おすすめのWebスクール

レバテックカレッジの評判・口コミや料金【2022年最新】

レバテックカレッジ』の受講を検討する際、実際の受講生の評判・口コミは事前に確認しておきたいポイントです。

どんなカリキュラム内容なの?講師のサポート内容は?
転職・独立サポートは行っている?卒業生の進路先は?
Webアプリケーションの開発スキルが身に付くって本当?

スクール選びで失敗しないためにも、このような疑問点は事前に解消しておくべきです。

この記事では、実際にレバテックカレッジを受講したユーザーの口コミや評判をもとに、レバテックカレッジを受講するメリットやデメリットをご紹介します。

レバテックカレッジでは、現在無料相談会を実施しており、講師になんでも質問・相談できます。
年齢や経歴を加味した転職成功率や学習スケジュール、卒業生の就職先など、HPには記載がない情報を知りたい方は『無料相談会』に参加することをおすすめします。

レバテックカレッジのカリキュラム内容・料金

運営会社レバテック株式会社
学習スタイル通学(渋谷)/ オンライン
料金月額29,800円 (税込)
期間3ヶ月
対象大学生 / 大学院生
習得スキルPHP / Git / AWS / MySQL / HTML / CSS / JavaScript

レバテックカレッジ』は大学生・大学院生を対象としたプログラミングスクールです。プログラミングスキルの習得に加え、就職活動までサポートしてくれる点が強みの一つです。

習得したプログラミングスキルを活かせる企業に就職できるので、仕事に直結するスキルを在学中に習得できます。

レバテックカレッジでは、Webサービス開発の現場で需要の高いPHP中心のカリキュラムを提供しています。教室にはメンターが常駐しており、その多くは人気ベンチャー企業のエンジニア内定者です。

・Webアプリケーション開発スキルを網羅したカリキュラム

・習得したプログラミングスキルを活かせる企業に就職できる

・オンライン or 教室での受講ができる

・採用企業からのスポンサー料を得ている分、安価な受講料を実現している

\大学生/大学院生限定

レバテックカレッジの評判・口コミ

実際に、レバテックカレッジを受講したユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

レバテックカレッジのポジティブな評判で多かったのは「メンターや就活アドバイザーが親切」「学習するモチベーションが上がる」という口コミです。

レバテックカレッジの受講者はGMARCH以上の大学生が多く、モチベーションの高さに刺激された。

今日レバテックカレッジの説明会参加したけど結構よかったなぁ

— Miki Fujimoto (@MikiFujimoto15) April 13, 2021

SNS上では良い口コミだけでなく、悪い口コミもちらほら見受けられたのでご紹介します。

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「メンターとコミュニケーショが取れない」といったネガティブな口コミも見受けられました。

カリキュラムサイトを個人で進めていき、適宜slackで質問するような形式でした。 プログラミング知識が全くなく、なかなかメンターとのコミュニケーショが取れなかったことはデメリットだと思いました。 一週間に一回面談がありますが、時間が限られているため解決できないことも多かったです。

初心者にとってはなかなか難しいカリキュラムであり、slackで質問しても疑問点に対して解決策が来る頻度が少なく、また学生がメンターであったため、解決策がわからない場合も多かったです。

ご覧の通り、レバテックカレッジを受講しているユーザーの満足度には個人差があります。次の章で、レバテックカレッジを受講するメリット・デメリットをご紹介します。

レバテックカレッジを受講するメリット

レバテックカレッジを受講するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

受講料が安く入会金は無料

レバテックカレッジの最大のメリットは受講料の安さです。入会金は無料で、29,800円(税込)/月で受講できます。

レバテックカレッジの受講料が安い理由は、採用先企業から得られるスポンサー料で運営されているからです。

レバテックカレッジの受講生を優先的に採用できる代わりに、企業がレバテックカレッジにスポンサー料を支払っています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
受講生にとっては、安く受講できてかつ採用に積極的な企業から声がかかるので一石二鳥ですね。

オンライン or 通学で学習できる

レバテックカレッジは、渋谷の教室以外にオンラインでも学習を進められます。

場所を選ばずにプログラミングを学べるので、地方在住の学生でも受講可能です。受講生同士で繋がりたいという方は通学がおすすめです。

Webアプリケーション開発スキルが身に付く

レバテックカレッジでは、Webサービス開発の現場で需要が高いPHP中心のカリキュラムになっています。3ヶ月間で、プログラミング未経験者でも「自分で考えて応用した」実装ができるようになります。

レバテックカレッジでは、下記の流れでプログラミング学習を進めていきます。

①オンライン教材を読む
②実際にWebアプリケーションを制作する
③制作物の評価・疑問をメンターに相談する

基本的には自学自習のスタイルですが、Webアプリケーション制作時の疑問点はメンターに相談できるので、初めてプログラミングを学習する方でも安心です。

就職支援サポートが充実している

レバテックカレッジでは、エントリーシートやポートフォリオの添削、面接対策、会社紹介などの就職支援サポートが充実しています。有名企業への内定実績も多数出ています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
大学ではプログラミングを学んではいないものの、未経験から新卒でエンジニアとして就職を目指している方におすすめです。

レバテックカレッジを受講するデメリット

大学生・大学院生しか受講できない

レバテックカレッジでは、大学生・大学院生しか受講できません。社会人や学生でない方は受講対象外です。

現在社会人の方で、未経験からプログラミングを学習してエンジニア転職したいという方は、社会人人気No1の『CodeCamp』がおすすめです。

習得できるスキルが限定的

レバテックカレッジでは、Webアプリケーションの開発言語であるPHP中心のカリキュラムになっています。

付随知識として、JavascriptやHTMLの学習は行われますが、Webサイト制作のためというよりはPHPの学習補完のためにカリキュラムに組み込まれています。

PHPは求人需要が非常に高い言語ではありますが、幅広い言語の学習したいという方には物足りなく感じるでしょう。

当サイトが最もおすすめするプログラミングスクールについて知りたい方は、関連記事「プログラミングスクールおすすめ14校を徹底比較」もご覧ください。

レバテックカレッジはどんな人におすすめ?

