フリーランス基礎知識

【2020年】動画・映像編集におすすめのソフト10選!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーランスの自立・キャリアを支援するシェアハウス「ノマド家」を運営している代表の辻本です。

このブログでは、日々フリーランスをサポートする立場である私の目線で、フリーランスに本当に役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事では、動画・映像編集におすすめのソフトを紹介していきます。たくさんの動画・映像編集ソフトがありますが、どのソフトが使い勝手がよく高機能なのでしょうか?

有料・無料それぞれ比較検討し、厳選して10の動画編集ソフトをご紹介します。

動画・映像編集ソフトを選ぶポイント

初めて動画・映像編集をする方は、どういった基準で編集ソフトを選ぶべきか分からない方が多いと思います。そこでこの章では、動画・映像編集ソフトを選ぶ基準を5つご紹介します。

WindowsとMacどちらに対応しているか

使いたいソフトが自分の所有するパソコンのOSで動くのかということは、ソフトを選ぶ上でまず初めに考える必要があります。例えば、Windowsしか持っていない場合、Mac専用のソフトは動きませんし、その逆も然りです。

中にはWindowsやMacだけではなく両方に対応しているソフトもあります。今後、本格的に動画編集を仕事にされる予定の方は、長い目で見て両OSに対応しているソフトがおすすめです。

また、スペックが低いPCでプロ向けの高性能のソフトを使うと、途中で止まってしまったり重たくなってしまいます。なので、自身のパソコンのスペックも必ず確認しておきましょう。

プラグイン・連携ソフトの豊富さ

動画・映像編集ソフトの中には、プラグインといって機能を追加できるものや他のソフトと連携できるものがあります。

例えば、「Adobe Premiere Pro」では、同社が提供している他のツールと連携できるようになっています。プラグインや連携ソフトが豊富な編集ソフトは、自身が作業しやすいような環境をつくれるので、プロフェッショナルになりたい人におすすめです。

無料で連携できる場合もありますが、基本的には有料ソフトとの連携が多いです。そのため一時的に動画編集をしたい方や、そこまで凝った編集をしない方には必要ないかもしれません。

機能

ここでいう機能とは、4k対応しているか、DVDやブルーレイに焼けるか、自動編集してくれるか等を指します。

このような高度な機能については、無料のソフトでは対応していないケースが多いので注意しましょう。

金額

動画・映像編集ソフトは、無料のものから有料の高価なものまで様々です。使用用途によって無料か有料のソフトを選ぶかは変わりますが、動画編集を生業としたい方は、有料のソフトの一択です。

無料のものは、開発がストップしている可能性があったり、機能が悪いものがほとんどです。一方で、有料のものは毎年バージョンアップしていたり、プラグインが豊富で機能が充実しているものが多いです。

金額はピンキリで、数千円から数万円のものまであります。金額に開きがあると選ぶのが難しいので、有料ソフトの無料お試し期間を利用して必要な機能が搭載されているか確認してみるといいでしょう。

広く使われているか

最後に、使用したいと思っている動画・映像編集ソフトが広く使われているかを確認しておきましょう。マイナーすぎるソフトだと、ユーザーが少ないため口コミや情報が少ないです。そうなると、トラブルシューティングやノウハウが見つけにくい可能性もあります。

また、利用者が少ないと、開発の停止やサービスが終了してしまう恐れもあります。せっかくスキルを身につけても、他のソフトを使用しなくてはならない状況になってしまう可能性があるので、なるべく知名度がありユーザーが多い動画・映像編集ソフトを選びましょう。

おすすめの動画・映像編集ソフト(有料)

Adobe Premiere Pro

オススメ度:

Adobe Premiere Proは、多くの動画・映像編集のプロが使っている定番の高機能ソフトです。

最大の特徴は、PhotoshopやAfterEffects等のAdobe社が提供するソフトと互換性が高いことです。連携して様々なグラフィックやアニメーションを使えます。料金は、月額制で数千円なので気軽に始めやすいものとなっています。

動画・映像編集を仕事とするのであれば必ずと言っていいほど必要になるソフトなので、本格的に動画・映像編集を始めたいのであればこちらのソフトがおすすめです。

Adobe Premiere Elements

オススメ度:

Adobe Premiere Elementsは、Adobe Premiere Proを簡略化した初心者向けソフトです。

Adobe Premiere Proはプロ目線の細かい調整がききますが操作性は難しくなるので、もう少しライトに動画・映像編集を楽しみたい方は、直感的に編集を行いやすいAdobe Premiere Elementsがおすすめです。

Adobe Premiere Elements単体であれば17,800円です。買い切りで購入できるので、金額もAdobe Premiere Proと比べるとトータルだとかなり安くなります。

Filmora

オススメ度:

Filmoraは、Wondershare社が提供する有料ソフトの中でも初心者向きの動画・映像編集ソフトです。インターフェースが初心者でもわかりやすい仕様になっているおり、初めての人でも簡単に編集できます。

また、スタイリッシュなテンプレートも種類が多いので、手軽におしゃれな動画が作れます。

金額は、永久ライセンスで8980円。ただ、年間契約にするか複数台で使うかスペックによっても値段が変わるので、用途によって選びましょう。無料版もありますが、こちらはロゴが動画に入ってしまうので注意しましょう。

「無料ソフトだと物足りないけど、Adobe Premiere Proはまでハイスペックなものは要らない」といった方にピッタリのソフトです。

Final Cut Pro

オススメ度:

