シェアハウス運営

シェアハウス経営の完全マニュアル|開業前に準備すべきこと+失敗しない運営方法

シェアハウスを開業してちょうど一年経ったので、仕事の棚卸しも兼ねて、この一年で実施して良かったことをご紹介します。

私が2018年にオープンした、フリーランス向けシェアハウス「ノマド家」は、現在入居待ち40名以上、オープン当初から稼働率100%を維持しています。

フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号店」、茅ヶ崎にオープンします! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...

私の本業はWebマーケターなので、一般的なシェアハウス経営とは違った視点で、かつノマド家の事例も交えながらシェアハウス経営の方法をご紹介します。

シェアハウス経営は3通りある

そもそも、シェアハウス経営には大きく分けて3つの形態があります。それぞれ開業前に準備すべきことや、業務内容が異なります。

1. 自分で物件オーナーになり、管理も自分でする
2. 自分で物件オーナーになり、管理は委託する
3. 物件オーナーにはならず、管理のみ自分がする

準備できる開業資金や、シェアハウス運営に費やせる時間を判断基準に、上記3つの中から、どの方法で開業するかをまずは固めましょう。

1. 自分で物件オーナーになり、管理も自分でする

こちらは、一戸建てを購入、もしくは賃借し、シェアハウス用にリフォームした後、入居者に貸しだすという方法です。

物件オーナーになると、初期費用と毎月の支出額が大きくなります。一方で、管理会社への委託費がかからない分、リターンが最も大きくなります。

ノマド家もこの形態でシェアハウスを運営していて、コンセプトと集客力に自信があり、住人と接するのが好きな方におすすめの方法です。

2. 自分で物件オーナーになり、管理は委託する

こちらは、一戸建てを購入、もしくは賃借し、シェアハウス用にリフォームした後、管理会社に集客や運営を委託し、入居者に貸しだすという方法です。

物件の購入や賃借にかかる費用に加え、管理会社への委託費用もかかるので、他の方法に比べて最も費用がかかります。

一方で、物件さえ用意できれば、あとは全て管理会社が管理・運営してくれるので、最も手間がかからない方法になります。

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
ノマド家でも管理業を行っているので、シェアハウスの管理・運営は任せたいという方は、ぜひ下記の記事から詳細をご確認の上ご連絡ください!
【物件オーナー様へ】ノマド家がシェアハウスの開業・運営をサポートをします!ノマド家は、現在空室待ち40名以上、オープン当初から稼働率100%継続しているフリーランス向けのシェアハウスです。 https:/...

3. 物件オーナーにはならず、管理のみ自分がする

こちらは、「保有している物件をシェアハウスとして活用したい」と考えている物件オーナーから、物件の管理・運営を受託する方法です。

上記2つの方法に比べるとリターンは低いですが、物件を持たない点でリスクは低く、毎月安定したリターンを得る事ができます。

ただ、物件オーナーから管理・運営の受託するためには、過去の実績とノウハウが必要になるので、初心者が個人で0から始めるのは難しい方法になります。

シェアハウスのコンセプトを決める

上記3つの中から運営形態が決まれば、次にシェアハウスのコンセプトを固めます。

管理・運営は管理会社に任せる場合でも、コンセプトは自分である程度固める必要があります。理由は以下の3つです。

・企画力、集客力が低い管理会社が大半を占めている。
・コンセプトやターゲット毎に、強みを発揮できる管理会社がある。
・自分にメリットがあるコンセプトだと、シェアハウス運営のモチベーションが上がる。

コンセプトが固まれば、以下のような資料を作る事で管理会社とのコミュニケーションがスムーズになります。自力で集客する場合も、SNSやHP内で活用する事ができるのでおすすめです。

コンセプトには型がある

成功しているコンセプトシェアハウスは、大きく分けると以下の5つです。

1. 国際交流をしたい方限定のシェアハウス
(日本語を勉強したい留学生&英語を学びたい日本人)

2. 趣味が同じ方限定のシェアハウス
(サーファー、読書好き限定シェアハウスなど)

3. 職業が同じの方限定のシェアハウス
(フリーランス、エンジニア限定シェアハウスなど)

4. 目標が同じ方限定のシェアハウス
(起業家、就活生限定のシェアハウスなど)

5. 出会いが目的の方限定のシェアハウス
(男女比が半々で、テラスハウスのようなイメージ)

シェアハウスのコンセプトを考える際は、上記5つのどれかに当てはめるとアイデアの着想が早いです。シェアハウスに住む目的が同じ人が集まると、住人同士のコミュニケーションが活発になり、自然と良いコミュニティが生まれます。

集客方法を考える

コンセプトが固まれば、次に集客方法を考えます。集客は管理会社に委託する場合においても、管理会社が100%満室にしてくれる保証はないので、自分なりに集客方法を考え実施することをおすすめします。

シェアハウスのWeb集客には、大きく分けると4つあります。

1. ポータルサイトに掲載する
2. SNSを活用する
3. SEO対策をする
4. リスティング広告を活用する

1. ポータルサイトに掲載する

シェアハウス集客において、最も王道で手間のかからない集客方法です。ほとんどの管理会社が、以下のポータルサイトに掲載して集客を行っています。

ひつじ不動産
シェアクリップ
シェアパレード
シェアパーク
シェアシェア
東京シェアハウス

コンセプトシェアハウスに特化したポータルサイトもあります。掲載料無料です。

コリッシュ 

2. SNSを活用する

SNSは無料で活用できるので、Twitter、Instagram、Facebookのアカウント運用はマストです。特に、コンセプトシェアハウスの場合、共感を集めやすいコンテンツを発信できるので、拡散される可能性が高いです。

