フリーランス基礎知識

Pythonエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

現在、Pythonエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

最近では、フリーエンジニア専門エージェントが保有するPython案件も増加してきており、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

この記事では、フリーのPythonエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

Pythonエンジニアの仕事内容

Pythonエンジニアの仕事内容は、Web系、データ分析、人工知能開発の3つに大別できます。この章では、それぞれについて解説していきます。

Web系

Web系の開発における主流のプログラミング言語といえばPHPやRuby、Javaなどが有名です。一方で、最近ではPythonもWeb系の開発で使われる機会が増えてきました。

Pythonのフレームワークが充実していることや、大規模なデータ分析、分散処理などWebサービス開発に向いているなどが理由としてあげられます。FacebookやYouTubeといった大規模なサービスのプログラムも、一部もPythonを使って開発されています。

データ分析

Pythonが持つ統計処理や解析に優れた特性は、データ分析において特に重宝されます。NumPy、SciPy、Pandas、Matplotlibなど、数値計算を高速におこなうライブラリが強みです。

実行速度が要求されるプログラムでは、C言語やC++をもちいて開発するケースも多くありましたが、データ分析では実行結果をみながらコードを修正することが多く、コンパイルが不要なPythonが支持を集めています。

人工知能

人工知能の開発には、ディープラーニング、ビッグデータ解析、機械学習などの技術が密接に絡んできます。

Pythonには、TensorFlowやPyTorch、Scikit-learn、Theanoといった機械学習ライブラリも豊富にあり、精度の高いAI実装も容易に行えます。開発効率に秀でたPythonエンジニアの求人需要が高まっているのは当然の流れといえます。

Pythonエンジニアの報酬・年収相場

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
Pythonエンジニアの報酬・年収の相場を見てみましょう。

ビズリーチによるプログラミング言語別平均年収ランキングでは、Pythonエンジニアの年収中央値は575万円となっています。厚生労働省が発表しているプログラマーの平均年収は、350万円~500万円なので、平均を大幅に上回っていることが分かります。

フリーエンジニア専用エージェントである「レバテックフリーランス」で公開されているPythonエンジニアの平均年収は924万円で、平均月単価は77万でした。また最高単価は145万円、最低単価は45万円です。

会社員よりフリーランスの方が、2倍近い年収になっていることが分かりますね。

【言語別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの年収
言語平均年収最高年収
PHP720万円960万円
VBA720万円890万円
JavaScript800万円1640万円
C#828万円1010万円
Unity840万円1020万円
Java852万円960万円
Swift900万円1680万円
Python924万円1380万円
Ruby960万円1290万円
SAP1080万円1500万円
フリーランスの平均年収は?年収1000万円を目指す方法を解説! 職業柄、これまでたくさんのフリーランスとお会いしてきましたが、多くのフリーランスの方が年収1,000万円を一つの目安にしています...

Pythonエンジニアの案件数・求人動向

フリーエンジニア専用エージェントである「レバテックフリーランス」でPythonエンジニア向けの案件を検索すると約700件、「ギークスジョブ」では約130件ほど見つかりました。

PythonエンジニアはPythonを用いて、Webアプリ開発やゲーム開発などを行う案件が多いようです。

フリーランスのPythonエンジニアとして、フリーエンジニア専門エージェントから案件を獲得するには、最低でも実務経験が1年以上は求められるので、まずは会社員として1年以上の開発経験を積んでから独立を目指されることをおすすめします。

Pythonエンジニアになる方法

この章では、未経験からフリーランスのPythonエンジニアを目指す方法についてご紹介します。

会社で働いて経験を積む

未経験からPythonエンジニアを目指すのであれば、まずは正社員として実務経験を積むことをオススメします。

独学でスキルを身につけるよりも、会社に勤めた方が実務を通してPythonのスキルを身につけられ、先輩社員からフィードバックもあるので成長スピードが早いです。

就職・転職に抵抗がない方は、レバテックキャリアなどのIT業界に強い転職エージェントを活用し、企業に勤めながら実務経験を3年以上積んだ上で独立することをオススメします。

【2020年】レバテックキャリアの評判は?メリットやデメリットも解説!レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェントです。 この記事では、レバテックキャリアを...

