独立までに準備すること

フリーランス(個人事業主)は失業保険対象外!再就職手当の申請方法

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事をご覧の方は、フリーランスが再就職手当を受給する方法をお調べかと思います。

僕自身、実際に再就職手当を受給できたので、その経験をもとに申請方法をご紹介します。

証拠画像↓

そもそも失業保険はなぜ受給できない?

失業中にサポートしてもらえる制度として、一番最初に頭に思い浮かぶのが失業保険だと思います。

失業保険を簡単に説明すると、『会社を辞めてからの生活を維持するために受給できる手当』になります。会社員であれば、給料から天引きで雇用保険を納めているので、ほとんどの方に受給資格があります。

1日あたりの受給額は年齢によってそれぞれ上限があり、以下のような区別になっています。

・30歳未満:6,370円
・30歳以上45歳未満:7,075円
・45歳以上60歳未満:7,775円
・60歳以上65歳未満:6,687円

参照: ハローワークインターネットサービス「基本手当について」

また、給付日数については、退職理由・勤続年数・年齢によってばらつきがあります。給付日数について知りたい方は、失業保険のもらえる日数【所定給付日数】を計算・解説します!から簡単に計算できます。

失業保険の対象者

問題は、会社を辞めてから転職活動をせずに、フリーランスになる人にこの失業保険が適用されるかどうかです。

結論から言うと、フリーランスとして独立する人にこの失業保険は適用されません。失業保険の受給条件は以下の通りです。

①ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること

②離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あること

③ただし、倒産・解雇等により離職した方については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可

参照:ハローワークインターネットサービス

フリーランスが失業保険を受給できない理由は、上記①の『失業の状態にあること』に該当しないからです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスとして働くことを隠してを申請すればバレないのではないかと考える人もいると思いますが、不正受給がばれた場合、以下のペナルティが課されます。

①不正の行為のあった日以降のすべての給付が停止されます。(支給停止)

②不正に受給した金額を、全額ただちに返還しなければなりません。(返還命令)

③不正の行為により受けた額の2倍の額の納付が命じられます。(納付命令)

④もし、返還や納付をしないときは、財産差押えなどの強制処分がなされます。

⑤特に悪質な場合は、刑事事件として刑法(詐欺罪)によって処分されます。

参照: 不正受給について

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
これだけのリスクを負ってまで、失業保険を不正受給することに意味はないので、絶対に嘘の申告はやめましょう。

フリーランスは再就職手当一択!

フリーランスは失業保険をもらうことができませんが、条件によっては再就職手当はもらうことができます。再就職手当をもらうためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

①就職日の前日までの失業の認定を受けた後の基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること。

②1年を超えて勤務することが確実であると認められること

③待期満了後の就職であること

④離職理由による給付制限を受けた場合は、待期満了後1か月間については、ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介事業者の紹介により就職したものであること

⑤離職前の事業主に再び雇用されたものでないこと(資本・資金・人事・取引等の状況からみて、離職前の事業主と密接な関係にある事業主も含みます。)

⑥就職日前3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと

⑦受給資格決定(求職申し込み)前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと

⑧原則、雇用保険の被保険者資格を取得する要件を満たす条件での雇用であること

参照:厚生労働省ホームページ

以下の条件を満たす方は、ハローワークに以下の必要書類を持参して、審査に通れば必要書類を提出した2ヶ月以内に再就職手当金が振り込まれます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
僕の場合は、申請から1カ月以内に振り込まれました。
必要書類

•雇用保険受給者資格証
•開業届のコピー
•個人事業主として1年以上働けることを証明できる書類のコピー

再就職手当金は、年齢や勤続年数によって上下しますが、失業保険の給付金として支払われる50~60%が支払われます。

【2021年】フリーランスになるには?脱サラまでに準備すべきこと10選!フリーランスとして最高のスタートダッシュを切るためには、会社員時代の事前の準備が欠かせません。 僕の経験上、週休二日制(土日休み)のサラリーマンであれば、準備期間は最低でも2ヶ月は必要になってくると思います。 この記事では、フリーランスになってから慌てたり、後悔しないよう、フリーランスになる前に必要最低限準備しておくべき10のことをご紹介していきます。...

最後に

以上、再就職手当の概要とその手続きについてご紹介しました。

現在サラリーマンの方で、これからフリーランスになるための準備を始められる方は、以下の記事をステップ①から順に実践されることをおすすめします。

フリーランスになるための準備
  1. フリーランスとしてのキャリアプランを立てる
  2. 書籍Webメディアサロンスクール等でスキルを習得する
  3. 実務経験(1年以上)を積める企業に転職する
  4. 副業で月10万円以上稼げる状態にしておく
  5. 信用を必要とする契約(賃貸クレジットカード)を済ませる
  6. 税金社会保険確定申告のルールを理解する
  7. 屋号や事業内容を固めて開業届を提出する
  8. 名刺ホームページ(ブログ)を作成する
  9. 必須のサービス(会計ソフトクラウドソーシングフリーランス専門エージェント等)に登録しておく
  10. 案件やスキルシェアできる仲間を作る(フリーランスチームコミュニティシェアハウス
シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!