ノマド家の場合、オープン2ヶ月前にした以下のツイートがかなり拡散され、広告費ゼロでオープン初月から満室にする事ができました。

ターゲットとなるフリーランスのフォロワーが一定数いるので、毎月1〜5件ほどTwitter経由で入居希望の連絡をいただきます。

Instagramの運用であれば、ソーシャルレジデンス、Facebookの運用であれば、起業家シェアハウスの運用手法がとても参考になるのでぜひチェックしてみてください。

3. SEO対策をする

SEO対策は、自分でブログを立ち上げ、ターゲットが入居を検討してくれそうなキーワードを探し、検索にヒットする記事を書くことを指します。

シェアハウス業界最大手のオークハウスは、「都内 シェアハウス ※月間検索数900」で検索すると1位表示されており、「エリア名+シェアハウス」でしっかりとSEO対策されています。ポータルサイトでオークハウスの物件が見当たらないので、おそらくSEO対策と、次で紹介するリスティング広告のみで稼働率95%を実現しています。

ノマド家もSEOでの集客が大半占めており、SEO:広告:SNS=7:2:1の割合です。ノマド家の場合、「フリーランス シェアハウス」、「エンジニア シェアハウス」、「プログラマー シェアハウス」などのキーワードで1位表示されています。コンセプトシェアハウスの場合、王道の「エリア名+シェアハウス」でなはく、「コンセプト+シェアハウス」でSEO対策するのがおすすめです。

4. リスティング広告を活用する

SEO対策のパートで、ターゲットが入居を検討してくれそうなキーワードを探し、検索にヒットする記事を書く必要があるとご説明しました。しかし、SEO対策は、記事を書いてすぐに成果が出るとは限りません。ノマド家の場合、検索流入から問い合わせがあったのは、記事を書いて半年後のことでした。

そこで、SEOの成果が出るまでの対策として、このリスティング広告が有効です。SEO対策と同じく、ターゲットが入居を検討してくれそうなキーワードを探し、検索画面に広告を出稿することで、早ければその日に成果を上げる事ができます。

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
ノマド家ではシェアハウス集客に必要なHP制作、SNS・広告運用、SEO対策のお手伝いをしています。無料で相談承ってますので、ぜひサービスサイトをご覧の上、お気軽にご連絡ください。

失敗しない運営方法

いよいよ最後の章になりました。シェアハウスは人が住み始めてからが本番です。住人は、何かしらの目的を持ってシェアハウスに入居しています。オーナーはその目的を最大化できるように運営しましょう。

コンセプトを形骸化させない

コンセプトの形骸化は、意外にもコンセプトシェアハウスによくある落とし穴です。例えば、「起業家シェアハウス」を謳っているシェアハウスに入居したのに、実際は起業に興味がない学生や、社会人が大半を占めていたらどう思いますか?もし自分なら、即退去を考えます。

このように、コンセプトを武器に集客しているものの、中身は「一般的なシェアハウス」になってしまったという事例が多々あります。オーナーが空室を埋めるために、誰彼構わず入居させてしった事が一番の原因です。こうなってしまうと、他のシェアハウスと差別化できなくなるので、入居者は慎重に選びましょう。

入居者同士のルールを作る

入居者同士のトラブルを避けるために、入居者同士で定例会議を設け、ルール作りをする必要があります。ルールを作りで必ず議題に上がるものを下にざっとあげます。

・掃除・ゴミ出しは当番制?
・共同で使用する冷蔵庫や洗濯機の使い方はどうする?
・食器洗いのタイミングはどうする?
・入居者の友人の宿泊はOK?
・シェアハウス内は全面禁煙?それとも喫煙所を設ける?
・共益費はどのように管理する?
・ルールを守れない入居者がいた場合どう対応する?

などなど。入居者が快適に生活できるよう、コミュニケーションをしっかり取りながらルールを作ります。新しい方が入居した場合、ルールが形骸化しないよう、オーナーもしくは管理人が責任を持ってしっかりルールを周知させましょう。

まとめ

ここまでシェアハウス立ち上げから、集客、運営方法についてご紹介しました。最後に、各章の要点を再度まとめておきます。

シェアハウス経営の方法は3通り

1. 自分で物件オーナーになり、管理も自分でする
2. 自分で物件オーナーになり、管理は委託する
3. 物件オーナーにはならず、管理のみ自分がする

コンセプトには5つの型がある

1. 国際交流をしたい方限定のシェアハウス
2. 趣味が同じ方限定のシェアハウス
3. 職業が同じの方限定のシェアハウス
4. 目標が同じ方限定のシェアハウス
5. 出会いが目的の方限定のシェアハウス

Web集客4つの方法

1. ポータルサイトに掲載する
2. SNSを活用する
3. SEO対策をする
4. リスティング広告を活用する

失敗しないための2つの運営ポイント

1. コンセプトを形骸化させない
2. 入居者同士のルールを作る

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
以上、シェアハウス経営の完全マニュアル|開業前に準備すべきことと失敗しない運営方法でした。ノマド家では、シェアハウス運営のサポートを行っているので、以下のLINE@からお気軽にご相談ください!