稼げるフリーランスの仕事

Web系フリーランスになるには?独立後の案件獲得方法も解説

まずはじめに、Web系フリーランスを目指すファーストステップとして、フリーランスの業界構造を把握しておく必要があります。

以下の図をご覧ください。職種ごとに必要なスキルや人脈、クライアントの属性、収入の即金性や天井などを把握することができます。

この図を簡単に解説すると、例えばレイヤー④のライター→ディレクター→Webコンサルタント→営業のように上がるにつれ、収入の天井が上がっていくことを示しています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
一方で、レイヤーが上がると、求められるスキルや実績のハードルが高くなり、外部に仕事を発注するネットワークなどが必要になってくるので、Web業界未経験から参入した場合の収入の即金性は低いと言えます。

Web制作会社や広告代理店出身者でない限り、ほとんどの方がレイヤー④のライターやデザイナー、コーダーといった職業からのスタートになると思います。これらの職業は、未経験からでも独学でスキルを取得しやすく、エージェントもたくさん存在するので、収入の即金性は高いと言えます。

前置きが長くなりましたが、この記事ではフリーランスに人気の職業であるフロントエンドエンジニア、Webデザイナー、Webライター、動画クリエイターの4つの職業について、仕事内容や必須スキル、案件の獲得方法について解説します。

【編集長おすすめサービス】

フリーランスのWebクリエイター(エンジニア・デザイナー・マーケター等)が、高単価案件を獲得するならITプロパートナーズ・レバテックフリーランスがおすすめ。

リモート・週2日〜参画OKな案件や高単価案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名特徴・おすすめ理由
ITプロパートナーズ週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。
レバテックフリーランス案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランス専門エージェント。週3~週5常駐の高単価案件や週3日・リモートOKなど柔軟な働き方ができる案件も豊富。

フロントエンドエンジニア

働きやすさリモートOKな案件が豊富(常駐案件は高単価)
平均年収876万円(エージェント利用者)
必須スキルHTML / CSS / JavaScript / PHP / MySQL / WordPress等
案件獲得方法クラウドソーシング / フリーランス専門エージェント / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイントPMやディレクターが担う上流工程の仕事を巻き取ることで年収UP

フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』で公開されているフロントエンドエンジニアの平均年収は876万円で、平均月単価は73万でした。また最高単価は115万円、最低単価は45万円です。

フロントエンドエンジニアの仕事は、Webデザイナーが制作したデザインをもとに、HTML、CSS、JavaScript、PHPの設計や実装、WordPressなどのCMS構築やカスタマイズなどが主な業務になります。

HTMLの実装を行うマークアップエンジニアに対し、フロントエンドエンジニアはHTMLの他にCSSやJavaScript、PHPのコーディングまでを担います。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
企業によってはフロントエンドエンジニアの業務内容が異なり、デザインの一部も担うケースが多いです。

フリーランスのフロントエンドエンジニアが案件を獲得する方法としては、フリーエンジニア専門エージェントを活用するのが一般的です。

最近ではリモートワーク可・週1日〜稼働OKな案件も増えてきており、エンジニアがより柔軟に働ける環境が整ってきています。リモートワーク可能な案件を探すなら『ITプロパートナーズ』がおすすめです。

Webデザイナー

働きやすさリモートOKな案件が豊富
平均年収360万円
必須スキルPhotoshop / Illustrator / HTML / CSS / JavaScript / Query等
案件獲得方法クラウドソーシング / フリーランス専門エージェント / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイントコーディングやディレクション業務を巻き取ることで年収UP

フリーランスのWebデザイナーの年収相場は400~600万円です。

Webデザイナーの仕事内容としては、企業・自治体・個人などのクライアントから依頼されたWebサイト制作のデザインを担当することが多いです。

クライアントの要望を的確にヒアリングし、全体の構成とレイアウトを考え、デザインを作りコーディングするという流れになります。

代表的なWebデザインの単価相場
項目単価相場
バナー制作5,000円〜
ロゴ作成1万円〜
サイトデザイン5万円〜
コーディング込み10万円〜

Webデザイナーの働き方もエンジニア同様、常駐型とリモートワーク型の2つに分けることができ、クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントを通して仕事を獲得するのが一般的です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
クラウドソーシングでは『クラウドワークス』、Webデザイナー向けのエージェントとしては『ITプロパートナーズ』がおすすめです。

実務経験がない状態で、フリーのWebデザイナーとして仕事を獲得することは困難なので、まずは『CodeCamp』のようなオンライン完結型で転職実績が豊富なWebデザインスクールに通い、転職先の会社で1年以上の実務経験を積んでから独立することおすすめします。

Webライター

働きやすさリモートワークがメイン
平均年収300万円(文字単価1円〜5円)
必須スキルWebライティング / SEO / WordPress / アクセス解析
案件獲得方法クラウドソーシング / SNS経由のインバウンド / Web制作会社・SEO会社の下請け
ポイントSNSのフォロワーが多いと単価が上がりやすい

フリーライターの平均収入は約300万円です。3人に1人が200万円未満であり、稼げる人と稼げない人の二極化が顕著な職業です。

年収割合
200万円未満32.0%
200〜400万円26.9%
400〜600万円21.5%
600〜800万円8.2%
800〜1000万円5.5%
1000〜1200万円2.3%

フリーライターとしてしっかり稼げている方の特徴は、以下の5点です。

・特定のジャンルの専門性が高い。
・SNSで影響力がある。
・SEOに精通している。
・ブログでアフィリエイト収入を得ている。
・ディレクターとしてライターをマネジメントできる。

フリーライターが仕事を獲得する方法としては、『ランサーズ』や『クラウドワークス』のような大手クラウドソーシングサービスを利用するのが一般的です。その他にも、SEO会社や広告代理店に直営業したり、自身のブログやSNSで仕事を獲得することも可能です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
フリーライターの直営業について詳しく知りたい方は、「フリーライターになるには?初心者が案件を獲得する方法も解説」をご覧ください。
【2022年】クラウドワークスとランサーズどっちに登録すべき?数字と評判で徹底比較この記事では、ランサーズとクラウドワークスについて、案件数・案件の質・手数料・知名度・サポートの充実度の観点から、フリーランスにとってどちらが使いやすいサービスかを解説していきます。...

