稼げるフリーランスの仕事

フリーランスのWebディレクターになるには?仕事内容やおすすめエージェント

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、フリーランスの独立支援を生業とする私の目線で、フリーランスに役立つ情報を厳選してご紹介します。

現在、Webディレクターとして働かれている方は、独立するタイミングを伺っている方が多いかと思います。

自分もフリーランスのWebディレクターとして働いていますが、企業がフリーランスに仕事を発注する文化が根付いてきているので、独立するチャンスはかなり広がってきていると感じます。

そこでこの記事では、フリーランスのWebディレクターになるために必要な準備や、仕事を獲得する方法についてご紹介します。

Webディレクターの仕事内容

働きやすさリモートワーク・常駐案件の割合は半々
平均年収450万円
必須スキル営業 / 進行管理 / 品質管理 / Webデザイン / Webマーケ / コーディング
案件獲得方法フリーランス専門エージェント / 制作会社・広告代理店の下請け
ポイントWebクリエイターとチームを作り、制作案件の仕事を巻き取ることで年収UP

Webディレクターの仕事は、主にWebサイトを制作する際に指揮をとる人のことを指します。

具体的には、PM(プロジェクトマネージャー)と同行でクライアントとの打ち合わせに参加し、課題や要望をヒアリングして要件定義を行い、その内容を踏まえてデザイナーやコーダー、ライターなどの制作スタッフに指示を出し、Webサイトが完成するまでの進行管理や、品質管理を行うのが主な仕事です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
クライアントと密に関わるので、継続案件や新規案件を獲得する営業的な役割も担います。

クライアントや制作スタッフ含め、とにかく多くの人と関わるポジションにいるので、高いコミュニケーション能力が求められます。そのため、フリーランスのWebディレクターであっても、会社員のようにオフィスに常駐しながら仕事を進めるのが一般的です。

なので、ノマド的な働き方を求めてフリーランスになった方には向いていない職業であると言えます。

Webディレクターの平均年収

フリーランスのWebディレクターにおける平均年収は約500万円です。

レバテックフリーランス』のようなフリーランス専門エージェントに掲載されているWebディレクター向けの案件をのぞくと、30万円〜60万円/月のレンジの案件が多いようです。

業種別の年収は以下の通りです。

業種別平均年収
Web制作会社約400万円
Webデザイン会社約480万円
広告代理店約440万円
ゲーム開発会社約450万円
フリーランス約500万円
ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
Webディレクターは人手不足な状態なので、単価相場は上昇傾向にあり、会社員よりも高めの設定になっています。クライアントとの交渉次第では、80万円/月も可能なラインです。

ちなみに、フリーランス白書の調査によると、IT系フリーランスの平均年収は300万〜500万円が最も多いレンジとなっています。


このデータをみると、Webディレクターはフリーランスの中では比較的年収が高く、正社員の時よりも独立したあとの方が年収が高くなる傾向にあります。

Webディレクションスキルを習得する方法

この章では、Webディレクターとしての実務経験がゼロの状態から、Webディレクションスキルを習得し、独立を目指す方法について解説します。

それでは、順に見ていきましょう。

独学でWebディレクションを学ぶ

スクールに頼らず、Webディレクションを独学する方法としては、自分のサイトやブログを立ち上げるのがおすすめです。このブログも、自分でワイヤーフレームを作り、知り合いのデザイナーやコーダーに発注し、進行管理や品質管理等は自分で行いました。

また、ブログ記事の執筆やWeb広告の出稿も、自分がディレクターとなり外注しているので、制作だけでなくマーケティングにおけるディレクションスキルも身につけることができました。

すでにサイトやブログを運営されてる方は、Googleアナリティクスなどで問題点を洗い出し、サイトリニューアルするなどしてディレクション業務を疑似体験されることをおすすめします。

【2022年】Webディレクターを目指している方におすすめの本10選 この記事では、「Webディレクションスキルが身に付く入門書」「デザイン・開発・マーケの基礎が学べる入門書」をテーマに、おすすめの...

Wantedlyを活用して未経験可の求人に応募

独学である程度Webディレクションを学んだ後は、未経験OKな求人を多く保有している『Wantedly』を活用して、Webディレクターとして転職を目指されることをおすすめします。

Wantedlyは、求人(正社員・派遣・業務委託・インターン)を募集している企業と簡単につながることができるビジネス版SNSです。

一般的な求人サイトとは違い、書類選考を行ってからいきなり面接という形ではなく、「まずはフランクに話してみたい」という温度感でも応募できるので、企業と気軽につながることができます。

登録ユーザーは20〜30代がメインで、成長意欲があり比較的ITリテラシーが高い方が多く、求人を掲載している企業もIT・Web業界のスタートアップやベンチャー企業が多いです。

【2022年】Wantedlyの口コミ・評判や求人の特徴 Wantedlyは、ウォンテッドリー株式会社が運営するビジネス版SNSです。転職サイトのように、Web上で求人(正社員・派遣・業...

