人間関係・職場環境の悩み

次の仕事決まってないけど辞めるはあり?メリット・デメリットを解説

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当ブログでは、転職や独立相談を生業とする私の目線で、キャリアに悩んでいる方に本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

次の仕事が決まってから退職するのが一般的ですが、どうしてもすぐに今の会社を辞めたい場合、次の仕事が決まってないのに辞めるのはアリなのでしょうか?

この記事では、次の仕事を決めずに退職した際のメリットやデメリット、退職する前にやるべきことをまとめてご紹介します。

なぜ仕事を辞めたいのか整理する

仕事を辞めたい理由を書き出す

まずは自分の気持ちを整理するために、仕事を辞めたいと感じる理由を全て紙に書き出してみましょう。「人間関係」「仕事内容」「給与」の3つに分けて書き出すと整理しやすいかと思います。

仕事を辞めたい理由(例)

・上司が怖くて萎縮してしまう
・嫌いな同僚がいる
・飲み会が多くて気疲れする
・残業が多く休みも不定期
・成績が悪くていつも怒られている
・成果を出しているのに給料が上がらない

このように、できるだけ細かくたくさん書き出すことで、仕事を辞めたい理由が見えてくるでしょう。

辞めたい理由の優先順位をつける

次に、先ほど書き出した辞めたい理由を「どうしても我慢できない」順に並べてみましょう。本当に辞めたい理由がより鮮明に見えてきます。

おそらく、自分が変われば解決するものより、「会社や上司、同僚が変わらなければ解決しないもの」の優先順位が高くなるかと思います。

できるだけ主観が入らないよう、仲の良い同僚と相談しながら客観的に並べることをおすすめします。

仕事を辞めるべきか判断する基準

自分が原因か相手が原因か

前述の辞めたい理由の順位付けが終われば、次にその原因が自分なのか相手(会社)なのかを判断しましょう。もし、辞めたい理由の原因が会社にあれば、退職を検討するのが最善です。

例えば、
・休日出勤や長時間残業を強いられている
・パワハラがやセクハラが横行している
・成果を出しても給料が上がらない

など、このような職場であればすぐに辞めた方が良いでしょう。勤め続けることで心身共に大きなダメージを受ける可能性があります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
人間関係の修復が難しい場合も辞めることが得策であるケースが多いです。前職の反省をもとに、職場環境を変えて新たな人間関係を構築するのが最善です。

体調を崩しているかどうか

体調を崩しているかどうかは、仕事をやめるべきかどうかを判断する上で最も重要な判断基準です。ストレスが重なりうつになってしまうと、職場への復帰も簡単ではないので、体調の異変に気付いたらすぐに退職を検討しましょう。

とくに、以下のような症状が当てはまれば要注意です。

うつの初期症状

・疲れているのに眠れない
・出勤前に吐き気がする
・休んでも疲れがとれない
・やる気がおきない
・いつも気分が落ち込んでいる
・食欲がない、過食してしまう

参照:軽症うつ病|久米クリニック

ただし、何となく心療内科を受診するのは控えた方がいいです。うつ病と診断された場合、転職活動に影響がでることもあるからです。まずは自分の身体と心の異変を敏感に察知し、早い段階でしっかりと休養をとりましょう。

「仕事のストレスで体調不良に・・」その原因と対処法を徹底解説 仕事のストレスは、大きく分けると「人間関係」「勤務時間」「仕事内容」「給料」「ノルマ」の5つに大別できます。これらのストレスが積...

次の仕事を決めずに退職するメリット

次の仕事を決めずに退職するメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

自己分析や情報収集に集中できる

転職活動中は、求人情報の収集から企業研究、自己分析、応募書類作成など、やらなければならないことがたくさんあります。会社で働きながら転職活動を行うと、どうしても自己分析や情報収集が疎かになってしまい、転職先でも同じようなことが原因で退職してしまう可能性があります。

仕事を続けながら満足のいく転職活動を行うのは大変ですが、仕事を辞めてからなら思う存分取り組むことができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
同時に複数企業の選考が進んでいる場合も、1社1社しっかり準備できるでしょう。

面接・入社日の融通がきく

会社で働きながら転職活動を行うと、どうしても有給をとったり、早めに退社したりなどして面接の日程を調整する必要があります。会社に内緒で転職活動を行うのは、時間的にも精神的にもしんどいですよね。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
退職後の転職活動では、企業の指定した時間に面接を入れることができるので、選考をスムーズに進めることができます。

また、内定をもらった後、在職中であればそこから退職交渉や業務引き継ぎにより入社まで最低1ヶ月以上かかります。一方で、退職後なら即日入社もできるので「人手不足ですぐに入社してほしい」という企業の選考では有利にはたらく可能性があります。

新しいスキルの習得に専念できる

退職後は、転職活動を有利に進めるために資格を取得したり、スクールに通って新しいスキルを習得するための時間を確保できます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
離職期間が長くなっても、資格取得や短期留学、プログラミングスクールなどキャリアを見据えた自己研鑽を行っていたことを説明できれば、採用担当者から良い印象を持ってもらえます。

最近では、Webに関する求人数がかなり増えてきているので、プログラミングやWebデザイン、動画編集のスキルを身につけておくことをおすすめします。これらのスキルを身につけておけばフリーランスとしても独立しやすいです。

【2021年】おすすめのWebデザインスクール・学校11校を徹底比較 リモートワーク可能で求人が豊富なWebデザインの仕事は、副業収入を得たいサラリーマンやフリーランスに人気の職業となっています。 ...
【2021年】おすすめの動画編集スクール・学校10校を徹底比較 近年、YouTubeやTiktok、InstagramなどのSNSが普及したことにより、動画クリエイターの求人需要がかなり高まっ...