動画クリエイター

働きやすさリモートワークがメイン
平均年収400万円
必須スキル企画・撮影スキル / 動画編集スキル / 動画マーケティング(YouTube等)
案件獲得方法クラウドソーシング / 動画制作会社の下請け
ポイントYouTubeチャンネルを1から立ち上げてグロースさせた実績があると単価が上がりやすい

フリーランスの動画クリエイターの平均年収は約400万円です。動画編集だけでなく、企画やディレクションなどの上流工程も踏まえた動画クリエイターの単価相場は以下の通りです。

項目単価
企画構成1万〜5万円/本
ディレクション5万〜10万円/月
台本作成1万〜5万円/本
撮影5万〜30万円/本
編集1万〜20万円/本
ナレーション5万〜10万円/本

企業がコーポレートサイトやサービスサイトを立ち上げるのは当たり前のことですが、最近ではそれと同じように、企業がYouTubeチャンネルやInstagram、TikTokを運用することも当たり前になってきました。

その影響で、動画編集のニーズがかなり高まってきており、人手不足の状態が続いています。実際に『クラウドワークス』のサイト内検索で「動画編集」と検索すると、2022年7月時点で約9,800件の案件が見つかりました。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
実務未経験の状態からフリーランスの動画クリエイターを目指したい方は、ヒューマンアカデミーの『動画クリエイター講座』のようなフリーランス向けの動画編集スクールを受講されることをおすすめします。

ポートフォリオサイトを作る

フリーランスとしてクライアントに営業をする際、ポートフォリオの提出を求められることが多いので、ポートフォリオサイトを作っておきましょう。

ポートフォリオサイトには、簡単な経歴、スキル、制作物のURL、価格表などの情報を掲載します。ノマド家のポートフォリオサイトはかなりベーシックな作りなので参考になると思います。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
ポートフォリオサイトに掲載する制作物は、模写データや知人から請け負った制作物(掲載許可がおりている)を掲載するのがベターです。

コーダーやWebデザイナーであれば、ポートフォリオサイトのデザインを凝ってみたり、JQueryで動きをつけたり、レスポンシブ対応にしておくことでさらなるアピールに繋げることができます。

ライターであれば、実績として掲載している記事が、どのようなキーワードを狙い、上位表示させるためにどのような工夫を行ったかなどを伝えられるようにしておきましょう。

フリーランスはブログ必須!仕事につながる活用術を解説この記事では、仕事につながるフリーランスのブログ活用術について、現役のフリーランスでありアフィリエイターである私が詳しく解説していきます。...

仕事のハブになる企業に営業する

再掲しますが、Web系フリーランスはレイヤーごとに案件獲得の方法が異なります。

レイヤー④ではクラウドソーシング、レイヤー③ではエージェント、レイヤー①②では人脈を生かして直営業しているケースが多いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
この章では、レイヤー④の案件獲得方法を中心に紹介しますが、前提としてクラウドソーシングはおすすめしません。

なぜなら、クラウドソーシングは単価が安い上に競合が多くなってきているので、ジリ貧になってしまう可能性が高いからです。なので、以下で紹介する方法で、能動的に営業することをおすすめします。

見出しにもある通りですが、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や、SEO会社、広告代理店などに営業することをおすすめします。

例えば、サイトを作ろうとしている企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっているWeb制作会社は常に案件を抱えています。こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
この場合、エージェントと同じように、2〜4割ほどマージンを取られてしまいますが、駆け出しの頃は「地元で仕事のハブになっている企業」に営業することをおすすめします。

Wantedly』などで、「地域名 + 職種 + 業務委託」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるので、迷わずメッセージを送ってアポを取りましょう!

最後に

以上、Web系フリーランスに人気の職業であるフロントエンドエンジニア、Webデザイナー、Webライター、動画クリエイターの4つの職業について、仕事内容や必須スキル、案件の獲得方法について解説しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

現在サラリーマンの方で、これからフリーランスになるための準備を始められる方は、以下の記事をステップ①から順に実践されることをおすすめします。

フリーランスになるための準備
  1. フリーランスとしてのキャリアプランを立てる
  2. 書籍Webメディアサロンスクール等でスキルを習得する
  3. 実務経験(1年以上)を積める企業に転職する
  4. 副業で月10万円以上稼げる状態にしておく
  5. 信用を必要とする契約(賃貸クレジットカード)を済ませる
  6. 税金社会保険確定申告のルールを理解する
  7. 屋号や事業内容を固めて開業届を提出する
  8. 名刺ホームページ(ブログ)を作成する
  9. 必須のサービス(会計ソフトクラウドソーシングフリーランス専門エージェント等)に登録しておく
  10. 案件やスキルシェアできる仲間を作る(フリーランスチームコミュニティシェアハウス
シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!