フリーランス基礎知識

フリーランスのWebディレクターになるには?平均年収や仕事を獲得する方法をご紹介!

現在、Webディレクターとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

自分もフリーランスのWebディレクターとして働いていますが、企業がフリーランスに仕事を発注する文化が根付いてきているので、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

この記事では、フリーランスのWebディレクターになるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

Webディレクターの平均年収

Webディレクターの平均年収は452万円です。年代別では以下の通りです。

年代年収
20代371万円
30代471万円
40代559万円
50代564万円

業種別の年収は以下の通りです。

業種別年収
Web制作会社400万円〜
Webデザイン会社480万円〜
広告代理店440万円〜
ゲーム開発会社450万円〜
フリーランス400万円〜

フリーランスのWebディレクターになる方法

会社で働いて経験を積む

大前提ですが、独学でスキルを身につけるより、スキルが身に付く会社に就職し、実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらう方が成長スピードは早いです。

ですので、「オフィスに出社するのが辛い…」などよっぽどの理由がない限り、レバテックキャリアWantedlyなどを活用して、ディレクションスキルが身につく企業で働きつつ、独立を目指すことをおすすめします。

スクールで勉強する

スクールで勉強する場合、TechAcademyのWebディレクションコースがおすすめです。短期間でWebサイトの制作ディレクションができるようになる学習プログラムになっており、Webサイトの課題を解決に導く提案・企画・設計をできるようになることがゴールです。

週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日19〜23時にチャット・レビューサポートを受けることができるので、不明点があればすぐに解消することができます。


独学で勉強する

制作ディレクションを独学する方法としては、自分のサイトやブログを立ち上げるのがおすすめです。このブログも、自分でワイヤーフレームを作り、知り合いのデザイナーやコーダーに発注し、進行管理等は自分で行い立ち上げました。

また、ブログ記事の執筆や広告運用もディレクション部分は巻き取った上で外注しているので、マーケティングディレクターとしてのスキルも身につけることができました。

すでにサイトやブログを運営されてる方は、Googleアナリティクスなどで問題点を洗い出し、サイトリニューアルするなどしてディレクション業務を疑似体験されることをおすすめします。

フリーランスのWebディレクターが案件を獲得する方法

フリーランス向けエージェントを利用する

フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。

次の章で、フリーランスのWebディレクターにおすすめのエージェントを3つご紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、IT・Web系の常駐型フリーランス専門のエージェントです。サイト内で、Webディレクターと検索すると以下のように複数の案件がヒットします。

利用者の2人に1人が初めてフリーランスになる方なので、初心者にも優しいエージェントと言えます。Webやインフラなど、スキル別に担当カウンセラーが分かれているのでマッチングの精度が高く、5,000社以上の企業との取引があるので、スムーズな案件探しが可能です。


KAIKOKU

KAIKOKU

KAIKOKUは、株式会社BLAMが運営する複業したいデジタルマーケターと企業をマッチングするパラレルワーク(複業)支援サービスです。制作ではなくマーケティングよりのディレクターにおすすめのエージェントです。

広告運用などの業務委託で2400-4800円/時間の報酬の仕事が多いようです。

KAIKOKUの公式サイト

Workship

Workship

Workshipは、デザイナー、エンジニア、ディレクター、マーケター、人事、広報、ファイナンスに従事するフリーランス向けスキルシェアサービスです。

土日のみ、週1のみの案件もあるので、複業、週末ワーカー、パラレルワークの方におすすめです。また、Workshipで受注成約すると1プロジェクトごとにお祝い金1万円が貰えるのも嬉しいポイントです。

Workshipの公式サイト

見込み客に営業をする

大前提、企業に直接営業するより、エージェントを活用することをおすすめしますが、もし力試しとして営業してみたいという方は、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や、SEO会社、広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、Webディレクターを探している企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっている制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

この場合、エージェントと同じように、1〜2割ほどマージンを取られてしまいますが、駆け出しの頃は「地元で仕事のハブになっている企業」に営業することをおすすめします。

Wantedlyなどで、「地域名 + ディレクター + 業務委託」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるのでおすすめです。

フリーランスチームを作ろう

Web系フリーランスの商流は以下のようになっています。

ディレクターは、クライアントの要望をヒアリングし、コーダーやデザイナー、ライターなど様々な職業の方を巻き込みながらクライアントの要望を形にします。

なので、ディレクターとして安心して仕事を発注できるフリーランスが身近にいると、仕事をスムーズに進めることができます。

【2020年度】実績豊富なフリーランスチームをご紹介!【7選】最近のフリーランスの働き方のトレンドとして、実績豊富で強力な集客チャンネルを持つフリーランスが中心となってギルド型のチームを作り、Web...

最後に

以上、フリーランスのWebディレクターになるための準備や仕事を獲得する方法についてご紹介しました!この記事を読まれた方は、以下の記事もおすすめです。

【2020年度】仕事・案件・求人が豊富なフリーランス専門エージェントを34サイト紹介! フリーランスにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です...
フリーランス(個人事業主)のメリット・デメリットを現役フリーランスが徹底解説!近年、働き方改革やクラウドソーシングサービスの普及によって、フリーランスという働き方が注目されています。 この記事では、フリーラン...
ノマド家オーナー
ノマド家オーナー
最後になりましたが、私が運営するフリーランス向けシェアハウス「ノマド家」では、駆け出しのフリーランスをサポートしています。
フリーランスと寝食を共にして、切磋琢磨したいという方はぜひ以下の記事から詳細をご確認の上、LINE@までお気軽にご連絡ください!
フリーランス向けシェアハウス「ノマド家2号館」茅ヶ崎にオープン! 僕自身、会社員をしながら週末フリーランスとして約1年間ほど働いていたのですが、フリーランスとして独立するためには「フリーランス同...
関連記事