代行Jobsでは、弁護士が適正適法な業務を行っているか監修しているので、法律の観点でも安心して利用できます。

また、労働組合とも提携しているので、いざという時は会社に対して交渉を依頼できます。

転職お祝い金がもらえる

退職代行jobsでは提携している人材紹介会社を利用して転職をすると、最大で3万円の転職祝い金がもらえます。要するに、実質無料で退職代行を利用できます。

もし、次の職場がまだ決まっていないのであれば、jobsと提携している人材紹介会社に登録することをオススメします。

会社と条件交渉できる

一般的に、民間の退職代行業者は有給消化や退職時期の調整など、退職に関する交渉を行うことはできません。

一方で、退職代行jobsは労働組合と連携しているので、会社と退職に関する交渉を行える点が強みの一つです。

労働組合が行う退職代行サービスは日本国憲法第28条労働組合法によって団体交渉が保証されています。有給消化や退職日の調整が可能となるため、より良い形での退職が実現できます。

「繁忙期で退職できない・・」仕事を辞められない時の対処法を解説法的には2週間前に退職を伝えれば辞めらことができます。この記事では、仕事を辞めたいのに辞められない時の対処法について解説します。...

退職代行jobsを活用するデメリット・注意点

会社に交渉する場合は労働組合への加入が必要

退職代行Jobsは、労働組合ではないので会社との交渉はできません。

未払い給与や残業代がある場合など、会社とのトラブルに発展しそうな可能性がある場合、あらかじめ労働組合に交渉を依頼することを前提としたプランに加入しておきましょう。

労働組合に加入する「安心パックプラン」を選択すれば、組合加入金2,000円が免除されるので料金面でもお得です。退職代行Jobsと提携している「ユニオンジャパン」は、団体交渉権を持つ労働組合なので、未払い給与の請求や有給取得などの交渉を得意としています。

退職癖がつく可能性がある

退職代行jobsに依頼すると、驚くほど簡単に退職できてしまいます。

元来の退職は、上司に退職の旨を伝え、取引先や同僚などお世話になった方への挨拶や引継ぎ等を行います。最低1ヵ月前に退職を伝えるのがビジネスマナーです。

そんな中、LINEで簡単に退職を依頼できてしまうので、少し嫌になったからといって退職代行に頼る癖はつけないようにしましょう。

また、もう職場の人間とは今後関わらないという場合であれば問題ありませんが、同じ業界の企業に転職するのであれば、再び前職の人間と接点を持つ可能性もあるので注意が必要です。

依頼から退職完了までの流れ

退職代行Jobsは、オンライン完結で簡単に退職代行を依頼できます。依頼から退職完了までの流れは以下の4ステップです。

電話・LINE・メールで相談をする

まずは、退職代行Jobsの『公式サイト』から電話、LINE、メールのいずれかの方法で相談しましょう。最近では、気軽にやり取りできるLINEでの相談が主流になっています。

相談料は無料なので、「即日退職が可能かどうか」「有給消化はできるか」「会社から連絡が来たり、家族に連絡が行かないかどうか」など、気になる点は必ず質問しておきましょう。

質問・相談した内容に対して、提示された提案に納得ができれば依頼しましょう。

退職代行の依頼・料金の支払い

退職代行のサービス内容に合意できれば、次は支払いとなります。代行費用は、正社員であれば27,000円(税込)になります。別途追加費用は発生しません。

支払方法は銀行振込になります。振り込みが完了したことを連絡すれば、すぐに退職代行を開始してくれます。

担当者と打ち合わせ・退職手続き開始

退職代行Jobsでは、入金が確認できたら、退職手続きの実行に必要な個人情報や職場の連絡先などを伝えます。併せて、職場に退職の電話をする日程や、伝えて欲しい内容(退職理由)などもヒアリングされるので、事前に考えをまとめておきましょう。

有休消化や未払い給与、残業代の請求など、細かい希望がある方はしっかり担当者に伝えておきましょう。

退職完了

無事に退職が完了したら退職代行Jobsから連絡が届きます。その後やるべきこととしては、貸与品(会社支給のパソコンや携帯電話など)の郵送だけです。

離職票や社会保険資格喪失証明書、年金手帳などの必要書類については退職代行Jobsが会社側に伝えてくれるので安心です。

よくある質問

今月分の給料はもらえますか?

