フリーランス向けの雑学

業務委託契約とは?請負契約と準委任契約の違いを解説

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、フリーランスの独立支援を生業とする私の目線で、フリーランスに役立つ情報を厳選してご紹介します。

フリーランスという働き方が普及してきたことによって、企業が「業務委託」という形で、外部の企業やフリーランスに仕事を委託するケースが増えてきています。

業務委託は自由度の高い働き方ですが、同時に大きな責任を負うこととなります。そのため、正しく業務委託について理解し、契約書を結んでおかないと、後からトラブルになることがあります。

そこでこの記事では、業務委託で働くメリットやデメリット、業務委託の契約形態である請負契約と委任/準委任契約の違いについても解説していきます。

業務委託契約とは?

業務委託契約とは、企業が自社で対応できない業務を、外部の企業やフリーランスに委託する際に結ぶ契約です。

業務委託契約では、業務を委託する企業と引き受ける側とで雇用関係を結ばず、対等な立場で仕事を進めるので、指揮命令権は発生しません。

業務委託と他の契約形態との大きな違いは、指揮命令権の発生や成果物の完成責任の有無です。業務委託には2つの契約形態があり、指揮命令権は発生せず、成果物の完成責任がある請負契約と、完成責任のない委託/準委託契約の2つに分けることができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
同じ業務委託契約でも、請負契約と委託/準委託契約の間には大きな違いがあるので、次の章でそれぞれの特徴について解説します。

請負契約とは?

請負契約とは、業務の請負人が、委託された業務を完成させることを約束し、業務発注者は完成された仕事の結果に対して報酬を支払う契約のことです。

そのため、業務の請負人は、仕事の成果物に対して結果責任を負わなくてはなりません。成果物の納品後でも、もし不具合が発生した場合は改修する必要があり、場合によっては損害賠償を払わなくてはいけません。

請負契約の代表的なものとしては、建設業者が請け負う建設工事請負契約があげられます。もし完成した建築物に重大な欠陥があった場合、発注者は多大な損失を被るため、請負業者は損害賠償を請求されます場合があります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
請負契約と混同されがちな委託契約として、委任/準委任契約があります。委任/準委任契約については次の章で解説していきます。

委任/準委任契約とは?

委任/準委任契約は、前述の請負契約とは違い、成果物ではなく仕事をした期間に対して報酬が支払われる契約です。

そもそもの委任/準委任契約の違いについてですが、委任契約は法律行為の事務を委託する契約のことを指していて、例えば、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士といった専門家が行う事務の事を指します。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
一方、準委任契約は法律行為以外の委託契約で、例えば、IT業界ではSES契約と呼ばれています。エンジニアデザイナーライターマーケターなど、Web系の仕事を委託しているフリーランスは多くの場合、準委任契約を結んでいます。

前述の請負契約は、成果物を納品した後に報酬が支払われるので、報酬を得るまでに時間がかかりますが、準委任契約は一定期間ごとに安定した収入を得ることができます。

また、請負契約では成果物の納品後でも、不具合が発生した場合改修する必要がありますが、準委任契約では契約期間満了後は対応する必要はありません。

請負契約と委任/準委任契約ではどっちが有利?

請負契約と委任/準委任契約の違いを整理すると以下になります。

項目委任/準委任請負
完成責任なしあり
瑕疵担保責任なしあり
報酬1ヶ月ごとに発生委託者の検収完了後

では、フリーランスとして働く上で、請負契約と委任/準委任契約ではどちらの方が有利な契約なのでしょうか?

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
業務委託契約を結ぶ際の傾向として、業務の受託側は準委任契約で仕事を受けたいと考え、委託側は請負契約で発注したいと考える傾向があります。

なぜなら、委託する側としては、請負契約には完成義務と瑕疵担保責任があるので、安心して発注することができるからです。一方で、受託する側としては、会社員のように毎月安定した収入を得たいですし、大きな責任は負いたくありません。

つまり、委託する側としては請負契約が有利で、受託する側としては委任/準委任契約が有利といえそうです。

業務委託で働くメリット

この章では、業務委託契約で働くメリットについてご紹介します。

自分の専門性を活かせる

業務委託では、自分の得意分野を生かして仕事することができます。仕事の成果がそのまま報酬へつながるため、フリーランスになったほとんどの方が収入アップを実現できています。

勤務地・勤務時間の自由度が高い

業務委託では、契約に基づく業務が遂行されれば、いつどこで働くかは自由であることが多いです。

人間関係でのストレスが少ない

会社員は、社内の対人関係に悩むことが多いです。一方で、業務委託は一人で完結する仕事が多いので、人間関係のストレスが少ない傾向にあります。

業務委託で働くデメリット

メリットとあわせて、業務委託で仕事を受けるデメリットも留意しておきましょう。

労働基準法の適用外

会社に雇用される労働者ではないため、労働者を守る労働法の一つの労働基準法の適用外となります。突然契約が切られたとしても、失業保険労災保険は給付されません。

確定申告や保険料の支払いは自分で行う

会社員の場合、確定申告や保険料の支払いなどは基本的に会社が行ってくれます。一方で、業務委託で働くと、それらの管理・支払いは全て自分で行わなければなりません。

収入が不安定

毎月会社から安定した給料がもらえる会社員とは違い、業務委託では自分で仕事をとってくる必要があります。努力次第では高収入が見込めますが、仕事が見つからなければ最低収入の保証はありません。

最後に

以上、業務委託で働くことメリットやデメリット、請負契約と委任/準委任契約の違いついてご紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございました。

・自分の専門性を活かせる(収入が増える)

・勤務地・勤務時間の自由度が高い

・人間関係でのストレスが少ない

・労働基準法の適用外

・確定申告や保険料の支払いは自分で行う

・収入が不安定になりがち

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!