次の仕事を決めずに退職するデメリット

社会保険の移行手続きが面倒

退職してから次の会社で働き始めるまでの離職期間が長くなる場合、健康保険国民年金への切り替え手続きが必要になります。

会社員であれば、勤め先の健康保険や厚生年金に手続きなしで加入できますが、離職期間が長くなるとそれぞれの加入資格がなくなってしまいます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
在職中は社会保険料の半分を会社が負担してくれますが、離職期間中は自己負担になるので保険料が高くなってしまうことを頭に入れておく必要があります。

経済的に厳しくなる

離職期間が長引くと、経済的にも精神的にも苦しくなってきます。自己都合退職の場合、失業保険を受け取るには2ヶ月間の給付制限があり、その間の収入はゼロとなります。

貯金残高を気にしながら転職活動を行うのは精神的にも苦しいですよね。おそらく、離職期間中の1ヶ月の生活費は、

家賃 5万円
食費 3万円
年金 1.5万円
健康保険 1.5万円
水道光熱費 1万円
携帯 0.5万円

くらいで、トータル約13万円くらいになると思います。なので最低でも50万円ほどの貯金がある状態で退職を検討されることをおすすめします。

限界を感じた時は退職代行を利用しよう

社内の人間関係がかなりこじれてしまい、引継ぎや退職の挨拶はおろか退職の意思を直接伝えられない方も多いかと思います。

そのような状況の方は、退職代行サービスを利用することをおすすめします。退職代行サービスとは、サラリーマンが会社を退職したいと考えた際に、本人に代わって退職の手続きを行ってくれるサービスです。

早ければ即日苦手な上司との接触を断つことも可能で、職場の人間ともう会わないで済むというのがユーザーにとって最も大きなメリットです。

おすすめの退職代行サービス2選

退職代行ニコイチ | 創業14年で退職成功率100%

オススメ度
料金27,000円(税込) ※業界最安
強み全額返金保証・即日退職・有休消化サポート

退職代行ニコイチ』は、創業14年の老舗退職代行サービスです。代行費用は27,000円と業界最安値です。

これまで7,200名以上の方が退職代行ニコイチで退職しており、万が一退職できなかった場合は全額返金の保障付きです。


出典:https://www.g-j.jp/lp04/

また、退職後は2ヶ月間のアフターフォローがついているので、辞めたあとの離職票の受取や、貸与物の返却なども代行してくれます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
退職の手続きまではしてもらったものの、オフィスに行かないといけないとなるとかなり気まずいですよね。

退職後の必要な手続きも代行してくれる点は、ユーザーファーストで非常に好感がもてます。

・心理カウンセラーが退職時に抱える悩みについて、心理的なケアを行ってくれる

・創業14年の老舗なので安心(退職成功実績100%)

・早朝7時から対応してくれる(24時間営業ではない)

・2ヶ月のアフターフォローつき(離職票の受取や、貸与物の返却なども代行)

LINEでいつでも無料相談可能/

退職代行ガーディアン | 退職時の条件交渉(有給・残業代・退職金等)に強い

オススメ度
料金29,800円(税込)
強み退職時の条件交渉(弁護士によるサポート)

退職代行ガーディアン』は、労働組合との提携を強みにしている退職代行サービスです。労働組合と提携することで、「未払い賃金・残業代」や「退職金」など退職時の条件について、企業との交渉代行ができます。

費用についても、29,800円(税込)と格安です。しかし、実際に弁護士がついている訳ではないので、『弁護士法人みやび』のような弁護士法人が運営する退職代行サービスと比較すると交渉能力は劣ります。法的に揉めた際に裁判ができる訳でもないので、その点については注意が必要です。

出典:https://taisyokudaiko.jp/

弁護士を雇う退職代行業者よりも、低価格で有給休暇や残業代、退職金の交渉が可能なので、非常にコストパフォーマンスに優れた代行業者であるといえます。

・法的に確実に退職できる

・即日で会社にいかずに退職することができる

・会社や上司への連絡不要

・有給休暇や残業代、退職金の交渉が可能

\退職時の条件交渉に強み/

【2021年】おすすめの退職代行サービス10社を徹底比較 Googleで「退職代行」と検索すると、「退職代行 やばい」「退職代行 トラブル」「退職代行 ありえない」「退職代行 クズ」とい...

最後に

以上、次の仕事が決まっていないのに辞めた場合のメリット・デメリットについてご紹介しました。

・自己分析や情報収集に集中できる

・面接・入社日の融通がきく

・新しいスキルの習得に専念できる

・社会保険の移行手続きが面倒

・経済的に厳しくなることも

以下の表に、主要な退職代行サービスをまとめてみましたので、代行サービス選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい!

名称詳細オススメ度
退職代行ニコイチ評判を見る
退職代行ガーディアン評判を見る
弁護士法人みやび評判を見る
退職代行SARABA評判をみる
退職代行Jobs評判をみる

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!