稼げるフリーランスの仕事

Webエンジニアになるには?必要なスキルや仕事内容、年収について解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、エンジニアの独立支援を生業とする私の目線で、エンジニアに役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事をご覧の方は、副業としても稼ぎやすく、フリーランスとしても独立しやすいWebエンジニアを目指している方が多いと思います。

そこでこの記事では、Webエンジニアになるために必要なスキルや仕事内容、年収などについて解説していきます。

Webエンジニアとは?

Webエンジニアとは、主にWebアプリケーションやWebサービスの開発、Webサイトの設計・構築を生業とする職業とされています。

Webエンジニアはフロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアに分かれており、それぞれ担当する業務が異なります。

フロントエンドエンジニアは、ユーザーが目にするWebサイトの画面を制作するのが仕事です。主にHTML/CSS、JavaScriptを用いて開発を行います。

サーバーサイドエンジニアは、アプリケーションの機能やデータベースとの連携など、システムの裏側を開発します。主にPHP、Ruby、Pythonなどのプログラミング言語を用いて開発を行います。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
最近では、フロントエンド開発、バックエンド開発、アプリ開発、インフラ周りなど、設計から開発・運用まで全ての行程を担えるフルスタックエンジニアを目指すエンジニアが増えてきています。

Webエンジニアの職種

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアの仕事内容は、Webデザイナーが制作したデザインをもとに、HTML、CSS、JavaScript、PHPの設計や実装、WordPressなどのCMS構築やカスタマイズなどが主な業務になります。

HTMLの実装を行うマークアップエンジニアに対し、フロントエンドエンジニアはHTMLの他にCSSやJavaScript、PHPのコーディングまでを担います。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
企業によってはフロントエンドエンジニアの業務内容が異なり、デザインの一部も担うケースがあります。

そのため、デザインについても関心を持っておくことが好ましいです。直接デザインに関与しない場合でも、デザイナーと連携する機会が多いので、PhotoshopやIllustratorなどの編集スキルが求められるケースもあります。

バックエンドエンジニア

ユーザーからは見えないサーバー側で動作する部分を開発するのがバックエンドエンジニアの仕事です。

例えば、ECサイトで注文を行う際の決算処理や在庫連携、発送管理などが機能しているのは、バックエンドでシステムが処理しているからです。

一般的に、このバックエンド開発を行うのはバックエンドエンジニアで、JavaやPHP、Rubyといったプログラミング言語を使用して開発を進めます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
一般的に、フロントエンドとバックエンドで業務が分かれているものの、webエンジニアとしては両方の知識とスキルがあることが望ましいです。

Webエンジニアの平均年収

求人情報サイト「求人ボックス」によると、2021年時点のWebエンジニア(正社員)の平均年収は526万円という結果になっています。

月給で換算すると44万円、初任給は22万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイトの平均時給は1,946円、パートでは1,199円となっています。

また、フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』で公開されているWebエンジニアの平均年収は876万円で、平均月単価は73万でした。また最高単価は115万円、最低単価は45万円です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
会社員よりフリーランスの方が1.5倍近い年収になっていることが分かります。
【職種別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの平均年収
職種平均年収
インフラエンジニア720万円
ネットワークエンジニア750万円
wordpressエンジニア756万円
システムエンジニア860万円
フロントエンドエンジニア876万円
PMPMO900万円
AIエンジニア948万円
iosエンジニア936万円
【言語別】フリーランスエージェントを利用しているエンジニアの年収
言語平均年収最高年収
PHP720万円960万円
VBA720万円890万円
JavaScript800万円1640万円
C#828万円1010万円
Unity840万円1020万円
Java852万円960万円
Swift900万円1680万円
Python924万円1380万円
Ruby960万円1290万円
SAP1080万円1500万円

Webエンジニアに必須のスキル

Webエンジニアに求められる主要なスキルは以下の5つです。

それでは、順に見ていきましょう。

コミュニケーションスキル

エンジニアというと、黙々とコードを書くだけの仕事をイメージしがちですが、実際の制作現場ではかなりの頻度でPMやディレクター、デザイナーと打ち合わせをする機会があります。

スタートアップやベンチャー企業では、人手不足で顧客折衝するPMやディレクターが在籍していないケースもあるので、エンジニアが直接クライアントと交渉するケースもあります。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
エンジニアとして将来的に上流工程を目指している方は、プロジェクトを円滑に進行するマネジメントスキルやコミュニケーションスキルが必須といえます。

プログラミングスキル

Webエンジニアは、HTMLやCSSなどのマークアップ言語、JavaScriptPHPRubyなどのプログラミング言語を用いてwebサイトやアプリケーションを開発をします。

ベンチャー企業やスタートアップなど資金が潤沢ではない企業では、多くのエンジニアを抱えることができないので、メンバーにフルスタックエンジニアが登用されているケースが多いです。

フルスタックエンジニアを目指す場合は、システム開発やWeb開発などのエンジニアリング業務において、設計から開発・運用まで全ての行程を担う必要があります。

【2021年】プログラミングを学びたい方におすすめの本15選! この記事では、これからプログラマーを目指したいと考えている方向けに、「プログラミングの概要」「HTML/CSS(+JavaScr...

