稼げるフリーランスの仕事

フリーランスのYouTuberになるには?年収や稼ぎ方を徹底解説

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、フリーランスの独立支援を生業とする私の目線で、フリーランスに役立つ情報を厳選してご紹介します。

最近、人気職業ランキングで常に上位にランクインしているYouTuberですが、そのYouTuberの平均年収は約800万円と言われています。サラリーマンの平均年収が430万円なので約2倍です。

好きなことを仕事にできて、自由に働けて、それでいて平均年収の2倍となると人気が出るのも分かりますよね。

そこでこの記事では、YouTuberになるために必要な準備や、成功確率を上げるための方法についてご紹介します。

YouTuberの平均年収

働きやすさ時間や場所に縛りなし
平均年収800万円(専業でYouTuber)
必須スキル企画・撮影スキル/動画編集スキル/YouTubeアルゴリズム/演者力
案件獲得方法SNS経由のインバウンド/YouTuber事務所への所属
ポイントクライアントワークで動画制作案件を受託することで、安定した収入が見込める

YouTuberの収入源は広告収入です。そして、専業でYouTuberとして働いている方の平均年収は800万円と言われています。

広告収入における再生単価はジャンルごとにばらつきがありますが、1再生あたり0.1円〜0.5が相場のようです。(2021年時点)

影響力があるYouTuberは、広告収入以外にも、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップ、企業案件やグッズ販売などでも収入を上げることができます。

YouTuberになるための準備

それでは、順に見ていきましょう。

チャンネルのコンセプトを決める

YouTuberと聞くと、はじめしゃちょーやフィッシャーズのような中高生向けのエンタメ動画を想像してしまいますが、おすすめはビジネス系YouTuberです。

なぜなら、エンタメ系動画の視聴者は中高生ですが、ビジネス系動画の視聴者はビジネスマンなので、広告収入に直結するクリック単価がエンタメ系に比べて圧倒的に高いです。

おすすめのジャンルは以下の通りです。

・不動産・投資系
・教育系
・美容系
・フィットネス系
・旅行系 等

動画編集ソフトや撮影機材を揃える

YouTuberとして活動するなら、動画編集ソフトを自前で用意しておく必要があります。最近では、『Adobe Creative Cloud コンプリートプラン』に契約して、PhotoshopやIllustratorでサムネイル画像を作り、Premiere Proで動画編集される方が多いです。

Adobe Premiere Pro』は、人気YouTuberのヒカキンさんや瀬戸弘司さん、水溜まりボンドさんやヒカルさんも利用していることで有名で、素材を階層上に並べて複雑なモーションを作ったり、キャラクターを動かしてアニメーションにすることなども可能です。

また、おすすめの撮影機材は以下の4点です。

・カメラ:iPhoneの最新モデル

・スマホ用マイク:【ユニバーサル版】外部マイク

・スマホ用三脚:【VIUME】スマホ三脚

・撮影用ライト:【SAMTIAN】スタジオ撮影ライト

【2021年】YouTubeで最もよく使われている動画編集ソフトを解説 スマートフォンやアクションカメラの普及によって、動画を撮影する機会がかなり増えてきました。 自分で撮った動画をかっこよく編...

動画編集スキルを身につける

YouTuberとして動画をアップする上で、動画編集/映像制作のスキルは必須です。お金に余裕がある方は動画編集を外注できますが、ほとんどの駆け出しYouTuberは自分で動画を編集することになるかと思います。

動画編集というと難しいスキルのように感じますが、プログラミングなどに比べると圧倒的に短期間で学ぶことができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
僕の知り合いには、動画編集を1ヶ月間独学で学んで20万円/月の仕事を受注したフリーランスがいます。プログラミングだと半年学んでもフリーランスとして仕事を獲得するのは難しいですよね。

動画編集/映像制作のスキルを身につけることで、YouTuberとしてクオリティの高い動画をアップするだけでなく、フリーランスとして動画編集の仕事を受託できるのも大きなメリットです。

フリーランスの動画編集者になるには?仕事内容・年収・営業方法も解説最近ではYoutubeやtiktok、Instagramの影響で、動画編集の仕事の需要が高まってきており、独立するチャンスがかなり広がってきていると感じます。 この記事では、フリーランスの動画編集者になるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介します。...

動画編集のスキルを身につける方法

オンラインスクールでスキルを習得する

上記でご紹介した、Adobe Premiere Proを使用した映像制作/動画編集が学べるスクールとして、ヒューマンアカデミーの『動画クリエイター講座』がおすすめです。

ヒューマンアカデミー(動画クリエイター講座)

運営会社ヒューマンアカデミー株式会社
コースの種類動画クリエイターコース・動画クリエイター総合コース・Web動画クリエイターコース
授業料月々6,100円(税込)〜
期間6ヶ月〜12ヶ月
習得スキルAfter Effects・Premiere Pro・Photoshop・Illustorator
学習スタイル通学・オンライン・ブレンド
サポート体制質問無制限・ポートフォリオ制作サポート・転職サポート

ヒューマンアカデミーの『動画クリエイター講座』では、現役の動画クリエイターが制作した実践的なカリキュラムになっていて、After EffectsやPremiere Proを使った動画編集スキルや、PhotoshopやIllustoratorを使ったデザインスキルを習得することができます。

最短6ヶ月、月々6,100円から講座を受講することができ、受講期間中は動画コンテンツが見放題です。サポート体制もしっかり整っており、受講中の疑問や不明点はいつでも何度でもチャットで質問することができます。

(出典:ヒューマンアカデミー公式サイト

受講期間中にクオリティの高いポートフォリオを制作することで、その作品がスキルの証明となり、転職や案件獲得につなげることができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
現役の動画クリエイターがマンツーマンで指導してくれるので、自分が納得のいくポートフォリオが出来上がるまで何度もフィードバックを依頼することをおすすめします。

ポートフォリオ制作支援付き/

【2021年】おすすめの動画編集スクール・学校10校を徹底比較 近年、YouTubeやTiktok、InstagramなどのSNSが普及したことにより、動画クリエイターの求人需要がかなり高まっ...

会社で働いて実務経験を積む

大前提ですが、スクールや独学でスキルを身につけるより、動画編集スキルが身に付く会社に就職し、実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらう方が成長スピードは早いです。

ですので、「オフィスに出社するのが辛い・・」などよっぽどの理由がない限り、『マイナビクリエイター』のような動画編集者向けの求人を豊富に扱っているエージェントを活用して、転職先で動画編集者としての実務経験を1年以上積んでから独立することをオススメします。

自分がマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーに相談した際は「動画・映像編集」関連の求人を30件以上紹介していただけました。(2021年4月時点)

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
個人的には、事業会社の動画編集者として就職するより、動画制作会社や広告代理店の動画編集者として就職した方が、様々な案件に携わることができるのでオススメです。
【2021年】マイナビクリエイターの評判は?活用するメリット・デメリットを解説 マイナビクリエイターは、株式会社マイナビワークスが運営するIT・Web業界専門の転職エージェントです。 この記事では、マイ...

最後に

以上、YouTuberになるために必要な準備や学習方法をご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

・YouTuber必須スキル(企画・撮影スキル/動画編集スキル/動画マーケティング・YouTube etc.)

・YouTuberの平均年収は800万円

・YouTuberの収入源(広告収入/スーパーチャット/メンバーシップ/企業案件/グッズ販売 etc.)

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!