PC・HDDのデータ復旧方法 PR

【2024年】データ復元・復旧ソフトおすすめ10社を徹底比較

「パソコンやスマホのデータを消してしまった・・」
「データを誤って削除・上書き・初期化してしまった・・」

何かの拍子でデータが消えてしまった際は、データ復元ソフトが役立ちます。一方で、データ復元ソフトを提供する会社は数百社近くあり、各社料金や性能、対応デバイス等が異なるので、何を基準に選ぶかが難しいです。

そこでこの記事では、データ復元ソフトを選ぶポイントや、有料・無料別におすすめのデータ復元ソフトを厳選して10社ご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【編集長おすすめ2選】

当サイトがおすすめするデータ復元ソフトはRecoverit・Recuvaの2社。データ復元で必要な機能は網羅されており、実際の利用者の口コミ・評判も良好です。

ソフト名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
Recoverit
PC・HDD・SD・USBなど、あらゆるデバイスから写真・動画・音声ファイル・メール・ドキュメントなどのファイルを復元可能。データ復旧成功率は95%以上。
【第2位】
Recuva
無料なのに有料ソフトに引けをとらない復旧性能。PCのHDD・USB
SDカード・外付けHDDなど幅広いデバイスに対応。

データ復元・復旧ソフトを選ぶポイント

この章では、データ復元ソフトを選ぶ際にチェックしておくべきポイントを3つご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう。

データの破損原因を特定する

データの破損原因としては、論理障害と物理障害の2種類あります。

論理障害とは、デバイスやHDD本体に外的な故障がないことが特徴です。データを誤って削除・上書き・初期化してしまったり、パソコン起動中に異常が発生したり、ウイルスが感染することによってデータ障害が起こることを指します。

論理障害であれば、データ復元ソフトなどを用いて、自力でデータを復元できる可能性が高いです。

一方で、落下や水没など外的な故障が原因でデータ障害が起こる物理障害であれば、データ復元ソフトで復旧できる可能性が低いです。

データ復旧の難易度が非常に高く、専門の設備や技術が必要になるので、データ復旧業社に相談されることをおすすめします。

復旧させたいデバイスに適したソフトを選ぶ

データ復旧ソフトにはそれぞれ適した動作環境があります。ソフトを使用する前に必ず以下の点を確認するようにしましょう。

・WindowsやMacに対応しているか
・最新のOSバージョンに対応しているか
・デバイスはパソコンやスマホ、デジカメなどに対応しているか
・USBやディスクにも対応しているか

現在では、ほとんどのデータ復旧ソフトが幅広いデバイスや動作環境に対応していますが、それでも一応確認しておきましょう。

料金(有料 or 無料)

データ復旧ソフトは基本有料ですが、そのほとんどが無料版を提供しています。

無料版だと、復旧できる回数や容量に制限がありますが、軽度なデータ障害であれば無料版でも問題なく復旧できます。一般的に、500MB〜2GBまでのデータであれば無料で復旧できるケースが多いです。

一方で、無料ソフトのものは有料ソフトに比べて復旧率があまり高くない傾向にあります。何度もソフトを使って復旧を試みると、機器の症状をさらに悪化させ、データ破損に繋がる恐れがあるので注意が必要です。

有料でおすすめのデータ復元・復旧ソフト5選

この章では、有料でおすすめのデータ復元ソフトを厳選して5社ご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう。

Recoverit | PC・HDD・SD・USBなどあらゆるデバイスに対応

Recoverit』は、これまで500万人以上が利用している信頼性の高いデータ復旧ソフトです。料金は月額課金であれば7,980円〜、永続ライセンスであれば12,980円(税込)で利用できます。

写真・動画・音声ファイル・メール・ドキュメントなど1,000種類以上のファイル形式に対応しており、HDD、USB、SSD、SDカードなど2,000種類以上の保存デバイスで利用可能です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
使い方もかなりシンプルで、「データを選択→スキャン→修復完了」という3STEPで簡単にデータを復旧できます。

