独立を目指せる副業の仕事

IT・Webコンサルタントが副業案件を獲得するには?土日・週2でも参画可能

IT・Webコンサルタントは、フルリモートOK、週1〜2日の稼働でOKな副業案件が豊富なので、平日の夜や土日を有効活用すれば会社員の方でも副業可能です。

この記事では、IT・Webコンサルタントが副業案件を獲得する方法や単価相場・平均年収について解説します。

【編集長おすすめのエージェント】

コンサルタントの副業案件をお探しの方は、Professionals On Demandの活用がおすすめ。リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富。

サービス名 特徴・おすすめ理由
Professionals On Demand 経営・戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)など、幅広いジャンルの直請け高単価案件が豊富。大手ファーム出身者による手厚いサポートが強み。

IT・Webコンサルタントの仕事内容・単価相場

WebコンサルタントとITコンサルタントはよく混同されがちですが、仕事内容や単価相場はかなり異なります。

Webコンサルタントは、企業のマーケティング戦略を強みとしていますが、ITコンサルタントは開発のオペレーション戦略を得意としています。Webコンサルタントの平均年収は約710万円、ITコンサルタントの平均年収は約980万円です。

フリーランスで働くWebコンサルタントの単価相場(人月)は以下の通りです。

項目 単価相場
SEOコンサルティング 5万〜50万円/月
Web広告運用コンサルティング 5万〜30万円/月
SNS運用コンサルティング 5万〜20万円/月
Webマーケ戦略コンサルティング 30万〜100万円/月

フリーランスで働くITコンサルタントの単価相場(人月)は以下の通りです。

項目 単価相場
IT戦略コンサルティング 70万〜90万円/月
パッケージ導入コンサルティング 80万〜200万円/月
BPR・BPOコンサルティング 80万〜150万円/月
PMO・PMコンサルティング 60万〜100万円/月
デジタルコンサルティング  80万〜150万円/月 
 セキュリティコンサルティング 60万〜100万円/月
フリーランスコンサルタントになるには?案件の獲得方法も解説この記事では、フリーのIT/Webコンサルタントになるために必要な準備や仕事内容、案件を獲得する方法について解説します。...

IT・Webコンサルタントが副業案件を獲得する方法

フリーランスエージェントを活用する

コンサルタントが営業工数をかけず、かつ安定して副業案件を獲得するには、フリーランスエージェントを活用することが最も有効です。

実務経験が豊富であれば、フルリモートOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件を紹介してもらえます。この章では、コンサルタント向けの副業案件が豊富なフリーランスエージェントを厳選して2社ご紹介します。

Professionals On Demand | 幅広いジャンルの直請け高単価案件が豊富

おすすめ度
運営会社 株式会社ワークスタイルラボ
対象 PM・PMO / IT上流 / BPR / 経営戦略 など
単価相場 100万円〜250万円/月

Professionals On Demand』は、100万円〜250万円の事業会社直請け案件が豊富で、PM・PMOやIT上流、BPR、経営戦略を中心に、幅広いジャンルの案件を取り扱っています。登録している人の特徴としては、以下のような傾向があります。

・総合/IT、戦略系ファーム出身者や事業会社出身のハイクラス人材
・起業に向けて、事業立ち上げや推進の準備時間を確保したい人
・年収アップを目指しつつ、経済的安定も実現したい人

大手ファーム出身者がキャリア面談を行うので、キャリアとスキルを正確に見極めて案件を紹介してくれます。

営業代行やプロジェクトの紹介はもちろんのこと、クライアントとの調整やトラブルシューティングなど、プロジェクト参画後のサポーターも充実しています。

・高額案件が豊富|100万円〜250万円の直請け案件が充実

・上流案件が豊富|PM・PMOやIT上流、BPR、経営戦略など

・良質な長期案件、リモート案件を積極的に開拓

・サポートが手厚く平均継続率90%以上

Strategy Consultant Bank | 高単価の戦略・業務案件が中心

おすすめ度
運営会社 株式会社Groovement
対象 IT・Webコンサルタント
最高単価 180万円/月
サポート内容 定期的に交流会を実施

Strategy Consultant Bank』では、戦略ファーム出身者が独自のルートで仕入れた高単価な上流案件を中心に取り扱っています。

出典:https://strategyconsultant-bank.com/

ユーザーに対するサポートも充実しており、コンサルタントの稼働率を定期的にチェックし、オーバーワークが生じた際はクライアントとの各種調整も代行してくれます。

また、稼働しているコンサルタント向けに、定期的に交流会を実施しており、ゲストに経営者を招くなど実利に繋がる人脈を増やすこともできます。

・高単価の戦略・業務案件が中心

・実稼働状況を把握してくれているので安心

・定期的に交流会を実施

IT・Webコンサルタントの副業案件例

この章では、フリーランスエージェントに掲載されているコンサルタント向けの副業案件例をご紹介します。

週1〜2日稼働できる副業案件例

以下は『Professionals On Demand』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」副業案件です。

