タイアップ記事

【2021年】DMMバーチャルオフィスの評判・口コミや料金

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
IT・Web系フリーランスの独立を支援するシェアハウス『ノマド家』を運営している代表の辻本です。

当サイトでは、フリーランスの独立支援を生業とする私の目線で、フリーランスや起業家に役立つ情報を厳選してご紹介します。

この記事では、フリーランスや起業家が、DMMバーチャルオフィスを活用するメリットやデメリット、実際のユーザーのリアルな口コミについてご紹介します。

DMMバーチャルオフィスとは?

運営会社合同会社DMM.com
料金・入会金 5,500円(税込)
・渋谷 2,530円(税込)/月〜
・銀座 2,930円(税込)/月〜
・梅田 2,530円(税込)/月〜
サービス内容法人登記/郵便物転送/郵便物都度確認/FAX/固定電話

DMMバーチャルオフィス』では、一等地である渋谷や銀座の住所を利用できます。最近では梅田の住所も利用可能になっています。洗練された外観のオフィスビルなので、信用力も抜群です。

また、テックカンパニーであるDMMならではの特徴として、郵便物の転送や処分、固定電話やFAXの受信などがスマホやPCで完結するサービスもあります。

出典:https://virtualoffice.dmm.com/

最大の強みとしては、住所貸し出し+郵送物転送(週1転送)のプランであれば、月額2,530円(税込)で利用することができます。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
バーチャルオフィスとしては業界最安値レベルです。

\都内一等地の築浅物件/

DMMバーチャルオフィスを活用するメリット

DMMバーチャルオフィスを活用するメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

都会一等地の住所を取得できる

DMMバーチャルオフィスを利用することで、事業に必要なオフィス住所を取得できます。

オフィスの住所は、法人登記だけでなく名刺やWebサイトに記載するためにも必要で、都会一等地やビジネス街など、きちんとした住所があることで対外的な信用を得やすくなります。

中には、オフィス住所を自宅に設定する方も多いですが、セキュリティやプライバシー面を考慮するとバーチャルオフィスを利用するのが得策と言えます。

時間やコストを削減できる

固定オフィスを所有すると、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用に加え、家賃や光熱費などのランニングコストが発生します。

また、オフィスを内見したり、必要なオフィス用品を揃える作業はかなりの時間がかかります。独立したばかりの起業家やフリーランスにとって、このようなコストや時間は死活問題です。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
バーチャルオフィスであれば、必要最低限のコストで済む上に、郵送物の転送や電話対応など、働く環境に必要なバックアップも提供しているので安心です。

会員専用サイトが使いやすい

DMMバーチャルオフィスは、「スマホにOffice!を」というコンセプトを掲げており、業界No.1と言える利便性の高い会員専用サイトを提供しています。

会員サイトでは、郵便物の受け取りや転送の依頼が主になります。一般的なバーチャルオフィスでは、会員専用ページを導入している企業が少ないので、こちらから「郵便物何か届いてますか?」とわざわざ電話で確認する必要がありました。

ノマド家代表
辻本
ノマド家代表
辻本
EC系の事業をしている方で、郵便物の届く頻度が高い事業主にとっては大きなメリットと言えます。

DMMバーチャルオフィスを活用するデメリット

DMMバーチャルオフィスを活用するデメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

受け取りできない荷物がある

大きな荷物やクール便、本人限定郵便など、ものによってはDMMバーチャルオフィスでも受け取りできない荷物があります。

DMMバーチャルオフィスで受け取れない荷物を確認したい方は、以下のページをご覧ください。

参考:DMMバーチャルオフィスの受け取れないお荷物はこちら

郵便物が届くまでに時間がかかる

これはどのバーチャルオフィスでも言えることですが、届いた荷物は転送処理がされるため、手元に届くまでに一定の時間がかかります。

複数のバーチャルオフィスを比較検討されている方は、荷物が届いた際の通知方法や、到着荷物を即時転送してくれるサービスはあるのかについて確認しておきましょう。

店舗が少ない

2021年の11月時点で、DMMバーチャルオフィスの店舗は銀座店、渋谷店、梅田店の3店舗しかない状況です。

ワンストップビジネスセンター』や『Karigo』などの老舗企業であれば、全国に50店舗を超えるバーチャルオフィスを構えているので、東京と大阪以外で登記したい方にとっては、DMMバーチャルオフィスは必然的に選択肢から外れます。

DMMバーチャルオフィスの評判・口コミ

実際に、DMMバーチャルオフィスを活用したユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ご覧の通り、DMMバーチャルオフィスを活用したユーザーの満足度には個人差があります。次の章で、DMMバーチャルオフィスの活用をおすすめできる方の特徴をご紹介します。

DMMバーチャルオフィスはどんな人におすすめ?

DMMバーチャルオフィス』のメリット・デメリットを踏まえ、DMMバーチャルオフィスの活用をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・都内(渋谷/銀座)や大阪(梅田)一等地の住所を安く借りたい
・住所検索されても恥ずかしくないオフィスにしたい
・住所貸し出し+郵送物転送のみを希望している
・スマホで簡単に郵便物の受け取り状況を確認したい

DMMバーチャルオフィスが気になった方は、ぜひ以下の公式ページよりサービス詳細やキャンペーン情報をご確認ください。

\都内一等地の築浅物件/

最後に

以上、DMMバーチャルオフィスの評判・口コミや料金についてご紹介しました。最後までご覧いただきありがとうございました。

・都会(東京・大阪)一等地の住所を取得できる
・2,530円(税込)/月〜利用可能
・時間やコストを削減できる
・会員専用サイトが使いやすい
・大手テック企業が運営しているので安心

この記事をご覧いただいた方は、以下の関連記事もおすすめです。

【2021年】おすすめの格安バーチャルオフィス6社を徹底解説 バーチャルオフィスとは、事業用の住所を借りられるサービスです。会社の信用度を高めつつ、個人情報を守ることができます。 この...
シェアハウス「ノマド家」

ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!