フリーランス基礎知識

フリーランス(個人事業主)になったら国民年金に切り替え!年金の基礎知識と手続きを解説

会社員からフリーランスになる場合、厚生年金から国民年金に切り替わるので、退職を証明する書類を持参の上、国民年金の加入手続きを行う必要があります。

フリーランス(個人事業主)になるには?脱サラするまでに準備すべきこと【10選】 フリーランスとして最高のスタートダッシュを切るためには、会社員時代の事前の準備が欠かせません。 僕の経験上、週休二日制(土...

この記事では、国民年金への加入手続きの方法や、将来受け取る年金の受給額を増やす方法をご紹介します。

年金の基礎知識

日本の年金は、20歳以上60歳未満の全ての方が加入する国民年金と、会社員・公務員が加入する厚生年金の2階建てになっています。会社員・公務員は国民年金と厚生年金を将来受け取ることができますが、フリーランスの場合、国民年金しか受け取ることができません。

国民全員が加入する国民年金

国民年金は、20歳以上60歳未満の国民全員に加入義務があります。保険料は定額で、月額16,410円(2019年)です。20歳から60歳まで全ての保険料を納付した場合、月額約6.5万円(2019年)を満額として受給することができます。

失業したばかり、または収入が減少してしまったフリーランスは、保険料の免除制度があるので、経済的に困難になってしまった場合は、未納のままにせず免除の手続きしておきましょう。

国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度

会社員が加入する厚生年金

厚生年金の加入対象者は会社員と公務員です。フリーランスは厚生年金に加入できせん。

厚生年金に40年間加入し、その期間の平均収入が約40万円/月だった場合、約9.1万円/月の厚生年金を受給することができます。国民年金と合わせると約15.6万円/月受給することができます。

「老後の最低日常生活費は月額で平均22.0万円」、「ゆとりある老後生活費は平均34.9万円」と言われているので、会社員・公務員・フリーランスとも年金だけでは老後の生活ができないことが分かります。

フリーランスになったら国民年金に切り替える

以前、フリーランスになるまでに準備すべきこと【10選】でもご紹介しましたが、国民健康保険と同じく、会社員をやめてフリーランスになった場合、国民年金に新しく加入する必要があります。

国民年金の加入手続き

国民年金への加入は、住んでいる市区町村役場でおこなうことができます。手続きの際には年金手帳と、離職・退職証明書、社会保険の資格喪失書など退職した日付がわかるものを持っていく必要があります。

健康保険と国民年金は、どちらも役所での手続きとなるので、退職後は早めに役所へ向かうようにしましょう。

フリーランスが年金受給額を増やす方法

先ほど、「老後の最低日常生活費は月額で平均22.0万円」、「ゆとりある老後の生活費は平均34.9万円」であるとご紹介しました。
会社員と公務員は、厚生年金を含めた約15.6万円/月の年金と、退職金を受け取ることができるので、老後の資金についてはあまり心配する必要はありません。

一方で、フリーランスが受け取ることができる国民年金は、約6.5万円/月(2019年)で退職金はありません。そこで、フリーランスが厚生年金のように、国民年金に上乗できる年金についてご紹介します。

国民年金基金

国民年金基金は、フリーランスなどの第1号被保険者のみが加入できる年金で、1か月の掛金の上限は月額6万8,000円です。

以前、フリーランスが支払う税金の種類 | 控除と経費を増やして賢く節税する方法!でもご紹介しましたが、自身または生計をともにする家族のために支払った、健康保険や年金などの社会保険料は、社会保険料控除として全額控除できます。

同じように国民年金基金の掛け金も、全額控除となるので節税対策としてとても有効です。

また、終身年金であるため死ぬまで支払いを受けることができます。少ない掛け金から始めることができるので、駆け出しのフリーランスの方にもおすすめです。

個人型確定拠出年金 iDeCo

iDeCoは掛け金を自身で積み立て、金融商品を運用し、60歳以降に受け取ることができる年金です。毎月の積立金や運用する金融商品は自分で選ぶことができます。

国民年金基金と同様、少ない掛け金から始めることができ、毎月5,000円〜6万8,000円まで1,000円単位で積立金額を選べます。

また、iDeCoには3つの税制メリットがあります。

①積み立てた掛け金が全額控除となり、節税対策として有効。
②通常、投資で得られた利益には約20%の税金がかかりますが、iDeCoの運用益は非課税。
③一時金で受け取る場合「退職所得控除」、年金形式で受け取る場合「公的年金等掛金控除」となり、節税対策として有効。

まとめ

以上、フリーランスが必ず頭に入れておくべき、年金の基礎知識をご紹介しました。

自分がフリーランス1年目の頃は、仕事のことで頭がいっぱいで、保険や年金について深く考えることができませんでした。
なので、これからフリーランスに挑戦しようと考えられている方は、余裕がある会社員のうちに、これら制度やサービスについて理解を深めておくことをおすすめします。

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
シェアハウスの入居に興味がある方は、ぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINE@からお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号店」、茅ヶ崎にオープンします! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...
関連記事