データ復旧成功率は95%を超えており、「起動しないパソコンからデータ復元」「破損した動画を修復」など、難易度が高いデータ復旧にも対応しています。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro | 復旧率97.3%をほこるデータ復元ソフト

EaseUS Data Recovery Wizard Pro』は、データ復旧率97.3%をほこる機能性が高いデータ復旧ソフトです。料金は19,690円(税込)と高額ですが、一度購入すればデータ上限なく利用でき、以後のアップデートも無料です。

EaseUS Data Recovery Wizard Proの性能が気になる方は、2GBまでであれば無料で利用できるのでぜひ無料版を体験してみてください。

完全復元PRO15プレミアム | 料金19,800円でオールインワンのソフト

完全復元PRO15プレミアム』は、完全データ復元PRO、完全デジカメデータ復元、完全ドライブ復元を3点セットにした復元ソフトです。

これ一つあればパソコンやスマホだけではなく、デジカメなどを含めたあらゆるデータ復元が可能です。

一方で、個人で使用する場合、完全復元PRO15プレミアムはややオーバースペックかもしれません。完全データ復元PRO、完全デジカメデータ復元、完全ドライブ復元はそれぞれ単品で購入できるので目的に応じて購入しましょう。

Disk Drill | Windows・Macに対応。料金一律13,479円

Disk Drill』は、Macユーザーに定評があるデータ復元ソフトです。一般的に、Mac版の復元ソフトはWindows版に比べ5,000円ほど高いか、対応すらしていないケースが多いです。

Disk Drillでは、Windows・Macの両方に対応し、料金も一律13,479円(税込)です。復旧性能も優れており、画像や文書など200種類以上のファイル形式に対応しています。

無料版においても、ファイルの高速スキャンやデータ保護、バックアップ作成まで行えるので、無料版を試してから有料版を検討するのがおすすめです。

ファイナルデータ11plus | ガラケーやデジカメ・ビデオカメラ向け

ファイナルデータ11Plus』は、様々なデバイスのデータ復元に対応しており、スマホやデジカメ、ビデオカメラの写真や動画も高精度で復元できます。

SDカードはもちろん、デジカメやビデオカメラを直接PCを繋いで復旧作業を行うことができます。PC上の操作においては、指示に従って行うだけなので簡単です。

思い出の写真や動画を高い精度で復旧したい方におすすめのデータ復元ソフトです。

無料でおすすめのデータ復元・復旧ソフト5選

この章では、無料でおすすめのデータ復元ソフトを厳選して5社ご紹介します。

それでは、順に見ていきましょう。

Recuva | 無料なのに有料ソフトに引けをとらない復旧性能

Recuva』は、PCのHDD・USB・SDカード・外付けHDDなど幅広いデバイスに対応しており、無料なのに有料ソフトに引けをとらない復旧性能が強みです。

一般的な無料のデータ復旧ソフトであれば、ファイルのスキャンまでしかできなかったり、データ復旧できる数に上限がある場合がほとんでですが、Recuvaでは有料ソフトと同等のリカバリー機能を無料で利用できます。

復旧できるデータは写真・動画・メール・ワードなど、汎用性が高い点もRecuvaの強みです。

EaseUS Data Recovery Wizard(無料版) | 2GBまでのデータ復旧は無料

EaseUS Data Recovery Wizard』は、料金よりもデータ復旧ソフトの機能性を重視する方におすすめです。

EaseUS Data Recovery Wizard Proであれば、料金が税込19,960円と相場よりも高いですが、写真・動画・メール・ドキュメント等の全データ形式に対応しており、データ復旧率97.3%と高い水準を維持しています。

パソコン(Windows/Mac)やスマホ、外付けHDDなど幅広いデバイスに対応しており、2GBまでのデータ復旧であれば無料版で試すことができます。

ファイナルデータ(無料版) | 20年以上市場シェアNo1のデータ復旧ソフト

ファイナルデータ』は、料金・機能・操作性において、専門家を含む多くのユーザーから高い満足度を得ており、市場シェアNo1を20年以上連続で維持しています。

無料版は有料版の復旧ソフトと同じくスキャンを行って、大事なデータが復元できるかどうか確認できます。無料版では確認までしかできませんが、もし大事なデータを高い精度で復元したい方は有料版を利用しましょう。