給料は労働した対価ですから、日割り計算で支払われます。

ほんとうに会社から自分に連絡はきませんか?

100%無いとは言い切れませんが、返事をするかどうかはご自分の意思で決めることができます。

残っている有給は消化できますか?

法律上、有給休暇は従業員が申請すれば原則として取得できます。
Jobsの有給申請対応の退職届で申請の意思をお伝えすることもできます。

退職金はもらえますか?

退職金の取決めがある場合には、就業規則や雇用契約の内容に従い支払われます。
就業規則を確認しておきましょう。

親に知られずに退職できますか?

退職代行Jobsよりご本人様の希望をしっかりお伝えしますので、ほとんどの場合、会社から親に連絡がいくことはございません。

引用:退職代行jobs公式サイト

他の退職代行サービスとの比較

【編集長おすすめ3社】

当サイトが特におすすめする退職代行サービスは退職代行ニコイチ・辞めるんです・退職代行ガーディアンの3社。
業界最安級の料金で、有休消化のサポートや退職金・残業代の請求、即日対応してくれる退職代行サービスをお探しの方におすすめ。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名特徴・おすすめ理由
【第1位】
退職代行ニコイチ
退職代行実績3.4万名以上と業界最多。全国対応で即日退職可能。退職成功率100%で有休消化のサポートあり。
退職後は離職票の受取や貸与物の返却なども代行。料金は27,000円。
【第2位】
辞めるんです
業界初後払い可能な退職代行サービス。料金は27,000円。
後発のサービスでありながら退職代行実績はすでに7,000件以上。退職成功率100%でユーザーの口コミも良好。
【第3位】
退職代行ガーディアン
法適合の労働組合が運営しており、退職時の条件交渉(残業代/有給取得/退職金の請求)に強い。料金は29,800円。
当サイトが最もおすすめする退職代行サービスについて知りたい方は、関連記事「おすすめの退職代行サービス11社を徹底比較」もご覧ください。

以下の表に、実績が豊富な退職代行サービスを厳選して12社おすすめ順に並べてみましたので、複数の退職代行サービスの中から比較検討したい方は是非参考にしてみて下さい。

サービス名料金特徴 / 強み
退職代行ニコイチ27,000円業界最多3.7万名以上の退職代行実績。全国対応で即日退職可能。有休消化サポートあり。評判を見る
辞めるんです27,000円業界初後払い可能な退職代行サービス。後発のサービスでありながら退職代行実績は7,000件以上。評判を見る
退職代行ガーディアン29,800円休日や深夜など365日全国対応。法適合の労働組合が運営しており、退職時の条件交渉が可能。評判を見る
退職代行EXIT20,000円業界最安値の退職代行サービス。全額キャッシュバック制度あり。評判を見る
退職代行SARABA24,000円労働組合が運営しており、会社への交渉が可能。有休消化成功率は98%。評判をみる
弁護士法人みやび55,000円弁護士法人が運営する退職代行サービス。オプションで残業代、退職金請求が可能。評判を見る
退職代行Jobs27,000円弁護士が監修しており会社への交渉が可能。転職活動や引っ越しのサポートあり。評判をみる
退職代行オイトマ24,000円 労働組合が運営する業界最安級の退職代行サービス。退職できなかった場合は全額返金保証。評判を見る
退職代行ネルサポ  24,000円労働組合が運営する業界最安級の退職代行サービス。リピーターは20,000円で利用可能。評判を見る
退職代行モームリ 22,000円 代行料金22,000円と業界最安級。365日24時間いつでも連絡・即日対応可能。評判を見る
男の退職代行26,800円男性に特化した退職代行サービス。円満退職のシナリオを提案してもらえる。評判を見る
わたしNEXT29,800円女性向け退職代行サービス満足度No.1。完全無料の転職サポートあり。評判を見る