フリーランス向け豆知識

Karigoの評判・口コミや料金【2022年最新】

この記事を読んでわかること

Karigoの料金や拠点エリア、サービス内容
Karigoを活用するメリット・デメリット
実際の利用者のリアルな口コミ・評判

バーチャルオフィスは、事業用の住所を借りられるサービスです。会社の信用度を高めつつ、個人情報を守ることができます。

この記事では、フリーランスや起業家が、Karigoのバーチャルオフィスを活用するメリットやデメリット、実際のユーザーのリアルな口コミについてご紹介します。

Karigoのバーチャルオフィス基本情報

運営会社株式会社Karigo
料金・入会金 5,500円(税込)~
・ホワイトプラン 3,300円(税込)/月
・ブループラン 8,300円(税込)/月
・オレンジプラン 10,400円(税込)/月
・シルバープラン 12,600円(税込)/月
サービス内容住所貸出 / 荷物受取 / 転送電話 / 電話代行 / 貸し会議室

Karigo』は、全国に56店舗展開しているバーチャルオフィスです。北は北海道、南は沖縄、さらに海外ではアメリカにも店舗があります。

Karigoでは、住所貸しと荷物受取が使えるシンプルなホワイトプランを始め、電話転送や電話代行などオーソドックスなサービスが揃っています。


出典:https://www.karigo.net/

料金は相場と比較して標準的であり、西麻布、銀座、渋谷、代官山、南青山、赤坂、日本橋、世田谷区、上目黒など、都内の一等地の住所を利用できます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
登記代行も安く請け負っており、これから法人登記をされる起業家にもおすすめのバーチャルオフィスです。

\全国56拠点のバーチャルオフィス/

Karigoの評判・口コミ

実際に、Karigoを活用したユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

住所だけならどこでも借りられるようだけど、会議室付きがなかなか見つからず苦労しました。Karigoは受けられるサービスが多いので住所以外にも色々オプションが欲しい人にはおすすめ。

法人設立代行がマジでありがたかった。何も分かってなかったので依頼したら申請終わって法人登録されてた。マジで楽。

法人化する為に登記用の住所が必要になり契約。実際にオフィスを借りると20倍ぐらいの金額を払わなければいけないような住所で契約を取ることが出来て満足!

知らない電話番号から連絡が来ることが増えてしまったので電話代行を契約。個人情報が出回らない安心感が得られると思ったらコスパ良し。

悪い評判・口コミ

プランは多いのに自分が欲しいものだけがセットになっているプランはなかった。また、ネットで全部契約するというのは不安症な私としては踏み込みづらかった。

ご覧の通り、Karigoを活用したユーザーの満足度には個人差があります。次の章で、Karigoを活用するメリット・デメリットをご紹介します。

Karigoを活用するメリット

Karigoのバーチャルオフィスを活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

月額費用・初期費用が安い

Karigoを活用するメリットは何と言っても、利用料金の安さです。3,300円/月(税込)から利用することが可能で、他のバーチャルオフィスと比較しても最安級です。

契約時に必要な初期費用(入会金)に関しても、5,500円(税込)と他の大手バーチャルオフィスと比較しても安いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
Karigoは月額&初期費用共に、業界最安の水準です。

手間がかからない

Karigoは、契約から利用開始までに手間や時間がかからないこともメリットです。

一般的なオフィス物件を賃貸するとなると、複数の物件を比較検討したり、賃借契約に必要な手続きを行なったり、備品を購入して設置するなどの手間が発生します。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
Karigoであれば、必要最低限の手間やコストで済む上に、郵送物の転送や電話対応など、働く環境に必要なバックアップも提供しているので安心です。

自宅住所の登記を回避できる

Karigoを利用することで、事業に必要なオフィス住所を取得できます。

オフィスの住所は、法人登記だけでなく名刺やWebサイトに記載するためにも必要で、各都道府県の主要都市やビジネス街など、きちんとした住所があることで対外的な信用を得やすくなります。

中には、オフィス住所を自宅に設定する方も多いですが、セキュリティやプライバシー面を考慮するとバーチャルオフィスを利用するのが得策と言えます。

都心一等地の住所を利用できる

Karigoの店舗数は、全国に56店舗と業界トップクラスの水準です。

東京では、六本木、渋谷、新宿、銀座など、都心一等地の住所を利用できます。

また、北は北海道、南は沖縄にも店舗があるので、地方の主要都市で法人登記したい事業主にもおすすめです。

Karigoを活用するデメリット

電話の対応時間が短い

Karigoの電話対応時間は、11:00~16:00(土日を除く)と他社と比較すると少し短いです。

一般的なバーチャルオフィスであれば、オプションをつけることで18時ごろまで対応してくれるのでその点はデメリットです。

当サイトが最もおすすめするバーチャルオフィスについて知りたい方は、関連記事「おすすめのバーチャルオフィス10社を徹底比較」もご覧ください。

Karigoはどんな人におすすめ?

Karigo』のメリット・デメリットを踏まえ、Karigoの活用をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・全国展開しているバーチャルオフィスを探している
・月額料金と初期費用が安いバーチャルオフィスを探している
・都内の一等地の住所を利用したい
・地方の主要都市で法人登記を行いたい
・ネットショップ事業を営む経営者

Karigoが気になった方は、ぜひ以下の公式ページよりサービス詳細やキャンペーン情報をご確認ください。

\全国56拠点のバーチャルオフィス/

よくある質問

特定派遣事業届出や古物商届出に住所使えますか?

いいえ。
実際のスペースが必要となる事業への届出には住所はご利用いただけません。

登記に利用可能ですか?

はい、全店舗登記にご利用可能な住所となっております。

来客があった場合はどうなりますか?

不在の旨を伝え、お名刺を頂戴した場合はお客様へご連絡いたします。

販売元として提供住所を使用してもいいですか?

可能です。ただし製造元としてはご利用いただけませんのでご注意ください。

郵送物の転送に手数料はかかりますか?

いいえ。転送に関わる手数料は頂いておらず、送料実費のみ頂戴いたします。
ただし、複数個口のお荷物をダンボールに梱包する等、イレギュラーな対応の場合は別途費用が発生いたしますのでご了承ください。

引用:公式サイト

最後に

以上、Karigoの評判・口コミや料金についてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

以下の表に、格安で利用できるおすすめのバーチャルオフィスをまとめてみましたので、複数のバーチャルオフィスの中から比較検討されたい方はぜひチェックしてみてください。

オフィス名場所特徴
GMOオフィスサポート渋谷/新宿/銀座月額990円〜利用可能。3ヶ月無料のキャンペーン実施中。評判はこちら
DMMバーチャルオフィス渋谷/銀座/梅田/福岡渋谷・大阪・福岡の一等地住所を月額990円で利用可能。評判はこちら
NAWABARI目黒目黒区の住所を1,078円/月〜利用可能。評判はこちら
ワンストップビジネスセンター全国38拠点北は札幌、南は福岡まで全国38店舗展開。評判はこちら
Karigo全国56拠点地方で法人登記したい方におすすめ。料金は業界標準
レゾナンス浜松町/銀座/渋谷/新宿都内で業界最安級(1,650円/月)のバーチャルオフィス。評判はこちら
ユナイテッドオフィス銀座/日本橋/表参道/青山/渋谷/新宿/池袋会社設立手続き・口座開設サポートが充実。評判はこちら
ナレッジソサエティ九段下法人口座の開設保証あり。料金はやや高め。評判はこちら
リージャス全国170拠点月数回オフィス利用したい方におすすめ。評判はこちら
和文化推進協会京都月額550円で京都市の住所をレンタル可能。評判はこちら