Final Cut Proは、Apple社が提供する動画・映像編集ソフトです。ユーザーが世界で最も多いとされており、Adobe Premiere Proと同列に並ぶ存在です。

Adobe Premiere Proと比較すると、Final Cut Proは簡単に操作ができ難易度は低くなっています。その分、機能は少ないですが、初心者でも比較的作業しやすいでしょう。

対応OSはMacのみですが、同じくApple社が提供している無料動画・映像編集ソフトのiMoveと互換性もあります。

金額は36800円と少し高いですが、元々iMoveを利用していてより高いレベルの動画・映像編集をしたい人にはFinal Cut Proはおすすめです。

PowerDirector

オススメ度:

PowerDirectorは、CyberLink社が提供する動画・映像編集ソフトで動作が軽いのが特徴です。一般向けのソフトではありますが、機能を拡張できるプラグインが充実しているのでプロ仕様に近い本格的な動画・映像編集を行えます。

また、操作性もよく直感的に分かりやすいデザインなので初心者でも簡単に作業ができるようになっています。

金額は、1~2万程で購入可能です。スペックに応じた料金プランや月額制のプランもありますので用途に合ったプランを選びましょう。個人用からビジネスまで幅広い用途で使えるソフトをお探しの方には、PowerDirectorがおすすめです。

vyond

オススメ度:

vyondとは、動画・映像編集の中でもビジネス向けのアニメーション作成するソフトです。最大の特徴は、操作が簡単でPowerPointが出来れば誰でもアニメーションをつくれます。

アニメーションは、vyond内で用意されているテンプレートやキャラクター、アクションを組み合わせていくことによって作ることができます。また、毎月新しい素材が1,000種類以上追加されているそうなので、素材の数はかなり豊富です。

金額は、165,000円~とかなり高いですがCGやキャラクターの挙動を全てつくらずともアニメーションができるので、簡単に作りたいのであればおすすめです。

EaseUS Video Editor

オススメ度:

EaseUS Video Editorは初心者向けで無料だと物足りないけどプロ向けほどの機能はいらないという方におすすめの動画・映像編集ソフトです。分かりやすく簡単でありながら一通りの基本操作は網羅しているので、さくさく直感的に作業ができます。

金額は買い切りの永久ライセンスで9,590円で、アップデートが無料で行えます。他の動画・映像編集ソフトだと、買い切りでもアップデートのたびにお金がかかってしまうケースがあります。

発売されてから間もなく、他の動画・映像編集ソフトと比べるとユーザーが少ないですが、安くて無料ソフト以上のクオリティを求めている方におすすめです。

【初心者でも安心】動画編集ソフトEaseUS Video Editorのレビュー これから動画製作を始めるのに、どの動画編集ソフトを使えばいいのかわからない、そんなことで悩む人は多いはずです。 動画編集ソ...

おすすめの動画・映像編集ソフト(無料)

iMovie

オススメ度:

iMovieは、Final Cut Proと同じくApple社が開発した無料の動画・映像編集ソフトです。

操作性がよく感覚的に動画・映像編集ができるソフトで、素材を繋げたりBGMをつけるのもドラッグ&ドロップで簡単に作業ができます。Macに標準搭載されていて、ダウンロードの必要がなく気軽に動画・映像編集を楽しめます。

また、iPhoneやiPadにも対応しているので様々なデバイスで一つの動画を編集したい場合には最適です。

DaVinci Resolve

オススメ度:

DaVinci Resolveは、元々プロ向けの動画・映像編集ソフトですが、機能が縮小された個人用の無料版ソフトも使用できます。また、無料版でほとんどの機能が使用できるので有料ソフトと遜色ない作りになっています。

かなりクオリティが高く、カラー補正機能はプロレベルの色補正ができたり、無料でも様々な機能を使用できるのが特徴です。その反面、操作性は少し難しく初心者はなれるまでに時間がかかるかもしれません。

また、プロジェクト内で同時作業ができることも魅力です。無料でも本格的な動画・映像編集ソフトを使用したい方には、DaVinci Resolveがおすすめです。

Avid Media Composer

オススメ度:

元々映画やテレビの編集でも使われるプロ向け有料版の動画・映像編集ソフトですが、Avid Media Composerも、機能が制限された無料版が提供されています。

スターウォーズ等様々な映画の編集現場に使われ、業界ではかなり有名な歴史ある動画・映像編集ソフトです。そのため、かなりのハイスペックな機能が搭載されています。

その代わり、画面設計が複雑で慣れるまでに時間がかかります。さらに、ネット上に情報が少なく、その中でも英語の情報が多いため課題解決が困難なケースが出てきてしまう可能性があります。

難しくても、映画の編集に使われる本格動画・映像編集ソフトを使いたい方には、おすすめです。

【2020年】映像制作/動画編集を学びたい方におすすめのスクール・教室10選 最近、Youtubeやtiktok、Instagramのストーリーズ等の影響で動画編集者の需要が高まってきています。 そこ...

最後に

以上、おすすめの動画・映像編集ソフトを紹介してきましたが、いかがでしたか?

無料のものから10万円を超えるものまで、様々な動画・映像編集ソフトがありましたが、ご自身にあった使用用途のものを見つけ、ダウンロードしてみてください。

この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

フリーランスの動画編集者になるには?仕事内容・年収・営業方法も解説! 現在、動画編集者として働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近ではYoutubeやti...
ノマド代表
辻本
ノマド代表
辻本
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひLINEにてお気軽にご連絡ください!

※代表の辻本が24時間以内に必ずご連絡いたします。