稼げるフリーランスの仕事

フリーランスとしてWordPress制作を生業にするには?年収や営業方法を解説!

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、エンジニアの独立支援を生業とする私の目線で、フリーエンジニアに役立つ情報を厳選してご紹介します。

現在、WordPressエンジニアとして働かれている方は、副業したり独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

最近では、クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントなどのインフラが整ってきているので、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

この記事では、WordPress制作でフリーランスになるために必要な準備や仕事内容、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

WordPressエンジニアの仕事内容

WordPressに関わる業務としては、Webサイトの新規制作や既存ページのリニューアル、機能追加、コラムコンテンツの新規作成など様々です。

既存のテーマやプラグインを用いる場合、それほど深い知識やスキルは要求されませんが、ゼロから開発から行う場合、WordPressを構築するPHPはもちろんのこと、データベースであるMySQLの知識も必須です。

その他、HTML・CSS・JavaScriptやセキュリティに関する知識、コラムを投稿するならSEOについての知識も必要になります。

WordPressエンジニアの仕事内容や単価が気になる方は、ぜひフリーエンジニア専門エージェントやクラウドソーシングの求人をのぞいて見てください!

【2021年】おすすめのクラウドソーシングサービス10選!最近では、新型コロナウイルスの影響もあり、クラウドソーシングサービスを活用してリモートワークを始めるフリーランスや副業ワーカー、主婦の方が増えてきています。 この記事では、これまでクラウドソーシングサービスを利用したことがない方・利用して間もない方向けに、おすすめのクラウドソーシングサービスを厳選して10社ご紹介します。...

WordPress制作の単価

WordPress制作は、「工数(作業にかかる日数)+付加価値(制作やマーケティングに関するノウハウ)」によって費用を算出するため、案件の規模や作業者のスキルによって金額は大きく異なります。

WordPressで別途必要になる工程としては、サーバーへのインストールと初期設定があり、費用相場は1万〜3万円程度です。

外注を依頼する制作会社によっては、サーバーとドメインの契約や設定、専用サーバーのレンタルなどを含めた料金プランを用意しているところもあります。

作業項目単位単価
ディレクション費1式規模により変動
WordPressインストール1式10,000円~
WordPress基本設定1式40,000円~
トップページ デザイン1P30,000円~
コンテンツページ デザイン1P8,000円~
トップページ コーディング1P20,000円~
コンテンツページ コーディング1P7,000円~

WordPressエンジニアになる方法

この章では、WordPressエンジニアとしての実務経験がゼロの状態から、フリーランスを目指す方法について解説します。

現在会社員の方であれば、転職保証付きのプログラミングスクール(オンライン)でスキルを習得→会社で実務経験を3年以上積んでから独立のステップでフリーエンジニアを目指すことをオススメします。

それでは、順に見ていきましょう。

転職保証付きのスクールでスキルを習得

オンラインススクールでWordPress制作を学ぶ場合、TechAcademyの『WordPressコース』がおすすめです。自分の知り合いはこのコースを受講したのですが、その後フリーランスのWordPressエンジニアとして50万円/月以上受託で稼げるようになっていました。

TechAcademyでは、現役エンジニアがメンターとして学習をサポートしてくれます。PCとWifiさえあればどこでも学習ができ、スキマ時間に自分のペースで学習できるので忙しい社会人にも人気です。

また、受講終了後に転職が決まらなかった場合、受講料を全額返金するTechAcademy Pro』というコースもあるので、まずは会社員として働きながら実務経験を積みたい方にもオススメです。

・業界No.1の実績と人気のオンラインスクール

・自己学習型のスクールでメンターに随時質問可能

・IT企業への転職保証コースもあり

・万が一内定が出ない場合受講料全額返金

【2021年】おすすめのプログラミングスクールを通学/オンライン別に徹底比較! リモートワーク可能で求人が豊富なエンジニアの仕事は、副業収入を得たいサラリーマンやフリーランスに人気の職業となっています。 ...

動画コンテンツで独学

独学でWordPress制作を学びたい方は、動画で学べる『Udemy(WordPressコース)
がおすすめです。

Udemyの動画は、1本1,200円〜24,000円で購入することができます。例えば、プログラミングを学ぶ場合、プログラミングスクールに通うとなると60万円以上かかるのが一般的です。

それに比べると、Udemyは自分に必要な動画だけを低価格で購入できるので、学習のハードルは低いかと思います。購入する前に、無料で視聴できる動画もあるので納得した上で購入することができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
最大95%offになるセールも定期開催されているのでぜひチェックしてみてください!

【2021年】WordPress(ワードプレス)を学びたい方におすすめの本10選! この記事では、「WordPressの基本がわかる入門書」「エンジニアにおすすめのWordpress入門書」をテーマに、おすすめの...