スクールで勉強する

Pythonの知識が全くない状態で転職することは難しいので、まずはスクールで学習することになるかと思います。特に、オンラインで学びたい方はテックアカデミーの機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」がオススメです。

TechAcademyは、全てのコースで現役エンジニアがメンターとして学習をサポートしてくれます。メンターによるチャットサポートマンツーマンメンタリングが受講生にはとても人気です。

チャットサポートでは、毎日15時〜23時までメンターがオンラインで常時待機しており、わからないところを聞けばすぐに答えてくれます。

マンツーマンメンタリングでは、受講生に1名ずつ専属のパーソナルメンターがつき、週2回ビデオチャットでパーソナルメンターに質問や相談をすることができます。

【2020年】TechAcademy(テックアカデミー)の評判は?リアルな口コミと評判まとめ TechAcademy(テックアカデミー)は、キラメックス株式会社が運営するプログラミングスクールです。この記事では、TechA...

フリーのPythonエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランスPythonエンジニアが案件を獲得するためには、フリーランス専用のエージェントに登録することが最も効率的です。

エージェントに登録するとブランク期間を空けないように仕事を紹介してくれるので、自分で営業をかけるという労力や精神的な不安を軽減できます。

この章では、Pythonエンジニアにおすすめのフリーランス専用エージェントを2社ご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス」は、フリーエンジニア専門のエージェントです。 フリーエンジニアに特化した求人情報が多数掲載されており、Pythonエンジニア向けの案件は約700件掲載されています。※2020年8月時点

レバテックフリーランスの利用者は、2人に1人がフリーランス未経験者ですが、業界に詳しいコーディネーターがしっかりと希望をヒアリングしてくれるので、安心して求人を探せます。

また、フリーランスに対するフォローも手厚く、税理士も紹介してくれるので、通常より安く確定申告の代行をしてくれます。その他にも、ファイナンシャルプランナーの紹介や無料でセミナーに参加できます。初めてフリーランスになる方で、エージェントを探す場合はレバテックフリーランスがおすすめです。

【2020年】レバテックフリーランスの評判は?メリット・デメリットを解説!フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。 ...

ギークスジョブ

ギークスジョブ」は、 ギークス株式会社という人材会社が運営しており、15年以上の実績がある老舗のフリーエンジニア専門エージェントです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
2020年8月時点で、Pythonエンジニア向けの案件は約130件掲載されています。単価としては、65万円/月〜95万円/月のレンジの案件が多いです。

ギークスジョブはレバテックフリーランスと違い、2年以上経験のある開発者向けのエージェントになっています。

経験者向けのエージェントではありますが、サポート体制はしっかりしており、営業・カウンセリング・サポートの各分野の専任者がフォローしてくれる体制が整っています。また、フリーランス向けの福利厚生もあるので、仕事が決まった後も安心です。

Pythonエンジニアとしての実務経験が豊富な方は、ギークスジョブがおすすめです。

geechs job(ギークスジョブ)の評判は?現役フリーランスがメリット・デメリットを解説!フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。 ...

Pythonエンジニアの将来性

PythonはWebアプリ開発や機械学習などに用いられるオブジェクト指向型の言語です。主要オペレーティングシステムやJava/.NETなどの仮想環境に対応しているだけではなく、豊富な拡張ライブラリを有しているのも特徴です。

テキスト処理やインターネットプロトコルなどの標準ライブラリも搭載しており、Pythonは非常に汎用性が高いプログラミング言語と言えます。

また、Pythonには、TensorFlowやPyTorch、Scikit-learn、Theanoといった機械学習ライブラリも豊富にあり、精度の高いAI実装も容易に行えます。AI産業はますます拡大していくことが予想されるので、開発効率に秀でたPythonエンジニアの求人需要が高まっているのは当然の流れといえます。

データサイエンティストがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、データサイエンティストとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリー...
AI(機械学習)エンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、AIエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリーエンジニ...

最後に

以上、フリーのPythonエンジニアになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介しました。この記事をご覧の方は、以下の記事もオススメです。

フリーランスエンジニアになるには?仕事内容・年収・案件獲得方法も解説! 現在、エンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、クラウドソーシング...
ノマド代表
辻本
ノマド代表
辻本
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひLINEにてお気軽にご連絡ください!

※代表の辻本が24時間以内に必ずご連絡いたします。