レバテックカレッジ』のメリット・デメリットを踏まえ、レバテックカレッジの受講をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・実務レベルのPHPスキルを習得したい
・新卒でアプリ開発エンジニアとして就職したい
・できるだけ安い受講料でプログラミングを学びたい
・オンラインで自分のペースで学びたい

レバテックカレッジが気になった方は、ぜひ以下の公式ページよりサービス詳細やキャンペーン情報をご確認ください。

\大学生/大学院生限定

レッスン受講までの流れ

レバテックカレッジを受講される際は、必ず無料相談会に参加して、カリキュラム内容や学習スケジュール、卒業生の就職先などを確認し、十分納得した上で本申込されることをおすすめします。

公式サイトから無料相談会を予約

レバテックカレッジの受講を悩んでいる方や、自分の目的(独立・転職)に合ったプログラミング言語について相談したい方は、オンライン上で開催されている『無料相談会』の予約をおすすめします。

現役のエンジニア講師になんでも相談できるので、今後需要が高まるプログラミング言語や効率的なスキルの習得方法など幅広く相談できます。

また、無料相談会参加後に、割引クーポンなど参加者特典を用意しているケースもあるので、いきなり本申込されるよりお得です。

無料相談会に参加

レバテックカレッジの『無料相談会』では、ビデオチャットを活用して現役のエンジニア講師に直接相談できます。

まず初めに、レバテックカレッジのコースやカリキュラム内容、学習スケジュール、受講料についての詳しい説明があり、その後に質問・相談できます。

特に事前学習の必要はありませんが、時間が限られているので事前に質問を用意しておきましょう。

本申込・レッスン開始

無料相談会参加後、受講を希望する場合はオンラインでプログラミングの適性検査(30分)を受検します。受験後、1営業日以内に結果が届きます。その後、指定の期日までに受講料を振り込みます。

入金が完了次第、すぐにレバテックカレッジでプログラミング学習を開始できます。

他の大手プログラミングスクールとの比較

この章では、受講生の満足度が高く、実績が豊富なオンラインスクール・通学可能なスクールをそれぞれ表でまとめてみました。

プログラミングスクールは各社独自の強みがあるので、無料説明会や体験レッスンに参加して、カリキュラム内容や講師の雰囲気をチェックしてみてください。

当サイトが最もおすすめするプログラミングスクールについて知りたい方は、関連記事「社会人におすすめのプログラミングスクール17校を徹底比較」もご覧ください。
おすすめオンラインスクール一覧
スクール名料金 / 期間特徴 / 強み
CodeCamp165,000円〜 / 2〜6ヶ月受講料が安く短期集中で学べる。評判はこちら
RaiseTech248,000円~ / 2〜4ヶ月求人需要が高いAWSの講座を開設。評判はこちら
ランテック437,800円〜 / 3〜6ヶ月Ruby on Railsを実務レベルで学べる。評判はこちら
デイトラ99,800円 / 無期限Twitterでの口コミ数No.1のWebスクール。評判はこちら
侍エンジニア88,000円〜 / 4〜24週間現役エンジニアによるマンツーマン指導。評判はこちら
TechAcademy 174,900円〜 / 4〜16週間 週2回のマンツーマンメンタリングと回数無制限の課題レビュー。評判はこちら
DMM WEBCAMP690,800円 / 3〜4ヶ月転職成功率は98%(97%がプログラミング初心者)評判はこちら
ポテパンキャンプ220,000円〜 / 2〜5ヶ月受講生のほぼ全員がWeb系の自社開発企業に就職。評判はこちら
おすすめ通学制スクール一覧
スクール名料金 / 期間特徴 / 強み
DIVE INTO CODE547,800円〜 / 4ヶ月 or 10ヶ月同期とペアプログラミングしながら学べる。評判はこちら
インターネットアカデミー209,000円 / 1~3ヶ月 HTMLを策定するW3Cが認める日本で唯一のスクール。評判はこちら
tech boost32,780円/月〜 / 3〜12ヶ月コスパ良くRuby・PHPが学べる。評判はこちら
テックキャンプ657,800円〜 / 最短10週間転職支援を利用したユーザーの転職成功率99%。評判はこちら
テックアイエス124,300円〜 / 3ヶ月〜1年間案件獲得のサポートや就職支援が充実している。評判はこちら
ヒューマンアカデミー722,700円 / 12ヶ月 全国23校舎あり通いやすい。評判はこちら
0円スクール無料 / 1ヶ月~3ヶ月入学金・受講料・教材費が一切かからず完全無料。評判はこちら