Webスキルを独学する方法

【2021年】Webマーケティングを学びたい方におすすめの本10選!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、Webマーケターの独立支援を生業とする私の目線で、Webマーケティング初学者の方に役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事では、これからWebマーケターを目指す上で必ず頭に入れておくべき、「Web広告」「SEO対策」「SNS」をテーマに、おすすめの本を厳選して10冊ご紹介します。

Webマーケティングの概要を把握するための本3選

この章では、Webマーケティング全体についてわかりやすく解説している書籍をご紹介します。Webマーケティング初学者の方におすすめです。

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版

おすすめ度

本書は、漫画と解説がセットになったWebマーケティングの入門書で、Webマーケティングの本質を楽しみながら学ぶことができます。

近年のWebマーケティングのトレンドも押さえているので、現場で活かせる実用的なノウハウも学ぶことができます。

マーケティング初学者の方はもちろんのこと、企業のマーケティング担当者にもおすすめの1冊です。

・漫画と解説がセットなので楽しみながら読める
・最新のWebマーケティングのトレンドを押さえている
・専門用語もしっかり解説
・著者の実体験や実践的なノウハウが満載

沈黙のWebマーケティング

おすすめ度

本書は、Webマーケターでは知らない人はいない「ボーン・片桐」が登場する、漫画と解説がセットになったWebマーケティングの入門書です。

沈黙のWebライティング』など、大人気を博した書籍のシリーズです。SEOのアルゴリズムをはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、TwitterをはじめとしたSNSの運用方法、コンテンツマーケティングの極意など、Webマーケターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく解説しています。

「ボーン・片桐」が登場するストーリーを読み、解説記事を通じて理解を深めることで、Webマーケティングの基礎と本質を身につけることができます。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

おすすめ度

本書は、これからWebマーケティングを幅広く学びたいと考えられている方におすすめの1冊です。

解説だけでなく、確認の穴埋め問題も含まれているので理解度をチェックしながら読み進めることができます。

様々な事例やたとえ話を交えながらわかりやすく解説されているので、「Webマーケティングってそういうことなのか!」と腑に落ちると思います。

Web広告の概要を把握するための本3選

ネット広告運用“打ち手”大全

おすすめ度

本書は、リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告、リターゲティングなどのWeb広告の運用手法を、基礎から現場で活かせる実用的なノウハウまで幅広く学ぶことができます。

特に、「費用対効果が合わない」「社内でWeb広告を運用するノウハウがない」と悩んでいるWebマーケティング担当者におすすめの1冊です。

本書では、いま注力すべきWeb広告の具体的な打ち手を学ぶことができるので、現場ですぐに活かすことがきます。

基礎から学ぶWeb広告の成功法則

おすすめ度

本書では、これからWeb広告の世界に足を踏み入れる方や、すでに1~3年程度Web広告に携わっている方、部下にWeb広告の運用方法を教えるマネージャーの方を対象に、Web広告の効果的な運用方法を解説しています。

「入札は何円から」「キーワード・広告文は何個入れるべき」といったテクニック論だけでなく、Web広告を使って「ユーザーをどのようにして動かしてコンバージョンさせるか」といった本質的な視点で解説しています。

基本的なWeb広告の種類や、それぞれの設計方法(入札戦略・キーワード・広告文等)、効果測定方法についても解説されているので、Web広告についてかなり網羅的に学べます。

インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識

おすすめ度

本書は、「日本インタラクティブ広告協会」がまとめた、Web広告上級者向けの1冊となっています。

過去20余年にわたるWeb広告の歴史や、現在の業界構造や最新技術に即した効果的なWebマーケティングについて詳しく解説されています。

さらに、広告の品質向上への取り組みや、その社会的意義に至るまで、プロフェッショナルに必要なトピックを網羅しています。

フリーランスのWebマーケターになるには?仕事内容・年収・営業方法も解説! 現在、Webマーケターとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 自分もフリーランスのW...

SEO対策の概要を把握するための本2選

沈黙のWebライティング

おすすめ度

本書は、Webライター界隈ではとても有名で、駆け出しライターのバイブルのような1冊です。前述の『沈黙のWebマーケティング』と同様、「ボーン・片桐」が登場するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

自分もWebメディアのSEOディレクターとして、多くのライターさんに本書を紹介してきましたが、「楽しみながらWebライティングやSEOのノウハウが学べた」ととても評判が良かったです。

フリーランスのWebライターとして独立したい方、アフィリエイターとして副業したい方におすすめの1冊です。

第2版 いちばんやさしい新しいSEOの教本

おすすめ度

本書は、SEO入門書としては定番の1冊で、最新のモバイル検索環境に対応してリニューアルされています。SEOの考え方の本質を、経験豊富な講師陣がやさしく丁寧に解説してくれます。

サイトに訪問するユーザーの検索意図に合わせて、どんなキーワードを対策し、どのようなタイトル・アウトラインの記事を作成すべきかが分かります。

一方で、前述の『沈黙のWebライティング』と比較すると、かなり専門用語やGoogleアルゴリズムの前提知識が必要となるので、以下の記事を事前に一読してから読まれることをおすすめします。

【2021年】SEO対策(検索エンジン最適化)とは?上位表示させるための3つの方法を解説! SEO対策とは、Googleの検索結果で自身のWebサイトを上位表示させるための対策です。検索エンジン最適化(Search En...

SNS運用の概要を把握するための本2選

デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』

おすすめ度

本書は、いきなりSNS担当に任命されたような初心者の方でも実務に活かせるように解説されています。SNSプラットフォームの選び方、効果的な投稿内容、写真や動画の使い方などかなり具体的に解説しています。

Facebookなど、1つのSNSに絞って運用方法を解説した本は多くありますが、本書ではFacebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTube、TiKTokなど6種類のSNS運用方法を解説しています。

単なるツールの使い方ではなく、SNSアカウントのコンサルティング・運営支援を行ってきた著者が、事例を交えながら分かりやすく解説してくれています。

SNSマーケティングのやさしい教科書

おすすめ度

本書は、『SNSマーケティングのやさしい教科書』の改訂新版で、実務で活かせる最新のSNSマーケティングのノウハウを学ぶことができます。

SNSは、新しいプラットフォームが毎年登場しており、既存のプラットフォームも毎年機能や規約がアップデートされるので、キャッチアップするのがかなり難しいです。

また、利用規約以外にもさまざまな社内制約が企業にはあるので、ユーザーと効果的なコミュニケーション取る方法を模索しているマーケターが多いかと思います。

本書では、そういった状況にも対応すべく、進化するSNSのプラットフォームや、ライフスタイルに合わせて変化するユーザー動向などを考慮しながら最新のSNSマーケティングについて解説してくれています。

【2021年】フリーランス(個人事業主)を目指す方におすすめの本10選!この記事では、これからフリーランスになる上で必ず頭に入れておくべき、「働き方(業務委託契約)」「税金・保険」「ブログ・SNS」「起業」をテーマに、おすすめの本を厳選して10冊ご紹介します。...

最後に

以上、Webマーケティングを学びたい方におすすめの本を10冊ご紹介しました。

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!