フリーランス基礎知識

フリーランス(個人事業主)におすすめのクレジットカード4選 【事業用として便利】

会社員と比べると、フリーランスはクレジットカードの審査に通りにくいと聞いたことありませんか?

実際、フリーランスとしての収入が高いにも関わらず、クレジットカードの審査に落ちてしまったというケースをよく耳にします。

この記事では、フリーランスがクレジットカードの審査を通過するコツや、私が実際に利用しているおすすめのクレジットカードを4つご紹介します。

独立する前にクレジットカードを作っておく

フリーランスの社会的信用は、サラリーマンと比較するとかなり劣ります。

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
私の知り合いのフリーランスを例に出すと、審査に5回連続で落ちた方や、フリーランス1年目は1枚も作れなかったという方がいます。

なので、サラリーマンという信用があるうちに、必ずクレジットカードは複数枚作り、上限金額を引き上げておきましょう。クレジットカード以外にも、サラリーマンのという信用があるうちに手続きしておくべきことがあるので、気になる方はぜひ以下の記事もご覧ください。

フリーランス(個人事業主)になるには?脱サラするまでに準備すべきこと【10選】 フリーランスとして最高のスタートダッシュを切るためには、会社員時代の事前の準備が欠かせません。 僕の経験上、週休二日制(土...

クレジットカードには2種類ある

クレジットカードには、個人カード法人カードの2種類あります。それぞれの違いを簡単な表にまとめたので、さっそく確認していきましょう!

種類個人カード法人カード
発行対象個人法人代表者
個人事業主
使用用途支払い全般経費全般
利用限度額平均100~200万円平均200~500万円
引き落とし口座個人口座法人口座
屋号口座(個人口座)

結論、プライベート用の支払いとして個人カードを1枚以上、経費用の支払いとして法人カード1枚以上作成しておきましょう!

個人カード

上記の表にもある通り、フリーランスにとって個人カードを使用するメリットは「使用用途をプライベートと経費で分けて、帳簿しやすくするため」以外ありません。

強いていうなら、「ポイントが溜まる」「海外付帯保険がついているので、海外で安心してノマドができる」の2点だけかと思います。後ほど上記メリットがあるクレジットカードを2枚ご紹介します。

法人カード

法人カードは経費の決済に対応できるよう、個人カードよりも利用限度額が高いというメリットがあります。表にもある通り、個人カードと比較すると、最大で5倍の利用限度額で使用することができます。

また、引き落としまでの期間が最長2ヶ月に設定できるので、今月はお金が用意できないという場面でも、法人カードで支払えばキャッシュフローの調整をすることができます。

おすすめの個人カード2枚

リクルートカード


リクルートカードは、年会費無料で審査が通りやすく、駆け出しのフリーランスにおすすめのクレジットカードです。

溜まったポイントは、じゃらんやホットペッパーのようなリクルートのサービスに活用することができます。

ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
自分の場合、ホットペッパービューティーで美容院を予約していて、毎月の散髪代はリクルートポイントで支払っているのでほぼ無料です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カード


セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス®・カードの魅力は、なんといっても最高3000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)が付いている点です。

フリーランスは海外を旅行しながら仕事をすることが多いので、仮に商売道具であるパソコンやスマホが壊れたり、盗まれてしまった場合も保険が降りるので安心です。

また、これだけの特典が付いていて、26歳になるまでは年会費無料、26歳以上の方は初年度年会費無料(2年目以降3,000円)なので、20代前半のフリーランスの方におすすめです。

おすすめの法人カード2枚

三井住友ビジネスカード for Owners


三井住友ビジネスカード for Ownersは、三井住友カードが発行しているビジネスカードで、フリーランスや中小企業代表者が申し込むことができます。

引き落としは個人名義口座、個人事業者(屋号)名口座、法人名義口座となり、実際に現金が引き落とされるのは約1~2ヶ月後なので、キャッシュフローの改善に役立てることができます。

個人的には、年会費1250円のクラシックカードがおすすめです。

freee MasterCardライト


freee MasterCard ライトはクラウド会計ソフトfreeeが発行しているビジネスカードで、年会費無料でフリーランスや中小企業代表者が申し込むことができます。

設立初年度の方や赤字決済の方でも発行できるのがfreee MasterCardライトの強みです。

また、カード申込と一緒に「クラウド会計ソフトfreee」の新規申込をしておくと、freee2000円分ディスカウントクーポンをもらうことができます。

フリーランス初心者が必ず登録すべきサイト・サービス10選でも書きましたが、freeeはフリーランスに必須の会計ソフトなので、この機会に合わせて検討することをおすすめします。

まとめ

以上、フリーランスがクレジットカードの審査に通過するコツと、おすすめのクレジットカードついてのご紹介でした。

クレジットカードの用意以外にも、会社員のうちに準備すべきことはたくさんあるので、ぜひ以下の記事もご覧ください。

フリーランス(個人事業主)になるには?脱サラするまでに準備すべきこと【10選】 フリーランスとして最高のスタートダッシュを切るためには、会社員時代の事前の準備が欠かせません。 僕の経験上、週休二日制(土...

また、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしているので、興味がある方はぜひ以下のLINEからご連絡ください!

フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号店」、茅ヶ崎にオープンします! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...
関連記事