会社で働いて経験を積む

前述のプログラミングスクールや動画コンテンツで学習した後、いきなりフリーランスとして働きはじめる方を多く見かけますが、個人的にはオススメしません。

なぜなら、フリーランスとして独学でスキルを身につけるより、Wordpressエンジニアとしてのスキルが身に付く会社に就職し、実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらう方が成長スピードは早いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
また、スキルが低い状態でフリーランスになると、クラウドソーシング等で低単価な案件は受注できるかもしれませんが、フリーエンジニア専門エージェントが保有しているような高単価案件は受注できません。

ですので、「フリーランスとして独立したもののジリ貧だな・・」と感じている方は、『マイナビIT AGENT』などのIT業界に強い転職エージェントを活用し、転職先でエンジニアとしての実務経験を3年以上積んでから独立することをオススメします。

【2021年】IT業界に強いおすすめ転職エージェントを厳選して10社ご紹介!この記事では、IT業界に転職するメリットについて、現役のWebコンサルタントである私の所感をご紹介させていただいた後、IT業界に強いおすすめの転職エージェントを10社ご紹介します。 記事の最後には、転職エージェントを選ぶポイントや利用手順について解説してますので、これからIT業界に転職される方はぜひ参考にしてみてください。...

WordPressエンジニアが案件を獲得する方法

WordPressエンジニアが案件を獲得する方法は以下の通りです。

それでは、順に見ていきましょう。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスのWordPressエンジニアにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自分で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

次の章で、WordPressエンジニアにおすすめのエージェントを2社ご紹介します。

ギークスジョブ

ギークスジョブ」は、ギークス株式会社が運営するフリーエンジニア専門のエージェントです。業界実績15年、登録エンジニア数は12,000名いる業界最大手のエージェントです。

常時6,000件以上の案件を保有しており、稼働中のエンジニアの85%が年収850万円以上を実現しています。

他社と比べると、アフターサポートがとても充実していて、フリーランス1名につき3名(営業、カウンセリング、サポート)の専任担当がつきます。専任担当は、案件が途切れないよう手厚くサポートしてくれるので、安心して仕事に取り組むことができます。


出典:https://geechs-job.com/

・業界実績15年、登録エンジニア数は12,000名

・会社員並の福利厚生サービスが受けられる

・エンジニア1人に対して3人のサポーターがつく

・勉強会、懇親会を開催している

【2021年】geechs job(ギークスジョブ)の評判は?現役フリーランスがメリット・デメリットを解説! フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です...

ITプロパートナーズ

前述のギークスジョブは週5常駐案件がメインですが、『ITプロパートナーズ』はリモートワーク可・週3からでも稼働できる案件が多いのが特徴です。

紹介可能都市に関しては、東京・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・京都府・兵庫県・奈良県と幅広く、関西圏在住のフリーランスにも対応しています。

・エンド直の案件が多く高単価

・週2〜3日OK、リモートワークOKな案件が豊富

・関西在住のフリーランスにも案件紹介可能

【2021年】ITプロパートナーズの評判は?メリット・デメリットを解説! フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です...

見込み客に直営業をする

大前提、企業に直接営業するより、エージェントを活用することをおすすめしますが、もし力試しとして営業してみたいという方は、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、WordPress制作を発注したいと考えている企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっている制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

Wantedly』などで、「地域名 + WordPress + 業務委託」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるのでおすすめです。

PHPエンジニアがフリーランスになるには?年収・副業事情・案件獲得方法を解説! 現在、PHPエンジニアとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。 最近では、フリーエンジ...

ブログ・SNSで仕事を獲得する

自分のブログやポートフォリオサイトが、SNSや検索流入で見込客の目にとまると、仕事を依頼してもらえることがあります。

例えばこのブログも、「フリーランス Web制作」「フリーランス WordPress」のようなフリーランスに仕事を依頼したいと考えている、Web担当者が検索しそうなキーワードで上位表示されているので、月に数件仕事の相談をいただきます。ぜひ、参考にしてみてください。

フリーランスはブログ必須!仕事につながる活用術と始め方を解説! 私は、フリーランスになったと同時に当ブログを開設して3年になるのですが、ブログで月210万円以上のアフィリエイト収入を得ることが...

最後に

以上、フリーランスとしてWordPress制作を生業にする方法についてご紹介しました!

・WordPressエンジニア必須スキル(HTML・CSS・JavaScript/PHP・My SQL/WordPress(CMS構築)etc.)

・WordPressエンジニアの平均年収は650万円

・WordPressエンジニアが仕事を獲得する方法(クラウドソーシング/フリーランス専門エージェント/Indeed/Wantedly/ブログ・SNS)

以下の表に、代表的なフリーエンジニア専門エージェントの評判と最高単価をまとめてみました。エージェント選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

フリーエンジニアにおすすめのエージェント10選
名称詳細最高単価
ITプロパートナーズ評判を見る100万円/月
midworks評判を見る160万円/月
フォスターフリーランス評判を見る230万円/月
ギークスジョブ評判を見る120万円/月
レバテックフリーランス評判を見る160万円/月
Pe-BANK評判を見る200万円/月
ポテパンフリーランス評判を見る150万円/月
DYMテック評判を見る120万円/月
エンジニアルート評判を見る190万円/月
レバテッククリエイター評判を見る95万円/月

 

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!