クリックだけでデータ復旧できるシンプルな操作性なので、データ復元ソフトを初めて使う方でも簡単に操作できます。

EaseUS MobiSaver | iPhoneのデータ復旧におすすめのソフト

EaseUS MobiSaver』は、スマホデータを復元したい方におすすめのデータ復元ソフトです。iPhoneバージョンとAndroidバージョンの両方を提供しており、iOSにおいてはiPadやiPod touchにも対応しています。

さらに、EaseUS MobiSaverではデバイスの破損や水没など、一部の物理障害のデータ復元にも対応しており、インストールしたパソコン経由でデータ復旧作業を行えます。

無料版では1個のファイルしか復旧できませんが、スキャン自体は有料版と同じ性能であり、有料版も7,190円〜と良心的な価格です。

USBメモリ復旧 | USB・SDカード・CFカードの復旧におすすめ

USBメモリ復旧』は、USBメモリ・SDカード・CFカードのデータ復旧を得意とするデータ復元ソフトです。

個人利用であれば完全無料で利用でき、動画や写真、書類まで容量や回数の上限なく利用できます。

ソフトの提供元である復旧天使には、プロのデータ復旧エンジニアが在籍しており、自力での復旧が難しい場合は代わりに復旧作業を行なってくれます。

重度論理障害・物理障害は復旧業者の利用がおすすめ

外的な破損がない論理障害であれば、データ復元ソフトなどを用いて、自力でデータを復元できる可能性がありますが、外的な破損による物理障害であれば、自力でのデータ復旧は難しいです。

論理障害においても、ソフトの操作を誤ると症状が深刻化し、データ復旧率が下がるので注意が必要です。また、自力で対応して症状が悪化すれば、より高い復旧費用がかかります。

「データの復旧率をできるだけ高めたい」「すぐにデータを復旧させたい」という方は、初めからデータ復旧業社に依頼することをおすすめします。

【編集長おすすめ3社】

当サイトが特におすすめするデータ復旧業社はデジタルデータリカバリー・PCエコサービス・アドバンスデザインの3社。
データ復旧の実績が豊富で完全成功報酬を採用。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
デジタルデータリカバリー
国内売上14年連続No.1のデータ復旧業者。依頼の約80%が48時間以内に復旧。データ復旧率95.2%。
【第2位】
PCエコサービス
論理障害・物理障害問わず一律43,780円。輸送期間含め最短3日でデータ復旧。完全成果報酬でキャンセル料無料。
【第3位】
アドバンスデザイン
データ復旧やサーバー復旧など、データ領域全般では日本トップクラスの実績を誇る。法人などの大規模復旧案件に強い。

まとめ

以上、データ復元ソフトを選ぶポイントや、有料・無料別におすすめのデータ復元ソフトを厳選して10社ご紹介しました。

データ復元ソフトやを選ぶ際は、データの破損原因を特定し、復旧させたいデバイス・ファイルに適した復旧ソフトを選ぶことが大切です。

次に無料版やトライアルを利用して、操作性や機能を確認してみましょう。もし、欲しい機能がなかった場合は、有料版への切り替えや、他社の無料ソフトを再度比較検討するようにしましょう。

【編集長おすすめ2選】

当サイトがおすすめするデータ復元ソフトはRecoverit・Recuvaの2社。データ復元で必要な機能は網羅されており、実際の利用者の口コミ・評判も良好です。

ソフト名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
Recoverit
PC・HDD・SD・USBなど、あらゆるデバイスから写真・動画・音声ファイル・メール・ドキュメントなどのファイルを復元可能。データ復旧成功率は95%以上。
【第2位】
Recuva
無料なのに有料ソフトに引けをとらない復旧性能。PCのHDD・USB
SDカード・外付けHDDなど幅広いデバイスに対応。