案件名 財務会計、管理会計、人事給与、固定資産管理クラウドシステム導入
想定月収 〜100万円
週稼働日数 週1〜2日
業務内容 ・PMOの指示に基づくドキュメントとりまとめ
・システム&業務マニュアルに基づく各地方の顧客から収集した情報の整理
・顧客との会議における部分パートの説明

上記の案件はすでに募集を締め切っていますが、Professionals On Demandのサイト内検索で「週1」「週2」と検索すると、稼働日数が少なくても参画できるコンサルティング案件が豊富に見つかるので、会員登録して公募案件をチェックしてみてください。

リモートで稼働できる副業案件例

以下は『Professionals On Demand』に掲載されている「リモートOK」な副業案件です。

案件名 SAP導入プロジェクト(SCM領域)
想定月収 100万~150万円
業務内容 SAP-SDの領域について主に以下のタスクを遂行する。
①業務・システム課題への対応方法案の提示
②業務の話とシステムの話の間に入り論点や問題点などを整理しつつ、お互いの理解を促進
③FVB(リテールやアパレル機能)などの英語資料や英語による説明の紐解きのサポート
なお、最終顧客と直接コミュニケーションをとる機会は当面限定的で、導入ベンダーの後方支援の立ち位置で上記タスクを遂行する。

Professionals On Demandのサイト内検索で「リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるコンサルティングの副業案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

コンサルタントが副業を行うメリット

週2日の稼働で60万円/月以上稼げる

実務経験が3年以上あるコンサルタントであれば、週2日の稼働でも60万円/月以上稼げます。

実際に、フリーランスエージェントに掲載されている案件をのぞくと、週2日の稼働で60万円/月〜100万円の案件が多いです。

トレンドをキャッチアップしやすい

副業を行うことで、様々なコンサルティング現場に参画することになり、トレンドをキャッチアップする機会が増えます。

本業で同じような業務を繰り返しているだけだと、業界のトレンドに追いつけなくなり、転職・独立する際にコンサルタントとしての市場価値が低く評価されてしまいます。

また、副業で知識やスキルレベルを上げておくことで、本業で任される仕事が増えるなど、現職での昇給・昇格も期待できます。

仕事につながる人脈が広がる

副業を行うことは様々なコンサルティング現場に参画することになり、参画先の社長やPMなど、決裁権者と繋がることができます。

もし、副業で成果を出せば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員として高待遇でヘッドハンティングされることもあるでしょう。

副業先で信頼を積み重ねることで、新たな仕事を紹介してもらえるケースも多々あるので、本業と同じ姿勢で業務に臨むようにしましょう。

フリーランスコンサルタントになるには?案件の獲得方法も解説この記事では、フリーのIT/Webコンサルタントになるために必要な準備や仕事内容、案件を獲得する方法について解説します。...

コンサルタントが副業を行うデメリット

本業の就業規則に違反していると解雇されることも

コンサルタントが副業を行う際は、本業で働く会社の就業規則を必ず確認しておきましょう。

副業禁止の会社で、万が一副業がバレたら解雇される可能性があります。副業が許可されていても、〇〇万円/月以上副業収入がある場合、会社に申請する必要があるケースもあるので必ず就業規則を確認しておきましょう。

法人を設立して役員報酬を0にするなど、副業収入を隠すことも可能ですが、会社を設立しているのがバレてしまえば元も子もないので注意が必要です。

確定申告が必要になる

本業とは別に、副業収入が20万円/年超えると確定申告する必要があります。

もし、確定申告を怠ってしまうと、本来徴収される税金に加え無申告加算税が上乗せされます。また、一度無申告加算税のようなペナルティを受けると、税務署から目をつけられ税務調査に入られる頻度が多くなる傾向にあります。

副業収入が20万円/年を超える場合は、クラウド会計ソフトなどを活用して日々帳簿をつけておきましょう。

まとめ | 副業案件探しはフリーランスエージェントがおすすめ

コンサルタントは、フルリモートOK、週1〜2日の稼働でOKな副業案件が豊富なので、平日の夜や土日を有効活用すれば会社員の方でも副業可能です。

実務経験が豊富であれば、フリーランスエージェントに登録しておくことで定期的に副業案件を紹介してもらえます。

【編集長おすすめのエージェント】

コンサルタントの副業案件をお探しの方は、Professionals On Demandの活用がおすすめ。リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富。

サービス名 特徴・おすすめ理由
Professionals On Demand 経営・戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)など、幅広いジャンルの直請け高単価案件が豊富。大手ファーム出身者による手厚いサポートが強み。