フリーランス基礎知識

フリーランスの結婚事情を解説!結婚を考えるときのポイント

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報をピックアップしてご紹介しています。

フリーランスの人口が増えていくのと比例して、フリーランスの恋人を持つ人も増えています。

そんな中よく聞くのが「フリーランスは結婚願望が弱い」「フリーランスの彼との結婚は金銭的に心配」という、フリーランスの恋人を持つ人の不安の声です。

この記事では、フリーランスのリアルな結婚事情や、どのように不安を取り除いて結婚に近づけるかを解説します!

フリーランスは結婚願望が低い?

近年、若くしてフリーランスとして独立する人が増えてきました。厚生労働省の人口動態調査によると、平成25年の平均初婚年齢は男性が30.9歳、女性が29.3歳で、フリーランスになった20~30代の方でも遅かれ早かれ、「結婚をいつするか」という問題に直面します。

内閣府の「結婚・家族形成に関する意識調査」を見ると、「正規雇用」と「非正規雇用」に分けてそれぞれの結婚観の違いを見ることができます。

たとえば、「すぐにでも結婚したい」や「いずれは結婚したい」など結婚する意志のある男性は「正規雇用」が約79%だったのに対し、「非正規雇用」は約62%と下回っています。これは、収入面で不安がある男性は結婚を考えにくい、というデータの表れだと予想できます。

「結婚相手にめぐりあえるよう努力するかどうか」という質問でも、非正規雇用は正規雇用に比べると割合が低く、自分から積極的に出会いを求める姿勢も乏しいようです。

結婚を考えるときのポイント

収入は安定してる?

やはり、結婚するうえで一番気になになるのが「収入」です。前述の通り、フリーランスはどうしても収入が不安定になってしまうので、なかなか結婚に踏み切れない方は多いです。

一方で、フリーランスの恋人を持つ女性は、高収入を望んでいるわけではなく「安定した結婚生活を送れる収入が望めるのだろうか」という点を気にしている方がほとんどです。

既婚者に行った意識調査「結婚生活に必要な夫婦の年収」についてのアンケート結果では、300万円~500万円と答えた方がほとんどでした。結婚を考えているフリーランスの方は、この水準を一つの目安にしましょう。

フリーランスの平均年収は?年収1000万円を目指す方法を解説! 職業柄、これまでたくさんのフリーランスとお会いしてきましたが、多くのフリーランスが年収1,000万円を一つの目安にしています。 ...

ローンは組める?

フリーランスはローンが組みにくいというイメージがありますが、必ずしもそうではありません。この章では、ローンを組むためのポイントについてご紹介します。

・安定した収入
ローンの返済能力は、何を基準に審査されるかというと過去3年分の所得になります。フリーランスがローンを申し込む際は、納税証明書や確定申告書の写しなど、所得を証明する書類を提出する必要があります。

なので、フリーランスの方でも会社員と同等の収入があれば、問題なくローンを組むことができます。

・社会的信用
ここでいう社会的信用とは、「クレジットカードの利用において延滞はないか」「借金を重ね年収の3割以上の借り入れをしていないか」など、ローンをしっかりと返済してくれそうかどうかが基準になります。

安定した収入があっても、社会的信用がなければローンの審査に落ちることがあります。

・適切な確定申告
先ほど、ローンの審査には過去3年分の所得証明が必要とご紹介しましたが、「きちんと確定申告を行っている」ということ自体が社会的信用の証明につながります。

確定申告を行う際に気をつけていただきたいのが「むやみに収入を低く見積もらないこと」です。ローンを組もうと考えている方は、過度な節税対策は控えましょう。

フリーランスの確定申告は青色申告一択!必要な書類、手続きを解説 フリーランスはサラリーマンと違い、自分で確定申告を行い、所得税や住民税などの税金を納める必要があります。 この記事では、白...

ワークライフバランスは?

結婚・家族形成に関する意識調査の「家事・育児分担」の項目において、正規雇用の男性より非正規雇用の男性のほうが10%以上、家事・育児を妻と同様に負担すると答えています。

フリーランスの男性は、在宅勤務が多く自由な時間を作りやすいこともあって、家族サービスに積極的な傾向があります。

実際、フリーランスの男性と結婚している方のほとんどが、結婚後「女性も好きな仕事を続けている」家庭が多いようです。

【2020年】在宅・リモートワークできるおすすめの副業10選! この記事をご覧の方は、在宅・リモートワークできる副業をお探しですね?「在宅 副業」などで検索すると、「ポイントサイトでコツコツ稼...

年金や保険はどうなる?

結婚する際はいろいろな手続きが必要となりますが、その中でも保険と年金は特に準備しておきたい部分です。この章では、結婚後に準備すべきことについて簡単にご紹介します。

・保険
フリーランスの保険というと国民健康保険ですが、フリーランスとしての収入がまだ安定していない場合は、結婚相手の社会保険の扶養に入るという方法もあります。

扶養に入れる基準としては「被保険者と三親等以内で、年収が130万円未満、なおかつ被保険者の年収の約2分の1未満」となっています。

なお、国民健康保険には扶養は存在しないので注意が必要です。

フリーランスが加入すべき社会保険は?賢く保険料を抑える方法を解説! フリーランスは正社員とは違い、自分で社会保険に加入する必要があります。 この記事では、フリーランスが加入すべき社会保険の種類や...

・年金
フリーランスの年金は国民年金一択です。夫婦がどちらもフリーランスの場合、二人分の国民年金保険料は以下になります。

32,820円 × 12ヶ月 = 393,840円(令和2年度)

フリーランス(個人事業主)になったら国民年金に切り替え!年金の基礎知識と手続きを解説 会社員からフリーランスになる場合、厚生年金から国民年金に切り替わるので、退職を証明する書類を持参の上、国民年金の加入手続きを行う...

最後に

以上、フリーランスの結婚事情や結婚を考えるときの4つのポイントついてご紹介しました!この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

フリーランス(個人事業主)になるには?脱サラするまでに準備すべきこと【10選】 フリーランスとして最高のスタートダッシュを切るためには、会社員時代の事前の準備が欠かせません。 僕の経験上、週休二日制(土...
ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINEにてお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家湘南」の物件詳細・コンセプトをご紹介! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年ほど働いていたのですが、会社員を辞めて独立を決意するには「同業の先輩フリーラ...