環境構築とツールの知識

環境構築とは、プログラミング言語をコンピュータ上で動かせるようにすることです。

例えば、iOSアプリを開発する場合は『Xcode』、Androidアプリを開発する場合は『Android Studio』、Webサイトを制作する場合はテキストエディタとWebブラウザに関する知識が必要になります。

テキストエディタはメモ帳でも利用可能できますが、プログラミング初心者の方は『TeraPad』、Windowsユーザーの方は『Visual Studio Code』、macユーザーの方『Atom』がおすすめです。

Webブラウザは普段使い慣れているもので大丈夫ですが、Webアプリのデバッグ用に開発メニューが用意されているChromeやSafariがおすすめです。

データベースの知識

データベースがあることで、膨大な商品情報があるECサイトで商品検索をスムーズに行うことができます。

Webエンジニアは、このデータベースを操作する必要があり、データベースと連携するためのプログラミング言語であるSQLを習得しておく必要があります。

データベースエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、データベースエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリー...

セキュリティに関する知識

Webエンジニアが担当する案件によっては、個人情報などのデータが登録されているものがあります。

悪意のある攻撃によって個人情報が漏洩しないよう、Webエンジニアは厳重なセキュリティを施したプログラミングを行う必要があります。

セキュリティエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、セキュリティエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリー...

未経験からWebエンジニアとして独立するには?

この章では、Webエンジニアとしての実務経験がゼロの状態から、フリーランスを目指す方法について解説します。

現在会社員の方であれば、以下の3つのステップでプログラミングスキルを習得し、独立を目指されることをおすすめします。

それでは、順に見ていきましょう。

独学(Progate)でプログラミングの基礎を学ぶ

独学でプログラミングを学ぶなら、『Progate』がおすすめです。Progateは、ブラウザ上で実際にコードを書きながら、プログラミングを独学できるオンライン学習サービスです。

月々たった980円で、HTML・CSS・JQuery・PHP・SQL・Ruby・Python等の言語を学ぶことができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
プログラミングに関する参考書は相場で1500円以上するので、本1冊買うよりも安くプログラミングを学ぶことができますね。

Progateのカリキュラムは、図やイラストを多く使用したスライド形式となっており、初心者の方でも理解しやすいです。過去に参考書で独学して挫折してしまった経験がある方にもおすすめです。

未経験からプログラミングは独学可能?挫折しない独学方法を解説! 独学でプログラミングスキルを身に付けるには、知識を定着させるための正しいステップを理解する必要があります。 そこでこの記事...

転職保証付きスクールを受講して転職

前述のProgateでプログラミングの基礎を学んだ後は、未経験OKな求人を多く保有している転職保証付きのスクールを受講して、プログラマーとして転職を目指されることをおすすめします。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
プログラマーとしての実務経験がない方は、一般的な転職エージェントを活用するよりも、転職保証付きのスクールを経由した方が圧倒的に転職成功率が高いです。

転職保証付きのプログラミングスクールとしては、『テックキャンプ(エンジニア転職)』がおすすめです。

2021年7月時点で、テックキャンプの受講終了後に、転職支援を利用したユーザーの転職成功率は99%と高い実績を残しています。エンジニア転職に成功しなかった場合、受講料を全額返金する制度を採用しているので、初心者の方も安心です。

会社員(Web制作会社・事業会社)として働いて実務経験を積む

前述のプログラミングスクールで学習した後、いきなりフリーランスとして働きはじめる方を多く見かけますが、個人的にはオススメしません。

なぜなら、フリーランスとして働くより、Web制作会社や事業会社に転職し規模が大きい実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらいながら働く方が成長スピードが早いからです。

また、スキルが低い状態でフリーランスになると、クラウドソーシング等で低単価な案件は受注できるかもしれませんが、フリーランス専門エージェントが保有しているような高単価案件は受注できません。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
ですので、「フリーランスとして独立したもののジリ貧だな・・」と感じている方は、『マイナビIT AGENT』などのプログラマーの転職サポートに強いエージェントを活用し、転職先で実務経験を3年以上積んでから独立することをオススメします。
【2021年】IT業界に強いおすすめ転職エージェントを厳選して10社ご紹介!この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のWebコンサルタントである私の所感をご紹介させていただいた後、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを10社ご紹介します。 記事の最後には、転職エージェントを選ぶポイントや利用手順について解説してますので、これからIT業界に転職される方はぜひ参考にしてみてください。...

最後に

以上、Webエンジニアになるために必要なスキルや仕事内容、年収についてご紹介しました。

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!