会社員(Web制作・広告代理店)として働いて実務経験を積む

Webディレクターとしての実務経験を積まず、いきなりフリーランスとして働きはじめる方を多く見かけますが、個人的にはオススメしません。

なぜなら、フリーランスとして働くより、Web制作会社や広告代理店に転職し規模が大きい実案件に触れながら、先輩社員にフィードバックをもらいながら働く方が成長スピードが早いからです。

ですので、「オフィスに出社するのが辛い…」などよっぽどの理由がない限り、『レバテックキャリア』をはじめとしたIT業界に強い転職エージェントを活用し、転職先でWebディレクターとしての実務経験を3年以上積んでから独立することをオススメします。

Webディレクターが案件を獲得する方法

フリーランス向けエージェントを利用する

フリーランスのWebディレクターにとって、営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。

次の章で、フリーランスのWebディレクターにおすすめのエージェントを2社ご紹介します。

ITプロパートナーズ(リモート案件メイン)

運営会社株式会社Hajimari
最高単価176万円/月
サポート内容福利厚生 / 確定申告サポート / 賠償責任保証
取引企業数約3,000社(約7割がリモート案件)
支払いサイト35日
対象エリア東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉

ITプロパートナーズ』は、株式会社Hajimariが運営するWeb系フリーランス専門のエージェントです。週2、3日から参画できる案件数は業界でもトップクラスで、さらにリモートや時間がフレキシブルな案件を数多く取り揃えています。

スタートアップやベンチャーの案件も豊富で、新しいトレンドの技術を取り入れている会社が多く、技術者として面白い案件が多いです。

出典:https://itpropartners.com/

週2〜3日稼働OK、リモートワークOKなどの案件は、どうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズはエンド直の案件がメインなので高単価な案件が多いです。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
私がフリーランスとして独立した当初は、ITプロパートナーズで週3日稼働45万円/月のリモート案件をライスワークとし、残りの週4日で自社サービスの立ち上げに注力していました。

・エンド直の案件が多く高単価

・週2〜3日OK、リモートワークOKな案件が豊富

・地方在住のフリーランスにも案件紹介可能

\週2〜3日稼働の案件が約1,500件

【2022年】ITプロパートナーズの評判・口コミや案件の特徴 フリーランスが営業工数をかけず、かつ安定して仕事を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。 ...

レバテックフリーランス(常駐案件メイン)

レバテックフリーランス
運営会社レバテック株式会社
対象ディレクター / PM / エンジニア / デザイナー
最高単価160万円/月
サポート内容税理士紹介 / 確定申告セミナー / ヘルスケア

レバテックフリーランス』は、IT・Web系の常駐型フリーランス専門のエージェントです。サイト内で、Webディレクターと検索すると以下のように複数の案件がヒットします。


出典:https://freelance.levtech.jp/

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
利用者の2人に1人が初めてフリーランスになる方なので、駆け出しのフリーランスにおすすめのエージェントと言えます。

\業界知名度No1のエージェント/

見込み客に直営業をする

エージェントに手数料を取られるのがもったいないと思われる方は、企業に直営業するのがおすすめです。

もし営業する場合は、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や、SEO会社、広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、Webディレクターを探している企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっている制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で安定して案件を獲得することができます。

Wantedly』などで、「地域名 + ディレクター + 業務委託」で検索すると、ハブになっている企業の求人情報がたくさん出てくるのでおすすめです。

Web系フリーランスになるには?仕事の探し方や営業方法を解説 まずはじめに、Web系フリーランスを目指すファーストステップとして、フリーランスの業界構造を把握しておく必要があります。 ...

フリーランスチームを作ろう

Web系フリーランスの商流は以下のようになっています。

ディレクターは、クライアントの要望をヒアリングし、コーダーデザイナーライターなど様々な職業の方を巻き込みながらクライアントの要望を形にします。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
ディレクターとして安心して仕事を発注できるフリーランスが身近にいると、規模が大きな案件も引き受けることができます。

フリーランスチームの作り方について知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

【2022年】実績豊富なフリーランスチーム7選 最近のフリーランスの働き方のトレンドとして、実績豊富で強力な集客チャンネルを持つフリーランスが中心となってギルド型のチームを作り...

最後に

以上、Webディレクターの仕事内容や案件を獲得する方法についてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

・Webディレクター必須スキル(営業・ヒアリング / 進行管理 / 品質管理 / Webデザイン / コーディング)

・Webディレクターの平均年収は450万円

・フリーランスのWebディレクターが仕事を獲得する方法(フリーランス専門エージェント / Indeed / Wantedly / ブログ / SNS)

この記事を読まれた方は、以下の関連記事もおすすめです。

シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!